に投稿 コメントを残す

【押入レイアウト】KATOの「線路クリーニング綿棒」、実は医療用綿棒だった!?

 

KATOの線路クリーニングキットについてるデカイ綿棒

鉄道模型レイアウトの掃除で、KATOさんの「線路クリーニングキット」にお世話になっている方も結構いらっしゃるのではないかと思います。
[link url=”http://www.katomodels.com/product/nmi/uni_cleaner.shtml” title=”線路クリーニングキット” content=”鉄道模型を末永く楽しんでいただくためには、車両・線路とも様々なメンテナンスが必要です。鉄道模型を走行させると、線路や車輪に黒い汚れが溜まってきます。線路と車輪との間で、眼に見えない小さなスパークが起こり、その際に発生するカーボンカスがやがて蓄積して線路や車輪に付着して通電不良を引き起こすのが原因で、ギクシャク走行や室内灯のちらつきなどが起こります。”]

 

これはユニクリーナーと線路清掃用の大きい綿棒2本がセットになったもので、比較的安く、お手軽に掃除ができるのが特長な製品。
これに入っている綿棒はかなり大きいもので、独特なかたちをしており普通に綿棒に比べて絡まりが少なく、とても優れています。

綿棒はホビーセンターカトーブランドで単体販売されているほか、ポポンデッタ等の一部店舗でもバラ売りされています(ポポンだと¥54)
[link url=”http://www.e-katomodels2.com/shop/g/g087HC001/” title=”KATO鉄道模型オンラインショッピング 線路クリーニング綿棒 2本入: ■現在販売中の商品 – kato” content=”ホビーセンターカトーオリジナル綿棒!線路の継ぎ目に引っ掛かりにくい!ほつれないように表面を特殊加工した綿棒です。 ユニクリーナーを少し付けて線路をクリーニングします。”]

 

殆どのNゲージャーはその綿棒を買う際に、おそらくホビセン商品か店舗バラ売りで買われていると思いますが、
実はそのKATOの線路クリーニング綿棒は医療用綿棒ということが判明したのです・・・!!

 

医療用綿棒、その名も「メンティップ」

「医療用綿棒」と言うのは、簡潔に言えば医療関係者・病院向けの綿棒で、通常は一般には販売されていないものです。
白十字の「ハクジウ綿棒」などがその筋の代表格のようですが、他のメーカーからも多数の医療用綿棒が出ています。

 

その中で綿棒を専門とされている「日本綿棒」さんと言うメーカーがありまして、日本綿棒さんでは「メンティップ」の名で医療用(病院用)綿棒を製造販売されています。
[link url=”http://www.nihon-menbow.co.jp/byoin.html” title=”JCB INDUSTRY LIMITED・日本綿棒株式会社” content=”外科、内科、小児科、眼科、耳鼻科、皮膚科、産婦人科他、各科の用途に合わせた幅広い種類の綿棒を用意しております。 長繊維の綿を巻きつけてありますので、リントが出にくく抜け落ちません。 しかもソフトな肌触りです。 “]

 

この「メンティップ」の中にありました、KATOの線路クリーニング綿棒と全く同じ綿棒が!!

メンティップ A2320シリーズ


「メンティップ」にも色々サイズ区分があるのですが、その中でも一番大きいサイズです。
本来は咽喉科や産婦人科で使うもののようです。

 

<SPONSORED LINK>


 

通販なら誰でも手に入れられる

このメンティップは医療関係者向けの商品ですので、一般には販売されておらず、一般向けの医療商店やドラッグストアでは手に入らない物です。
しかし、通販であれば一般の人でも簡単に手に入れられます。

ヤフーショッピングの「アスリートトライブ」さんが最安値で発送も素早くておすすめです。
[link url=”https://store.shopping.yahoo.co.jp/athlete-med/10002142.html” title=”日本綿棒 メンティップ綿棒 病院用綿棒(未滅菌)木軸 100A2320ES 100本入 :10002142:アスリートトライブ – 通販 – Yahoo!ショッピング” content=”綿球表面の糊を少量にし、やわらかさ、ソフト感を出しました”]

 

早速買ってみた

早速アスリートトライブさんでポチってみました。
50本入りなど数量ごとにパッケージ分けがされているのですが、一番多い100本入りが単価が安くてお得です。

注文から3日で到着。


普通の人なら買わないであろう「病院用綿棒」という表記に萌え(笑)


中は1段10本ごとに入っています。
未抗菌タイプにしたので袋詰はありません。

 

やっぱりどう見ても線路クリーニング綿棒や・・・(笑)


使い勝手ももちろんKATOのと同じです。


先日掃除したばっかですが、それでも取れきれない汚れがまだあるんですねぇ・・・。
汚れの取れ具合も問題ないでしょう。

本家(?)と比べてややジョイナー部での絡みが気になるのですが、本家KATO製品がないので比較できません。
個体差か気のせいか、どっちかでしょう・・・(笑)

 

んで、このメンティップ綿棒の気になるお値段ですが、100本入りは送料込みで約2,200円です。
単価は、
送料のぞいて ¥17
送料含めても ¥22

ホビセン綿棒が1本¥65、ポポンのバラ売りが1本¥54

 

その半値以下で手に入るメンティップは寒くなりがちなNゲージャーのサイフにも優しく、コスパ高い商品だと思います。
頻繁に走らすなら、おすすめの逸品ですね。

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す