に投稿 コメントを残す

初代AF標準ズーム!「AF NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5」で遊ぶ!

メリークルシミマスクリスマスが近づいて、街中がクリスマスモードになってきています。 ㍆㌋㌉㌏㌉㌸㌾㌋㌞㌹㌅
クリスマスといえば、ケンタのCMでおなじみの竹内まりやのあの曲と、JR東海の新幹線のCMでおなじみの山下達郎のあの曲が好きなのですが、そうそう、新幹線といえば、700系の東海道新幹線ラストラン日も決まりましたね。あのアヒル顔が好きじゃなかったのとコンセントがないという理由で決まってN700に乗ってたので人生で乗ったのは1~2回くらいしかないのです。あまり好きじゃない車両ではあるけど、引退となると名残惜しいなと思うのは僕だけではないと思います。

名鉄百貨店 クラシックカメラバーゲンにて

先日(11月の末)、中古カメラ市へ行ってきました。今回は名鉄百貨店本店の美術サロンでの開催となりました。丸栄が閉店してから、松坂屋での開催が多かったのですが、場所が決まっているわけではないようですね。

「クラシックカメラバーゲン」と名付けられた今回は、催事場ではなく美術サロンでの開催となったためか、小ぶりなイベントでした。ジャンクの出品は日曜と月曜だったため、日曜のお昼過ぎに行きました。

ジャンクはいつもミノルタとFDばかりに思えますが、今回はわりかしニコンも置いてあって楽しかったです。

その中で見つけたのが、「AF NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5S」です。

¥500、小クモリ程度でわりかし綺麗だったので拾ってきましたw

[temp id=4]

ニコン初のAFキットレンズ

「AF NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5S」 はニコン初の本格AF一眼レフ[1]実験的な機種としてはそれ以前から「F3AF」が存在した「F-501」のキットレンズとして開発されたレンズです。

当時は各社がAFカメラに移行する中で、MFカメラ時代の50mm F1.8に代わる標準域のキットレンズを企画していました。80年代に入る前後から35~70mmの標準ズームが各社登場し、それをAF化した「35-70mm F3.5-4.5」ないしは「35-70mm F4」がキットレンズとして採用されることが主流でした。

それに対しニコンは、広角端の開放絞りを他社より明るいF3.3とし、アドバンテージを広めました。ニコンはフィルムカメラ末期の「AF NIKKOR 28-80mm F3.3-5.6G」に至るまで、広角端の開放F値はF3.3を貫きました。[2]「35-80mm F4-5.6D」など例外あり

小型でお散歩レンズに

「AF NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5S」 はピント窓のある前期タイプと、フォーカスリングにゴムリングが追加されピント窓が廃止された後期タイプがあり、僕が今回手に入れたのは前期タイプです。

プラスチッキーでツルツルとした素材がこの当時のニコンらしい作りに思えます。

2倍ズームに抑えられている分、サイズは小型です。以前持っていた「AF NIKKOR 35-80mm F4-5.6D」よりも若干小さめで、そしてとても軽いです。それでいながらピント窓があったり、金属マウントだったりとまだ当時はキットレンズでもしっかりとした作りです。

AFはボディ内モーターを利用するタイプで、D610との組み合わせでは気持ちいいくらいスッと素早くフォーカスが合います。

侮れない描写力

エントリーモデルのレンズなのに、その描写力はニコンらしくシャープネスに仕上がっています。

ボケもそれほどうるさくはなく、”とろける”ほどではないですが、この時代のズームレンズの中では合格点だと思います。現行のDX18-55とかよりは良い写りするんじゃないですか?

こうやって見ていると、モノクロ写真がよく似合うレンズだと思いますね。

全領域でマクロが使えます。最短撮影距離はなんと35mmで、近接撮影もそこそこ楽しめます。ヤフオク等用の商品撮影なんかにも良いかも。

お散歩に使える常用レンズとして

このレンズは上記でも紹介したようにニコンのキットレンズですが、他社のキットレンズとは比べ物にならないレベルの描写力だったりします。それはなぜかというと、「ニコンユーザーになる方が一番はじめに触れるレンズ」というのをよく理解していたからです。初めて触れるレンズだからこそ、良い写りじゃないといけない、だからこそこのレンズが産まれたのでしょう。

コンパクトで、ここまで高い描写力を実現しているレンズが野口さんどころかコインで買えてしまうのが面白いところです。D5000系列以下のエントリーモデルでAFが効かないのが惜しいところですが、MFレンズだと思って割り切って使うのもアリかもしれませんね。

めちゃくちゃ軽いのでお散歩レンズに最適。通勤の合間とか、ツーリングでちょっと出かけるときとか、日々の生活の中で大活躍のはず。

ぜひ手元に残しておきたい1本です。


https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/y-sofmap/item/4960759026057/?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title

[temp id=5]

脚注   [ + ]

1. 実験的な機種としてはそれ以前から「F3AF」が存在した
2. 「35-80mm F4-5.6D」など例外あり
に投稿 コメントを残す

電動ズーム!PENTAX 28-105mm F4-5.6

 

GW最後の新規記事です。

ブログ投稿疲れたのと仕事が忙しくなるので、GW明けからちょっとの間更新ペースを落としてゆっくりしようと思っています。

トップカメラのジャンクかごから

とある日のこと、僕はイトケンさんと名古屋の街を歩いてました。

せっかくだから、と栄のトップカメラに入ったのです。

当然、我々の行き先は3階、中古カメラのフロアー。
そして、真っ先に行くのが店の一番奥、そう、ジャンクコーナーです(笑)

 

トップカメラのジャンクかごも、やはりといいますかミノルタレンズばかりがゴロゴロしているのですが、そのカゴの中からミノルタ以外のレンズを見つけるのは難しいことではありません。
今回、そのカゴの中から、PENTAXのレンズを見つけました。

FA28-105mm F4-5.6 ¥1,000

ごくごく普通の標準〜中望遠ズームレンズ。暗いF値なのもあって製品名のみではなかなか魅力を持てないレンズの一つです。

しかし、

イトケンさん
イトケンさん

このレンズ、結構写り良いし、寄れるよ

と言われたので、試写したら、このレンズすごく寄れる寄れるw

カビもなくクモリもひどくなく状態もまずまず。

面白そうだったので、K-7用に一つ買ってみることにしました。

 

<スポンサードリンク>



 

パワーズームを搭載

PENTAXのFA28-105(フィルムカメラ用)は実は2種類あり、ブラックボディでパワーズーム機構がついたものと、シルバーカラーでインナーフォーカスになっているものがあります。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/filmcamera/lens/index35_others.html

今回買ったのはパワーズームのほうです。パワーズームは、対応カメラに取り付けると、電動でズームが効くというものです。対応カメラは当時のフィルムカメラだけでなく、現在に至るまでのデジタル機まで多くの機種が対応しているようで、K-7もそのうちのひとつです。

他社のパワーズームレンズは非電動でのマニュアルでの操作がほとんど考慮されてないことが多いのですが、このPENTAXのFA28-105はレンズ側でパワーズームと手動ズームの切り替えができるようになっていて、手動での操作もある程度考慮されている点が嬉しいところです。

パワーズームの速度を変えられるスイッチが付いているようですが、残念ながらその部分が欠けていて、内部がむき出しになってしまっています。
外へ持ち出すときは、ダイソーの木目調テープで隠しています。

大阪にて

大阪と京都にてこのレンズを使ってみました。

新世界は各店提灯が並び幻想的だ

近鉄大阪線。今里駅にて

民営化1年経ってもあちこちに残るコマルマーク(堺筋本町)

観光特急Blue Symphony(大阪阿部野橋)

八瀬比叡山口駅そばの桜

叡山電車に登場した三陸鉄道色(出町柳)

50系のつばめマーク。京都鉄道博物館にて

古いレンズなのもあってデジタルで使うとややモヤッとした感じがでますが、解像度はそこそこあって悪くはないかと思います。

やはりといいますか、パワーズームは切って手動ズームで使うほうが焦点距離の微調整が効いて撮りやすかったです。

 

暗いレンズではありますが、焦点距離的にも使いやすいので、K-7用のレンズとして活躍してもらいましょう。


↓Amazonで買う
Amazonアソシエイトバナーをはる

↓楽天で買う

ここにa8楽天tableタグをはる

↓Yahoo!・7netで買う
カエレバリンクをはる


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧