に投稿 コメントを残す

KATO 313系8000番台(中央本線)入線!

 

Windowsに画像最適化ソフトを入れたのですが、そのソフト、ロゴ等を挿入できる透かし機能があるんです。試しに使っていますが・・・。

ですが、ペイントで向きを変更したのが通用しなくて、今日お見せする画像には透かしロゴの位置が変な位置になってるのもできてしまいました・・・。

セントラルライナー用8000番台

313系8000番台は有料のライナー列車「セントラルライナー」に投入され、2013年の廃止まで同列車に充当されました。

有料列車に投入するがために、

  • ドア間全席転換クロスシート
  • 車端部セミコンパートメント
  • 日よけは横引きカーテン
  • シートピッチの拡大
  • オレンジストライプの塗装
  • 乗降部と座席の間の仕切り
  • 号車表記

などで一般の番台とは設備を違えています。

詳しくは以下の記事を参照。

https://test.tetsupara.net/archives/1945

 

現在はその車内設備を生かして平日夕方の「ホームライナー瑞浪」に使用されるほか、日中や土休日は普通・快速列車に充当されています。

 

<スポンサードリンク>



 

仕様変更で再販

8000番台はMODEMO、KATO、TOMIXの3社から出ています。

その中でもKATO製は先の5000番台と同様に、長い間再生産がなされず次の生産が待たれているところでした。

今回、5000番台とほぼタイミングを同じくしてのリニューアル再生産となりました。

5000番台はこちら↓

https://test.tetsupara.net/archives/1913

 

早速予約していた1編成を買いました。プロトタイプはB203編成です。

リニューアル内容は5000番台と同じで、クハ車のベビーカーマークが新たに印刷となった点と、前面のステップの滑り止めを再現できるシールが付属する点です。

今回の5000・8000番台はパーツの取付の必要も一切なく、KATOおなじみのレディ・トゥ・ラン仕様となっています。

今回の8000番台はベビーカーマークが印刷となっている点からもわかるように、セントラルライナー引退後の姿で表現されていて、デフォルトの方向幕も「快速・中津川」です。

付属するシールには普通やホームライナーのほか、セントラルライナーの幕も収録されていて、従前の運用にも対応できるようになっています。

三者三様

ここからは、MODEMO・TOMIXの同番台との比較です。

2年前に出たTOMIX製についてはこちら↓

https://test.tetsupara.net/archives/408

左から、モデモ、TOMIX、KATO

前面の形状はなんでだろう、モデモが一番上手い気がしてならないです(笑)

ドアボタンはモデモがシール、TOMIXは印刷、KATOはモールドで表現とメーカーの手法の違いが見えて面白いです。

 

3社とも全体的な造形はしっかりしていて、どれもかっこよく見えます。

それぞれの味があって、それぞれ違ってまたいいのです。

 

これで8000番台は4編成の陣容となりました。

今回のKATOの編成も、MODEMOやTOMIXの編成と繋げて遊ぼうと思ってます(^O^)

製品概要

製品名:313系8000番台(中央本線) 3両セット

メーカー ロット 購入場所
KATO 2019年 大須ジョーシン
定価 購入価格 購入形態
¥12,000+税 ¥9,720 新品予約
品番 製品形態 発売年
10-1530 プラ製完成品 2019年

出典 KATO公式サイトより

http://www.katomodels.com/product/n/313


↓Amazonで買う

↓楽天で買う



★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す