に投稿 コメントを残す

【TIPS】Macで既存の楽曲をハイレゾ音源にする方法

今日はこんな記事です

MP3やApple Losslessなどの既存音源を、無料のデコーダーアプリ「X Lossless Decorder(XLD)」を使って擬似的にハイレゾ音源に変換する方法を解説しています。とても簡単な方法で音源のアップグレードが可能ですよ!

PCオーディオのハイレゾ化

今年に入ってから、先日紹介したインフィニテシマルをはじめ、音色の良い機材が多数導入されてきて着々とオーディオシステムがグレードアップされてきています。

しかし、いくら機材を良くしたところで、肝心の音源が良くなければ、音楽を楽しむ魅力はガクッと下がってしまうと思います。特にデジタル音源に関してはシビアで、PCから音楽を聴こうものなら、音源の質の向上も強く考えなければなりません。

僕の環境ではHDDの容量が少なく、容量確保のため多くの音源がMP3やAAC等の非ハイレゾでCDから取り込んでいます。これを、ハイレゾ音源へ順次アップグレードしていくことにしました。

Macでは純正のアプリやフリーソフトでFLAC音源が扱えないため、Apple Lossless(ALAC)でハイレゾ音源を作ることにしたのです。

スポンサードリンク

Macで音源のアップコンバートができるフリーソフト「XLD」

とはいえ、ONKYOやMora等で販売されている正規のハイレゾ音源に置き換えていくのはお金の関係上厳しいでしょうし、そもそもハイレゾ化されていないタイトルもあるでしょうから、これまで蓄積してきた既存の音源をアップコンバートすることで、正規のハイレゾ音源ではないものの”疑似ハイレゾ音源”を作り出す方法でハイレゾ音源を作っていくことに決めました。

音源のアップコンバートはオンライン上でも可能ですが、手間と時間を要するので、Macで使えるフリーソフトでもないか、探しました。

そしたら、ありました。「X Lossless Decorder(XLD)」というデコーダーアプリです。

「XLD」は音源のデコードのほか、CDからのリッピング、ファイル形式の変換などの機能を持っていて、無料ながら多彩な機能を使える便利なアプリです。純正のミュージック(iTunes)アプリが取り扱えないFLAC音源も取り扱えます。

ダウンロード/インストールはこちらからどうぞ。OS X10.4以降が入っている全てのMac[1]インテルCPUのMacは全機種対応で使用できます。もちろん最新の10.15 Catalinaにも対応。

https://tmkk.undo.jp/xld/

既存の楽曲を「XLD」でハイレゾ化する手順

「XLD」のインストールが完了したら、早速起動してみましょう。起動時は上部のバーが「XLD」と出るだけで、何も画面は出てきません。

上部バーがXLDの表示になったら、「ファイル」→「データをディスクとして開く」を選択し、ハイレゾ化したい音源のあるファイルを参照します。

ここで注意してほしいのが、ベースとなる楽曲ファイルの形式です。というのも、MP4やAAC音源だとファイルを開けないことがよくあります。また、MP3音源は開けますが、楽曲データを読み込めないことがしょっちゅうです。

そのため「データをディスクとして開く」前に、ミュージックアプリ(iTunes)上でいったんALAC(Apple Lossless)へ変換しておくことをおすすめします。「ファイル」→「変換」→「Apple Losslessバージョンを作成」でALACファイルにできます。これでミュージックアプリ上でALAC(44.1kHz)ファイルが作られます。ALACファイルであればXLD側でちゃんと認識できるようになります。

XLDでファイルを開くと画面が出てきます。メタデータが正常に出てきたら、XLDの設定を変更します。

「XLD」→「環境設定」を開きます。

開いた画面の「出力フォーマット」のところを「Apple Lossless」にし、右の「オプション」をクリック。

そうするとビットレートとビット深度を設定できます。サンプルレートを「48000Hz」、ビット深度を「24bit」以上にすることでハイレゾ音源になります。音質とサイズ容量のバランスを考えるなら、サンプルレート「88100Hz」でビット深度を「24bit」が良いと思います。HDDに余裕があるならもっと上の数値でも良いですけど。

あとは出力先のフォルダを任意のところにして、環境設定画面を閉じます。

あとは右上の「変換する」ボタンを押すとハイレゾ音源が生成されます。環境設定で指定したフォルダを開くとハイレゾ化されたALACファイルがあるはずです。これをミュージックアプリ(iTunes)に登録すれば完了です。

もちろんXLDはCDのリッピングも可能なので、CDから直接ハイレゾ音源を生成することもできます。

CDが大量にやってきたので・・・

この手法でよく聞く好きな曲を順次”疑似ハイレゾ化”を行っています。

さて、このタイミングで自宅にCDが750タイトル以上入荷するイベントがやって来ました。

枚数にすると800枚以上のCDを取り込むには、相当な容量のHDDが必要ですよね。そこで、4TBの緑キャビアを購入し、楽曲の保存庫に使っていくことにしました。

全部ハイレゾ音源にするとキリがないので、ALACの16bit/44.1kHzをデフォルトにして、よく聞く曲を絞ってハイレゾ化していきたいと思っています。

脚注   [ + ]

1. インテルCPUのMacは全機種対応
に投稿 コメントを残す

2千円台なのにハイレゾ対応!?アルペックスの「HSE-A2000」を試す!

 

トミーテックさんからついに来たー!!

この勢いで名城線とか東山線とか名鉄の地下鉄直通車もシリーズで出してもらいたいところですね。

eイヤと共同開発

今回レビューする「HSE-A2000」はある御方のご厚意により中古でお譲りいただいたうちの一本です(他の機種も順次レビューしていきます)

アルペックス(ALPEX)さんは以前より低価格帯イヤホンではおなじみですが、最近はイヤホン専門店「e☆イヤホン」(以下、「eイヤ」)との共同開発機種を多数リリースしています。

去年5月末に発売された「HSE-A2000」もそのうちの一つ。”安いけど高品質”をうたった下位モデル「HSE-A1000」のヒットを受け、ワンランク上の機種の開発を始めたようで、最終的に製品となったのがこれです。開発秘話がeイヤのブログに載っています。
[link url=”https://e-earphone.blog/?p=1276311″ title=”【初めてのイヤホンに】ALPEX HSE-A2000 誕生のお話しインタビュー!【ハイレゾ対応】 – イヤホン・ヘッドホン専門店eイヤホンのブログ” content=”e☆イヤホンのはまちゃんです!ここ最近の話題作、「e☆イヤホンチューニングのハイレゾ対応イヤホン」その誕生秘話について、e☆イヤホンの中の人にお話しを聞いていきたいと思います!”]

 

開発秘話にもあるように、最近流行りのグラフェンコート振動板を採用したのが特徴で、そのグラフェンがハイレゾ対応のものだったため、このイヤホンもハイレゾ対応となったのです。

それでいて価格は2千円台

果たしてその実力は・・・?

 

[adchord]

 

小型でも質感は◎

外箱無しの状態で頂いたため、パッケージは見ていないのですが、eイヤブログで見た感じ高級感がありそうです。
[link url=”https://e-earphone.blog/?p=1275972″ title=”【新製品】eイヤスタッフと共同開発ALPEX HSE-A2000シリーズ解禁! – イヤホン・ヘッドホン専門店eイヤホンのブログ” content=”まいど梅田EST店のかわちゃんです。本日ご紹介させて頂く製品は!e☆イヤホンとアルペックスが再度タッグを組みドライバー探しから実施して作りあげた…!”]

 

低価格帯イヤホンらしくカラーバリエーションが豊富です。今回頂いたものはゴールド色で、高級感があります。ほぼ同じ見てくれの下位モデルA1000にも同じゴールド色がありますが、コードの色で機種が判別できるようになっています。

その質感に関しては、ハウジングにアルミを使っているためか低価格帯とは思えない質感を感じとることができます。

 

遮音性と音漏れについては標準的なところかなと思いました。タッチノイズは少なめ。

バランスの良さに圧倒

そのHSE-A2000から出てくる音は、バランスが良く落ち着いた出方をしています。

低音がブーブー鳴ることもなく、高音がキンキンいうこともなく、限りなくフラットです。高級イヤホンには当然ながら及ばないものの、それでもFLAC音源を聞いてると、細かい息遣いまで感じ取ることができるのです。ジャンルを問わず楽しめました。

すっきりしているので聞き疲れもなく、家で長時間聞くのにも向いてるし、外でバンバン使い倒すのもアリでしょう。

その点では高音質だけど”安い”このHSE-A2000はコストパフォマンスも優秀でオールマイティーに使えるイヤホンだと思います。

価格が安いので、何本かまとめて買うのもアリでしょう。

ぜひ2千円のハイレゾイヤホン、お試しあれ。

 

かわいい イヤホン ALPEX アルペックス HSE-A2000CG【シャンパンゴールド】 カナル型 イヤホン 【1年保証】

価格:2,400円
(2019/2/3 15:18時点)

かわいい イヤホン ALPEX アルペックス HSE-A2000GM【ガンメタ】 カナル型 イヤホン 【1年保証】

価格:2,400円
(2019/2/3 15:19時点)
感想(0件)

★その他のカラーはこちら!



★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧