に投稿 コメントを残す

ミノルタ5400HS

 

この間京都で購入したミノルタのフラッシュ「5400HS」の紹介。

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50EX DC MACRO

 

α77ではオートやハイスピードシンクロなど、フル機能が使えません。

Mモードで使用することにより使いこなすことができます。バウンスしないと1/32の光量でも白飛びが発生するので、バウンス撮影がデフォです。

 

以下室内での作例ですが、フラッシュなしの環境よりはピントの合う確率が改善しました。またバウンスしているので色味も自然な色合いで済むのも大きいメリットです。

 

同じミノルタの3500Xiとは性能差での違いはありますが、実際の撮影ではどちらでもほぼ変わりない印象です。

3500Xiと5400HSとの違いは、テスト発光の有無・ボタンの大きさ(押しやすさが段違いに違う)・液晶の有無・バウンス角度(5400HSは横向きバウンスもできる)・生産国(5400HSは日本製、3500Xiは韓国製)です。実際の撮影ではどちらでもOKです。

 

以下作例です。

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8DC EX MACRO ISO200、F4.5、1/13 フラッシュ3500Xi使用

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8DC EX MACRO ISO200、F4.5、1/13 フラッシュ3500Xi使用

 

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8DC EX MACRO ISO800、F3.5、1/50 フラッシュ5400HS使用

Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8DC EX MACRO ISO800、F3.5、1/50 フラッシュ5400HS使用

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す