に投稿 コメントを残す

初めての4Kテレビ!「LG 43UM7380PJE」を購入してわかったこと(後編)

今日はこんな記事です

はじめての4Kテレビとして、LGの4Kテレビ「43UM7380PJE」を購入!!後半では、買ってからのファーストインプレッションをお届けします。気になる使い勝手や使いごこちはどうなのか、LGの4K液晶テレビの実力をいろいろ検証してみました。

ディスカウント専用モデル?

前回の記事で書いたとおり、LGの4Kテレビ「43UM7380PJE」を購入しました。今回の後編では、買ったあとの「43UM7380PJE」のファーストインプレッションをお届けしたいと思います。前編も合わせてお読みください。

さて、この43UM7380PJEは2019年モデルで、比較的エントリークラスに当たるモデルです。

2019モデルでは7000番台の一般向けモデルとして、UM7100とUM7500が用意されていますが、この他に「UM7300」という一部流通限定モデルがあります。7500と7300の違いはHDMI端子数とスタンドくらいで、それ以外は全く同一です。

そのUM7300のスタンドをよりグレードダウンさせたものが、今回買ったUM7380です。違いはスタンドのみで、画質や性能は7300と同一。ドンキで売られていたので、もしかしたらドンキ専用モデルなのかもしれません。

2万円安[1]店舗によって異なるが、概ね税別¥32,800〜¥37,800ドンキ情熱価格PLUSブランドの4Kテレビと比較すると、

  • 43UM7380はVOD機能がある
  • BSCS4Kチューナーが内蔵されている
  • UM7380は倍速液晶

この3点でUM7380は優位にあり、これだけでも2万円予算を上げる価値は大いにあると思います。

さて、他機種との比較はここまでとして、開封していきます。

中身は本体、スタンド、リモコン、コンポジット用アダプタ、ピン端子用アダプタ、取説など。CASはACASが内蔵されているため、B-CASカードの付属も、B-CASスロットもありません。

スタンドはネジ1本のみで留める仕様で、見た目もチープ。耐久性が気になるところです。

49Vと比べるとかなり小さく見えます。が、単体で置いてみるとわりかし大きく、43Vでも十分迫力あります。10年前のベゼルの狭い37型と同じくらいのサイズ感です。

裏面の端子はシンプルに纏められています。HDMIは3系統、USBは2台まで接続可能。従来のピン入力の端子は独自端子のため変換アダプターが付属し、アダプターを介すことで使用可能です。

スポンサードリンク

旧モデルより性能がブラッシュアップ

地デジアンテナ端子にアンテナを繋ぐだけで地デジが視聴可能。初期設定も簡単ですが国内ブランドに比べればややチグハグな感じはありました。

地デジの画質は文句なしというレベルでしょう。ノイズもかなり近づかないときにならないレベルです。もうここまで来るとテレビの画質云々ではなく、番組側の環境によってだいぶ見え方が変わってくるのだと思います。

2017モデル(49UJ6500)ではもたついていたリモコンの反応も非常に良くなり、スムーズに操作できるようにブラッシュアップしているのは特筆に値するといえます。UIは設定メニューが左になったこと以外は旧モデルとあまり変わってません。

付属リモコンは至って普通のリモコンでマジックリモコンではありません。別売のマジックリモコンがあるほか、無料の公式スマホアプリ「LG TV PLUS」をインストールすればスマホ上でマジックリモコンに近い操作感を味わえ、便利です。

ただ、番組表は使い勝手が悪いです。デフォルトのサイズが小さすぎるだけでなく、その番組を視聴するにもワンボタン操作ではなく2回ボタン押下が必要になり、利便性はイマイチです。

VODが快適。VODデバイスは不要?

43UM7380はwebOSを搭載し、インターネットを接続することでネット配信サービス(VOD)を利用できます。対応VODはYoutubeやNetflixのほか、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、Hulu、4Kアクトビラ、DAZNなど。「LG CONTENTS STORE」を使えば海外製のVODサービスやゲームアプリもダウンロードできますが、日本のサービスはほとんどありません。

アマプラで4K番組を見てみましたが、人の毛や車のマフラーの振動など、細かい部分までリアルに表現できていて臨場感があります。

YouTubeも4K動画は4K画質で再生でき、マジでリアルです。鉄道の前面展望なんかは実際に乗車しているかのような体験を味わえます。

会員数の多いdTVやdアニメストア、ABEMAは搭載されていませんが、LGの2019モデルはAirPlay2に対応しているので、iPhoneやMacなどのApple端末さえあればAirPlay経由で再生が可能なのがありがたいです。VODコンテンツだけでなく、本体内の写真、音楽も再生できます。

AirPlayでiPhoneのMUSICアプリから音楽を再生

唯一、TVerは再生する術は無いと言ってもいいでしょう。TVerを使ってる人はLGではなくAndroid TVを搭載したソニー製などをチョイスするのが懸命でしょう。

VODが本体とiPhoneだけで充実しているおかげで、もうChromecastは無用の長物です。ちょうど実家が古いテレビ(REGZA 37Z7000)で見たいと言ってきたので、実家に譲りました。

PCを繋いでみた

PCモニタとして使ってみたいというのもテレビ購入の決め手の一つとなりました。

MacBook Air(2017)との接続はThunderbolt2端子よりHDMIに変換するケーブルを既に買っています。買ったとき意識していませんでしたが、4Kに対応していたので接続するとそのまま4K解像度に。画面サイズも画質も文句なしレベルで、変換ケーブルそのものもレグザと繋いだときに比べてとても安定していて超快適!!

WindowsタブARROWS Q506/MEはマイクロHDMI端子を備えています。そこで、ダイソーで売られているマイクロHDMI変換アダプタを購入。なんだかんだ100円で4Kに対応しているというコスパの高さよ。

ダイソーのミニHDMIアダプタとDVI-HDMI変換ケーブル

こちらも問題なく4K解像度で繋がりました。等倍だと小さすぎて使いにくいので、200%に拡大してみました。それでも本体の画面より作業スペースを広くでき、めっちゃ便利です。実はこのタブレットの内蔵GPUはカタログ上では4Kには対応してないようですが・・・(笑)

Q506/MEを4K出力。ここまで作業スペースを拡げられる。

最後に、HDMI端子を備えていないデスクトップPC、富士通のESPRIMO D551/Dを試してみました。こちらはAmazonでDVI-HDMI変換ケーブルを買いましたが、対応解像度は最大で1920×1200です。おまけにこのPCの内蔵GPUも4K非対応です。

接続してみましたが、やはりフルHDが限界でした。しかも、フルHD表示だと全体が表示できず、GPUドライバのスケーリング設定を60%にしてやっと全体が表示できる状態になりました。

表示画質は残念ながらギザギザモヤモヤ。テレビ側の画質をゲームモードにして一番マシかなあといった程度です。フルHDの表示にはどうしても難があると言わざるを得ません。

テレビ台に乗っけてみた

UM7380はスタンドが4つ足ということもあり、コタツに直接乗せることができず、浮いてしまっていました。

イトケンさんがちょうどテレビ台の処分を考えるということで、譲っていただきました。ありがとうございました。

なかなかしっかりした高級感もあるもの。横幅140cmで余裕もでき、見栄えも向上。足には転倒防止で耐震マットを敷いています。

ブルーレイもキレイに

イトケンさんがLGのブルーレイプレーヤー「BP250」を持ってこられたので動作テスト。1m1万円(!)もするHDMIケーブルとリンクしました。

ブルーレイを再生。フルHD画質ですが、地デジと同じく充分に見ごたえのある仕上がりになっていると思います。多少のモヤッとした感じはありますが、遠くから見るぶんには記にはならないレベルだと思います。

SIMPLINKに対応していてテレビリモコンで操作できるのかな・・・と思い試してみましたが、上手くいきませんでした。やり方の問題なのかな?

結論:これ以上コスパの良い4Kテレビはそうそうない

Switchのあつ森も快適プレイに

最後にまとめますと、5万円強という価格で多機能・高スペック・ある程度の作りの良さをすべて両立しているのは、やはりLGしか無いと思います。

これより安い中華ですと、4KチューナーやVODが非搭載だったり、アップコンバートが良くなかったりします。逆に国内ブランドですと、画質や作りは充分ですけど、やはりまだ高いとお思いの方も少なくはないでしょう。

安いけど、そこそこいい、つまりコストパフォマンスの高い物が欲しいなら、LGは充分有力候補になりうると思います。ドンキ4Kと2万差なら、迷わずLG行っちゃいましょう。

そう思えるくらい、今回購入した4Kテレビは買って正解でした。

みずほちゃん
みずほちゃん

GWの残りは、4Kテレビと一緒に楽しみます!!

脚注   [ + ]

1. 店舗によって異なるが、概ね税別¥32,800〜¥37,800
に投稿 コメントを残す

初めての4Kテレビ!「LG 43UM7380PJE」を購入してわかったこと(前編)

今日はこんな記事です

4Kテレビは買わないと思っていた僕が、なんと4Kテレビを買ってしまいました!PS5の発売を控え、前から検討していた新テレビ選びが思わぬ方向で発展してしまっていたのです。前編では税抜52,000円のLGテレビを買うまでの経緯を説明しています。

この前編では、購入に至った経緯までを書いています。製品レビューは後編にて公開予定です。

3万円台で4Kテレビが買える時代に

2018年12月にスタートした4K8K衛星放送。従来のハイビジョン(1920×1080)と比べて画素数が上がり精細感がアップしリアリティさが増しているのが特徴です。

4K8K解像度に対応したテレビは放送スタートする前から各社によって発売されています。例えば東芝のレグザでは2011年秋モデルよりフラッグシップモデルで4Kパネルを採用しています。

ドンキ「情熱価格PLUS」4Kテレビ現行モデル

その後各社で4Kテレビのラインナップが拡充され、低価格化も進んできています。2017年にはドン・キホーテでオリジナルの格安4Kテレビが発売され、好評を得ました。それに追従するかたちで中華メーカーや各社のPBなどで格安4Kテレビが続々登場。

地デジがまだ4K化しておらず放送での需要はまだ低いですが、動画配信サービスやYouTube、ビデオカメラ等で4Kが撮影・再生することができるようになり、そちらでの4K再生の需要が増してきています。ゲームモニターやPCモニターとしても、より大画面で楽しみたい人も増えてきていて、安価に導入できるようになった4Kテレビは今や注目の的です。

スポンサードリンク

AV WATCHのレビューに触発

当方では去年2月にジャンクでレグザ26A9000を購入しています。

しかし、このレグザはスタンドがなく設置場所に制限が出るのと、ハーフHD(1366×768)という中途半端なスペックだったこと、デスクトップPCを使用しなくなったことから、使用頻度は高くありませんでした。

しかし、Nintendo Switchの購入などでテレビ接続の必要性をだんだんと感じるようになってきました。今年はPS5の発売を控えていて、実はPS5を購入予定です。

とはいえ地デジは見ないし、今の環境はBSも映らないし、どうせ一人暮らしなんでそこまで大きな画面なぞいらないだろう、と思ってたので、フルHDあれば充分かな、という感じでした。そこへドンキが情熱価格ブランドで19,800円の32型チューナーレスモニターが発売され、(ハーフHDですが)買うならこれにしよう!とまで思っていたのでした。

https://www.donki.com/j-kakaku/product/detail.php?item=3067

あの記事を読むまでは・・・。

※余談:いつも中古に頼る僕が新品で買おうと思っていたのは、有効期限のある市発行の商品券を有効に使いたかったため。

先日、Twitterのタイムラインに流れてきたのが、AV WATCHの企画記事。TCL製4Kテレビのレビュー記事でした。AV WATCHのライターがAmazonで3万円強のTCLの43型4Kテレビを購入し、PCモニタとしての実力をレビューしたものです。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/1248097.html

そこでショックを受けたのが、4Kテレビの価格でした。購入を検討していた32型テレビの相場は新品で2〜3万円。3万円出しても大半が時代遅れなハーフHDなわけです。ということは、たった数千円の追加で大幅に解像度の上がる中華4Kテレビが買えるわけなんですよ、そりゃあ32型など買う気起きません。

ここで素直にAmazonでポチれば良いものを、ポチりませんでした。というのも、初期不良の多さで低評価のレビューが多く、耐久性に不安を感じたためです。

それでもなんとか4Kテレビが欲しいなと思い、気づいたら・・・。

ジャンクテレビは本当にジャンクだった

ジャンクのLGテレビ「49UJ6500」を買っていました。

画面割れが大半を占めるジャンクテレビの中で、こいつは画面割れは一切ないものの青みがかってしまうという症状のため正常な発色ができません。

たった3年でパネルが逝くとはあまり思えないので、電源基板を疑いました。ハンダ付け、ないしは基板上のパーツの故障とみて届いた機体を見たものの、異常を目視確認できませんでした。eBayで基板を海外から買えますが、交換して完治するか可能性が100%とはいえず、ひとまず修理を断念。

これは大損こきましたね〜(笑)

メーカー修理はパネル故障と診断され、10〜11万の見積もりでしたので、素直に新しいものを買うことに決めました。

やっぱり、新品を探そう

ということで、新品を購入することにしました。というのも最近の4Kテレビは数年で壊れることも珍しくなく、保証の薄い中古で導入するメリットが薄いのが大きいのです。

中華は耐久性に不安、国内ブランドはそれなりに値段がするのと、イトケン氏曰く「国内のエントリーは画質が悪い」とのことだったので、価格と性能の両立を考えると、ここはやはりLGしか無い気がします。

候補としては、UM6500、UM7100、UM7500、SM8100の4モデルで43~50Vで探しました。各店舗へ問い合わせても、新モデル発売による在庫払底のせいなのか、取り寄せで2週間ほどかかるようです。

問題なのはゴールデンウィークを挟んでしまうことで、外はどこも開いていないというこのご時世で、ずっと家にいる前提で考えるならば・・・テレビの有無ってやっぱり大きいわけです。

レグザはまだありますが、一度大きい画面を見てしまうと、もう26Vには戻れません。

テレビ無しでGWはキツイなと思い繋ぎでドンキの43型4Kでも買おうかと思っていて市内のドンキに在庫を問い合わせてたところ、「43UM7380PJE」税抜52,800円で売っているじゃありませんか!

ということで早速買ってきたのでありました。24000円分の券を使ったので、延長保証を入れても実際の追金は4万円ちょっとでした。

今回わかったこと

  • 4Kテレビは今めっちゃ安い!
  • 壊れたテレビに手を出してはいけない!
  • テレビは新品で買う!
  • 必ず延長保証をつけよう!

ということで、購入してからのレビューは次回にご期待を‼

に投稿 コメントを残す

ジャンク1,080円のREGZA 26A9000に迫る!

 

今日は予定ですとPENTAXのレンズを紹介する予定でしたが、GW前半いろいろバタバタしてたのもあって、なかなかこれでブログを書く意欲が沸き立たなかったので、5日に公開予定だった1080円レグザの話を先に公開します。

やるな~ハードオフ

2月のある日のこと。

Twitterのタイムラインに、こんなのが流れてきました。

どうやらホテルが閉業したらしく、大量入荷してきた液晶テレビがジャンクで投げ売り祭りされてるっぽい。

気になってしょうがない(笑)早速、電話してみました(11:30頃)

管理人
管理人

26インチのレグザの件ですが

ハドフ
ハドフ

今日3台売れて、次出すのに時間がかかります。明日の受け取りでよろしければ取り置きいたしますよ

管理人
管理人

では1台お願いします。

という感じでまぁ、すんなり取り置きできたとさw

なにしろ問合せがその後も殺到したらしく、僕が電話したあとで方針を変更されたみたいで、取り置きと問い合わせがNGとなったようです。それでも問い合わせが凄かったらしく、未整備状態のものを出すことになり、これも瞬殺だった模様です。

僕の分の取り置きには影響せず、

ハドフ
ハドフ

取り置きのテレビ、出せるようになりましたので、ご来店ください

と翌日電話が来たので、行ってきました。

旧式iPhoneをHDMI経由でミラーリングできる純正ケーブルも540円で売ってたので合わせて購入です。

 

余談ですが、このレグザ、覚王山店にも一部流れたようです。

 

<スポンサードリンク>



 

電車で持ち帰る暴挙に出る

車持ちでない僕が直面する問題となるのはこいつの持ち帰り方法ですが、結局、電車で持ち帰る暴挙に出ざるを得ませんでしたw

しかも当日は小雨で雨の降る中、普段の5〜6倍の時間をかけてゆっくりと慎重に持って帰りました。なんとか成功したので良かったですがw

Chromecastで使ってみる


このレグザは「26A9000」という2009年のエントリーモデルです。ハーフHDで、録画機能は省かれています。

状態としては、スタンド無し、B-CAS無し、リモコン無しの本体のみということでジャンクとなった模様です。

HDMIは2出力で、PCモニタやChromecastでの使用ならそのまま行けそうです。

 

早速、Chromecastで試してみました。



表示や音の出力には問題なさそうです。
倍速モードなどはありませんが、アニメや日本のドラマを見るのには充分な画質と言えるでしょう。

 

このレグザを導入した経緯としては、カメラカーをスマホと接続した上でカメラカーの映像を大画面化できるんでは?と思ったため。
まだやってはいませんが、今度試してみようかな?と思ってたりw


↓Amazonで買う

↓楽天で買う

32S22 東芝 32V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ (別売USB HDD録画対応)REGZA

価格:36,800円
(2019/5/3 17:17時点)
感想(3件)


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

スマホ動画が大画面で楽しめる!「Chromecast」使ってみた

 

梅雨入りしてしまいました。平年より2日早いそうです。
ココ最近は外へ出たいときに限って雨に降られることが多くて・・・心までもジメジメする時期。
早く梅雨入りしたからには早く梅雨明けしてほしいのですが(´・ω・`)

Chromecastいただきました

先月ソフトバンクの契約をやった際に、ChromecastGoogle Home miniをいただけることになりました。
後日、両方受け取っています。
まずはChromecastから見ていこうと思います。

 

Chromecastはご存知の通りテレビやモニタのHDMIに接続してスマホ向けの動画を再生したり、スマホ画面をそのまま大画面で出力することができるデバイスです。


コンパクトなパッケージ。円形の第2世代です。

中身はこれだけ(笑)

 

これをHDMI端子に繋ぎます。液晶テレビは持っていないので今回はEIZOモニタのHDMI端子に繋いでみました。
電源はコードを繋げると電源オンになるタイプ。うーん、電源スイッチは欲しかったかなぁ・・・。

 

スマホをWi-Fiに接続し「Homeアプリ」を入れてHomeアプリ内の画面にしたがって設定していきます。

基本的には画面の流れに沿うだけで設定できるかと思います。

 

<SPONSORED LINK>



 

キャストは簡単

設定できたので早速キャストしてみます。

dアニメの場合は作品ページ右上のキャストアイコンをタップするとChromecastに接続できます。
接続が完了すると、画質選択項目がストリーミングの「視聴する」だけになっているはず。



画質は自動で調整してくれますが、PC版の「すごくきれい」よりはやや粗めに感じます。

 

AbemaTV(iOS版)の場合は全画面表示にした際に右上に同じアイコンが出てきてこれを押すとChromecast出力に切り替わります(Android版だとチャンネルページでアイコンが出てきます)

 


スマホ画面自体のキャストもAndroid・iOS両方対応していて、大画面でインターネットを楽しんだりスマホで撮った写真を鑑賞したりすることも可能。
操作はスマホで行います。

 

動画コンテンツを最大限楽しむなら

ちなみに、何もキャストしていないときはデフォルトでは綺麗な風景写真が流れます。

何を表示するかの設定もHomeアプリを使えば可能で、Googleニューススタンドを用いればニュースを2つほど流すこともできます。ある程度の嗜好も読み取ってくれるようです。

 

スマホもだんだんと画面が大型化して動画も楽しみやすい環境となってきましたが、それでもテレビやPCで見るのよりはどうしても迫力に欠けます。
Chromecastがあれば、手持ちのテレビやPCモニタでテレビの持つ大画面という利点を活かすことができるのです。

競合製品FireTVを出しているAmazonのプライム・ビデオやニコニコ動画が非対応なのは悔やまれるけど、YouTube、Netflix、AbemaTVなど主要の配信サービスはほとんど対応しているので、動画をメインに楽しむ人にはぴったりですね。

 

せっかく貰ったいただきものなので、もっと目一杯遊んでみることにします(^o^)