に投稿 コメントを残す

先日グランドオープンの「ハードオフ 桑名サンシパーク店」へ突撃‼

今日はこんな記事です

4月9日、ハードオフグループの記念すべき900店舗目の新店「ハードオフ・オフハウス桑名サンシパーク店」がグランドオープン!ナローゲージに乗って初日に突撃してきました!グランドオープン時にしかお会いできない”あのお方”との貴重なツーショットも!?

祝!900店舗

47都道府県に店舗を構えるリサイクルショップチェーン・ハードオフ。この不況下でも順調に店舗は増えていき、ついに900店舗という大台を達成することができました。

サンシパークは桑名の西端にある(東員町側から撮影)

その900店舗目は、なんと、三重県の桑名市の西端にある「サンシパーク」に出店となりました。桑名市には既にイオンタウン新西方に店舗がありますが、新西方に続いて2店舗目の登場です。

「サンシパーク」はローカルスーパー・サンシやカインズを核にした独立型[1]各店舗が独立した建物になっているショッピングモール。ここにはかつてジーンズショップがあったようですが、その跡地に「ハードオフ」「オフハウス」併設の「桑名サンシパーク店」が出店されました。

4月1日に買取オープンし、8日の木曜日にグランドオープン。イトケンさんからのおつかいも兼ねてグランドオープンに突撃しました!!

※記事公開がこの時期になったのは、緊急事態宣言を受けて公開を自粛していたためで、緊急事態宣言が三重県で解除になったことから公開に至りました。サンシパーク店は現在も短縮営業が続いていますのでご注意ください。

スポンサードリンク

ナローゲージでサンシパークへ

名古屋から近鉄で桑名駅へ向かいました。時間がなかったので特急課金。宇治山田行22000系AceでVAPEを吸いながら向かいます。

桑名駅で乗り換え、三岐鉄道北勢線に乗ります。北勢線は数少ない軌間762mmのナローゲージ。お昼ならのんびりした雰囲気なのでしょうが、この日は高校生で混雑していて、あまりローカルっぽさはありません。

30分ほどで、最寄駅の穴太あのう[2]余談だが京阪石山坂本線の同名駅は「あのお」と呼ぶに到着。ここから、田園の中を歩いて10分ほどでサンシパークに着くのですが、道が狭いだけでなく急坂もあるので、穴太駅から東員町のコミュニティバスを使うか、桑名駅から近くの東員病院まで路線バスで行ったほうが楽かもしれません。

9時10分に到着。店舗前には既に15人ほど並んでおり、スタッフが案内していました。新型コロナウイルスの影響もあり、前後の間隔を開け、来店客に消毒用アルコールも用意されました。品薄となっているNintendo Switchをいくらか用意していたようで、Switchの整理券が配布されていましたが、9時40分頃に完売し整理券配布は終了しています。店内から賑やかな朝礼の声が聞こえます。さすがグランドオープン時とだけあって賑やかですね。

社長とツーショット

10時、予定通りオープンしました。前に並んでいた人でオーディオジャンクにいる人はゼロでノーマークだったのはラッキーでしたw

人が多かったので店内は撮影していませんが、店内はハードオフ:オフハウス=4:6くらいでオフハウスが主体です。ハードオフ単体で見ると、狭い面積にグッと詰まっている感じです。

狙っていたものは既に確保してレジに預けたので、あとは店内をじっくり隅々まで見ていきます。

すると、後ろからお声が。

???
???

「そのストラップ良いですねえ」

そうです、僕のリュックにはハードオフ公式のギターストラップが以前から付いています。

管理人
管理人

「今日残念ながらジャンクT[3]背後にジャンク品プライスタグを印字した公式Tシャツ。初回ロットが印刷ミスで”真のジャンク”となり、その初回ロットを購入着てないんですよねぇ~」

実はこのブルーネクタイのスーツを着た方、本社の広報かFC会社の方かと思ってたら、なんとハードオフコーポレーション㈱の山本太郎社長でした!!

僕の顔出し、本邦初公開(笑)

せっかくなので、許可をいただきツーショットを撮影しました(*^^*)

山本社長に話をお伺いしたのですが、毎回グランドオープン時に訪問をされていらっしゃるとのことでした。

新型コロナウイルス対策で緊急事態宣言が出た当初、短縮営業とのみ言及されたことからSNS上で多数批判が出ていました。これをお尋ねしました。

会社側としては「お店を閉めると経済が止まる」とのスタンスだったようです。SNSでの批判については「予想以上に来てますね」と山本社長。最終的には店舗やFC会社での最終判断となるようです。その後、緊急事態宣言を受けFC判断で一部店舗が臨時休業の措置となり、新西方もGW中休業となりました。

ほかにも色々貴重なお話もいただけたのですが、今はまだ会社秘密の部分も色々あると思われますので、この記事では言及は差し控えます。

デノンCDPをゲット!

今回の戦利品は、イトケンさんより頼まれていたSONYのCDプレーヤー「CDP-552ESD」と、自分用に買ったDENONのCDプレーヤー「DCD-1300」です。

DENONの初期のプレーヤーは特定型番の機種が音がいいと聞いていて、使ってみたいと思っていました。そのうちの一つである1300が税込3,300円と安価に出ていたのを事前に知っていたので、オープン直後に無事確保できたのでした。

ストレートで素直な音が良いCDプレーヤーでした。

また別の機会にて紹介したいと思っています。

脚注   [ + ]

1. 各店舗が独立した建物になっている
2. 余談だが京阪石山坂本線の同名駅は「あのお」と呼ぶ
3. 背後にジャンク品プライスタグを印字した公式Tシャツ。初回ロットが印刷ミスで”真のジャンク”となり、その初回ロットを購入
に投稿 コメントを残す

オーディオシステムの近況報告・2020年3月~4月前半

今日はこんな記事です

オーディオシステムがまた進化を遂げました。アンプのセパレート化に着手、セパレートアンプが2システムの陣容に変化しました。さらに、レコードプレーヤーをマイクロの高級機に一新。ヘッドホンもスペックの良い高級機が入り、聴くのがますます楽しくなっています。

アンプの強化に注力し、2システム化

当ブログはネタ発生から記事になるまで数ヶ月くらいかかることがあります。とりあえず、 オーディオに関してはまただいぶネタが溜まってきましたので、今日は、前回の近況報告以降の、オーディオ趣味の近況報告をしたいと思います。

前回↓

前回の時点で書いたのですが、スピーカーの強化がInfiniTesimalの導入によってあらかた終わったので、次のフェーズとしてアンプの強化に移行することにしました。

それまでヤマハのAVアンプで聴いていましたが、DACキットを導入してから、パワーの弱さやトロ臭い音に嫌気が差してしまい、純粋な2chアンプに置き換えることにしたのです。

いろいろ検討した結果、パワーに余裕があり音質に有利であることから、プリメインアンプではなくセパレートアンプを導入することとなりました。必然的に導入費用が嵩んでしまうため、プリアンプをイトケンさんよりお借りして、パワーアンプを先に買うことで初期費用を安く抑えようという算段です。

プリアンプは東芝オーレックスの「SY-88」を借りることができました。一方のパワーアンプは、某フリマでラックスマンの「5L15」を購入。実はこの5L15はプリメインアンプという位置づけではあるものの、パワーアンプ5L21・5L20をベースに、簡素なプリ部をつけたもの。プリはおまけ的存在で、実質的に5L21をベースに出力を落とし下位モデルのパワーアンプといった感じです。

さて、SY-88のプリアウトは2系統なのでもう1つパワーアンプが欲しいな、とは思ってました。

4月に入って、またまた某フリマを見ていると、今度はラックスキット[1]ラックス子会社で、社名の通りキット製品を展開した「A501」というA級パワーアンプが出ているではありませんか。動作品ということで気になってしまい、こちらも購入しちゃいましたw

当初はSY-88をプリにする予定だったのですが、ふと真空管アンプってどうなんだろう、と沸々気になりだしてしまったため(笑)、FX-AUDIOの真空管ハイブリッドプリアンプ「TUBE-01」も導入しちゃうことにしました。

ということで、セパレートアンプが2システムの構成となりました。もちろん音はAVアンプ1本のときより格段に良くなっています。あとはプリアンプをじっくり探していこうと思ってます。

スポンサードリンク

レコードプレーヤーのグレードアップ

アンプのセパレート化に合わせて、レコードプレーヤーも入れ替えました。

これまで、去年5月にオーディオシステムが2システムとなったとなったときにやってきたテクニクスSL-D303をずっと使ってきたのですが、やっぱりといいますかテクニクス機は音が硬いので、以前より入れ替えを検討していたのです。

イトケン邸よりマイクロ精機の「MR-611」がやってきました。当時の同社のラインナップでフラッグシップとなるベルトドライブ機です。エントリー機で勝つダイレクトドライブのテクニクス機と違って、木製キャビネットでできた大柄のボディは、貫禄があります。

それと同時に、MMカートリッジを5本お借りしました。パイオニア、オルトフォン、シュアと色々揃っているのですが、全部試聴してみて一番好みだったのはパイオニアのPS-600で、アイワのカートリッジもかなり健闘していた印象です。

レコード音源もハードオフを中心に回って、少しずつ増えてきています。これで、アナログレコードも思いゆくまま楽しめるはず。

インフィニティ統一の野望

ある日、ふとハードオフに行きたくなり近所のハードオフへ行くと、¥3,300の値札で置いてあったスピーカーが。

インフィニティの「REFERENCE ONE」ではありませんか!

テシマルの時代こそ国内ではマイナーな存在だったインフィニティですが、90年代に入ると当時の代理店・デノンラボ[2]当時DENONブランドを展開していた日本コロムビア子会社の方針もあり、廉価モデルが大量に輸入されました。REFERENCE ONEも、そのうちの1つ。

外国スピーカーによるあるウレタンエッジの加水分解でボロボロ。近日中に治して、全スピーカーをインフィニティで揃えてみたいものですw

ハードオフのオープン初日にCDプレーヤーをゲット

今月9日、ハードオフの新店舗「ハードオフ・オフハウス桑名サンシパーク店」がグランドオープンしました。記念すべき900店舗目の新店のオープンに突撃しました。

https://www.hardoff.co.jp/shop/kinki/mie/hardoff/101097/

事前にイトケンさんにジャンクオーディオの品揃えを教えていただけたこともあって、”あるもの”に目星を付けていたのです。

で、買えましたw

下のソニーはイトケンさんからのご依頼品

自分用に買ったのは、DENONの「DCD-1300」というCDプレーヤー。以前から”音色の良い”と聞いていたので、その音が気になり購入しました。税込¥3,300でした。

高級機というわけではないのですが、ストレートな音で聴きやすい良いプレーヤーでした(笑)

ヘッドホンが増殖

STAXのコンデンサー型イヤースピーカーを買ってから、極力ダイナミック型ヘッドホンは買わないようにしていましたが、最近またダイナミック型のヘッドホンが増殖するようになってしまいました(笑)

まずは、SHUREのDJヘッドホン「SRH750DJ」をハードオフの青箱から¥1,650で拾いました。

DJ向けだけに側圧はやや強めですが、国内メーカーの同等製品と比べれば使い勝手も音もワンランク上に感じます。

もうひとつ買いました。大須の某所で、オーディオテクニカの「ATH-A900X」の外箱を見かけたので、中を見てみたら・・・

「ATH-A1000」じゃん!(笑)

ということで、即決。もちろん、価格はA900Xとしてのお値段で、¥4,980+税(笑)

これまでで一番高級なダイナミック型のはず。現在エージング中ですが、こいつはなかなか化けてくれそうな予感・・・!

というわけで、ヘッドホンは増えていく一方ですね。減らしていかないとw

次の課題はオーディオ用PCの構築?

スピーカー、アンプ、レコードプレーヤーと着実にグレードアップしていっていますが、まだこれで完成ではありません。

パイオニアSE-6300&サンスイα307で聴いていた時をフェーズ1と考えると、

  • フェーズ2:アンプのグレードアップ(エントリー→ハイエンドAVアンプ)
  • フェーズ3:スピーカーのグレードアップ(テシマル等)
  • フェーズ4:アンプのセパレート化&レコードプレーヤーのGU

となるかな。フェーズ4もあらかた終わったので、早くも次のフェーズに移行することになりそうです。

次のフェーズでは、オーディオ機器ではなく、オーディオ用のPCの構築を予定しています。先日契約したradikoプレミアムの他、CD経由で音源が充実してきたためPCでの再生機会も増えてくると思います。しかしながら、USBポートが2つしかないMacBook Airでは使い勝手に劣る上、外出の際にいちいち抜き差ししなければいけないのは面倒だしUSBポートとHDDへの負担も大きくなります。

そこで、現在据置のオーディオPCを構築すべくいろいろ調整しています。構築できたら、また紹介したいと思ってます。

まだまだ、オーディオシステムの進化は止まりません!!

脚注   [ + ]

1. ラックス子会社で、社名の通りキット製品を展開した
2. 当時DENONブランドを展開していた日本コロムビア子会社
に投稿 コメントを残す

初オールドヘッドホン!PIONEER SE-205【購入編】

 

当初Nゲージネタを予定していましたが、執筆の都合上オーディオネタを先にします。鉄模で来られている方、申し訳ありませんがもうしばらくオーディオネタにお付き合いくださいm(_ _)m

ハードオフのジャンクかごから

七夕も過ぎ、各地がお祭りで賑わっている頃の話です。外出先で普段は行かないハードオフに立ち寄ってみることにしました。

そのハードオフは以前からあまり品揃えは良いとは言えない店舗らしいのですが、オーディオは今までチェックしたことがなかったので、オーディオの品揃えが気になって見に行くことにしました。

案の定、期待するほどの品揃えではたしかになく、価格も微妙といえば微妙です。ジャンクコーナーは以前何年か前に来たときよりは密々ってない感じで、残念でした。
ですが、ジャンクでない通常品についてはデモ機も置いてあるなどとても充実感がありました。
ジャンカーには不足感を感じますが、普通にオーディオを買いたいだけなら充実した店舗なのではないかと思いました。

 

さて、その店舗のジャンクコーナーの青籠から”珍品”を掘り出しました。

それは、黒色の古いヘッドホンです。¥540のシールが付いています。

置いてあったデモ機のプリメインアンプに挿してみたところ、正常に音が出るじゃありませんか。

見た目ボロボロでしたが使えるんなら、と思い衝動で購入しちゃいました。

「PIONEER SE-205」という名のヘッドホンです。

 

<スポンサードリンク>



 

PIONEER SE-205とは?

「PIONEER SE-205」は、パイオニアのオールドヘッドホン。1973年に発売されたエントリーモデルで、古くからヘッドホンのラインナップに力を入れていたパイオニアの代表機種となったようです。1980年頃まで販売されてたようなので、SA-6300あたりとセットで購入された方も多いのでは?

http://20cheaddatebase.web.fc2.com/pioneer/SE-205.html

■インピーダンス8Ωの悩み

上記リンク先には記載されていないのですが、このヘッドホンのインピーダンスは海外サイトで調べると8Ωとなっています。

昔、1970年代前半頃までののヘッドホンは各社揃ってインピーダンスが8Ωなのです。これはなぜかというと、

インピーダンス8Ωのフルレンジスピーカーが入っているだけ

だからですw

つまり、今のような振動板ではなく、スピーカーユニットがまるまるボディに入っている構造です。だから、昔のヘッドホンはガタイが大きいでしょ?

フルレンジスピーカーを突っ込んでいるだけなので、当然ながら音質は劣ります。

でも、当時はそれでも問題ありませんでした。当時のオーディオマニアはスピーカーで聞くことが大原則で、ヘッドホンは録音チェック等で音が出ているかを確認するくらいの用途しか与えられていませんでした。つまり、音が出さえすれば何も問題なかったのです。

騒音問題等の隣人トラブルが増えてきて、夜中でも快適にリスニングしたいという需要が70年代からじわじわと出始め、マグネットを使用した振動板を使ったモデルが普及するのは70年代後半に入ってのことのようです。

大柄の丸いボディ

スミマセン、ちょっと話がそれてしまいました。購入したSE-205を見てみます。

パイオニアはヘッドホンに早くから取り組み、独特のデザインは他メーカーのヘッドホンデザインにも大きな影響を与えたそうです。

SE-205も卵のような丸っこいブラックボディが特徴です。金属部分むき出しのヘッドバンドやLEFT/RIGHT表記などは時代を感じる部分。無骨さの中に、優しさが出ている絶妙な出で立ちです。

スピーカーユニットが70mmと大きいため、耳覆いタイプ。パッドは合皮のようですが立体感に乏しくずれやすく蒸れやすいのが残念。

ケーブルはエントリーモデルでは珍しい片出し。パイオニアは片出しケーブルに熱心で、同社最初のヘッドホンSE-1から早くも片出しケーブルを採用していました。

本体が重いため、頭にずっしりときます。長時間していると結構首に来ます。パッドの蒸れもそうですが、このSE-205も観賞用ではなく、長時間での仕様を考慮しない音出しチェック等の用途で作られたモデルなのでしょう。

インピ8Ωの硬い音・・・

イトケンさんいわく”地雷”レベルらしいインピーダンス8Ωのヘッドホンですが、そこまで言われると逆に気になってしまうのが性です(笑)

SA-6300に早速繋いで聞いてみたのですが、う~ん、なんと硬い音でしょう。

ひとことで言うならカマボコ型でボーカル部はそこそこ出ているのですが、低音域と高音域が圧倒的に不足しています。艶やかさとか解像度とか、そういう以前のレベルの音でしかないです。ダイソーの540円にも負けてるんじゃない?


・・・というわけで、このSE-205は静態保存かな?

ぱらちゃん
ぱらちゃん

時々取り出して聞くにはちょうどいいかも(笑)

で、このSE-205の話は実は続きがあります・・・(つづく)


https://store.shopping.yahoo.co.jp/ksdenki/4573243090962.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title_blbl&ea=13

https://store.shopping.yahoo.co.jp/joshin/4573243090986-35-37498.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title_blbl&ea=13


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

108円!のスピーカー「Victor SP-UXW500-S」で遊ぶ

 

餃子を焼こうとしてフライパンに水を投入したら・・・

炎「ボォォォォォォォォォ!」

すぐに消えて事なきを得ましたが、一歩間違えてたら全財産灰になってるところでした・・・。

未チェックだから108円

ある日、ちょっと都会に出かけたのですが、時間が空いたので・・・

ぱらちゃん
ぱらちゃん

いつものことです(笑)

以前パイオニアのCDプレイヤーを買わせていただいたここのハードオフ、スピーカーが500円くらいでゴロゴロしているのですが、その中からひときわ安いのを見つけてしまったのです!!

108円のビクターロゴの付いた白いそれは、コンパクトサイズでミニコンポ用のようです。

安い理由は“未チェック”だからなのですケド、なぜチェックされなかったかというと、直出しのケーブルがかなり短い状態で切れていたからなのです。でも、別のケーブルで延長は可能なのでいけるでしょう・・・。

ぱらちゃん
ぱらちゃん

というわけで、”買わない理由はない!”の理念で買ってしまいましたw

 

<スポンサードリンク>



 

シルバーのシンプルデザイン

このスピーカー、型番を「SP-UXW500-S」といい、型番シールに記載あるように「UX-W500(-S)」というミニコンポにセットで入っていたスピーカーです。

ビクターの「UX-W」の系統は、MDダブルスロットを採用した2000年代前半のシリーズで、1年に1モデルのペースでモデルチェンジしています。モデルチェンジ時には”0″が一つ増えるかたちで、「UX-W5」「UX-W50」「UX-W500」と代わっていきました。

このシリーズのスピーカーは共通して3WAYのシンプルなデザインで、音質派にも満足できるように設計されたようです。

ただ、このモデルはコーンの部分が若干劣化しやすいようで、僕が買った個体もコーンの劣化は見られますが、音にはさほど影響がでないもののようです。

音質をチェック!

別ケーブルで延長して、オーディオシステム2号に接続して試聴です。

このスピーカーは先述のようにミニコンポ用ではあるのですが、3ウェイでしっかりと設計されていることもあり、聴いた感じではそれなりに豊かな音場と解像感はあるなと感じました。

ややドンシャリ傾向で、量に関しては充分バランスよく出ています。

ただ、粒立ちが荒く低音が団子状態になりやすいのが残念。高音はザラつきがかなり目立ち透明感は少ないです。

“それなりには”いい音だと思うし、これで充分満足できるという方も多くいらっしゃると思います。当時の価格からしてもパフォーマンスは良いほうだと思います。

とはいえ、単品スピーカーと比べれば、全体的にのっぺりしていて立体感に欠け、すぐ飽きが来てしまうような感じがしました。もうちょっと質感が欲しいところではあるのですが、この大きさのミニコンポ用となると、やはりどうしても限界があるでしょう。

このサイズで3ウェイとなっているだけでもかなり頑張っていると思います。ビクターの音質に対するこだわりは充分感じ取れました。

というか、単品スピーカーで聞き慣れちゃって僕の耳が受け付けていないだけなのかも(笑)

 

とりあえず、動作チェック用に残しておこうと思います。



★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

324円!のCDプレイヤー「Pioneer DV-696AV」で遊ぶ

 

今月切れる市の商品券の使いみちに困る・・・1万円という額が微妙すぎて買うものがない・・・。

CDプレイヤーが欲しくて

■CDプレイヤーが欲しくなってしまった

話はオーディオシステム2号が来る前、Q701を鳴らすためのプリメインアンプ・PIONEER SA-6300が来て間もない頃。

はじめはUSB-DACを通じてPCの音源を聴いていましたが、次第に手持ちのCDを聞きたくなってしまいました。

CDが再生できるのは音質がパッとしないKENWOODのMDX-J9のみでした。そこで、CDプレイヤーの導入を決めました。

仕事を半休で切り上げ、向かったのは名古屋市内にあるハードオフK店。楽器関連が強く、通の中では全国的に有名なお店です。

向かったのは当然ですがジャンクコーナー(笑)

雑然とオーディオ機器が積まれている中で、ちょうど見つけたのです。

「DVD NG・CD OK」と書かれた324円のDVDプレイヤーが!!

メーカーは

やっぱりここです(笑)

■ユニバーサルプレイヤーDV-696AV

今回見つけたパイオニア「DV-696AV」はもともとDVDが再生できるDVDプレイヤーです。それも、DVDビデオだけでなくSACDことスーパーオーディオCDやDVDオーディオも再生できる実売2万円の廉価なユニバーサルプレイヤーとして登場したのです。

HDMIがまださほど普及していなかった時代ですが、早くもHDMIを採用しているのも特筆点です。

 

DVDとCDのピックアップはぞれぞれ別のものが採用されているらしいです。SACDはDVDのピックアップを使って再生します。今回の個体はDVD部がダメでCDがOKなので、SACDは厳しいでしょう。というわけで当方では純粋なCDプレイヤーとして扱いたいと思います。

CDはちゃんと再生できるのか?

とはいえ324円なので、CD再生時にも不具合が起きる可能性は否定できません。

電車で持ち帰るので、なるべく振動がないように運び帰り、その日買ったばかりのCDを入れてみます。ドキドキワクワク・・・。

・・・うん、再生には問題ないようです(^^)

CDを入れて順番通りに再生するだけなら特に問題はないと言えるでしょう。

そうなんです、この機種はもともとDVDプレイヤーなのでテレビ画面とリモコンにて操作するUIなので、HDMIを使ってモニタと接続しないと細かい設定ができないようなのです。

リピートのためだけにわざわざHDMIを繋ぐのもあれだし、そもそもリモコンが無いし、ONKYOのC-773も届いたので、進んでこれを使う理由もなくなりまして・・・(笑)

音源データの移動

さて、ここからは最近の近況報告。オーディオシステムで使用する音源のiMacのSSD上から外付けHDDへの移行をやりました。

これはオーディオシステム導入の前からやろうと思ってたことなのです。iMacは人間で例えるならお爺ちゃんと言ってもいいほどの御老体なのでいつ壊れてもおかしくないとは思います。万が一iMacが壊れてしまうと音源ソースを最悪1から構築し直しになってもおかしくはないので、“やるなら今のうち”ということで少しづつ移行させてきたのが完了したのです。

さらに、これを機にポタオデ用の母艦データベースを、この移転した音源で統一させることにしました。Mac導入以降、iPhoneとウォークマン(NW-A36)は別々のデータベースから転送していましたが、容量を食うのと、ウォークマン用には古くて互換性のないATRACファイルがごっそり入っているという点で不便でした。

Macに入ってなかった音源は、ウォークマン用の楽曲ソースをWindows上でiTunesで読込できるファイル形式に変換し、外付けHDDを共有フォルダにした上で順次移転しています。ハイレゾ音源もFLACからALACへ変更する予定です。

外付けHDDを共有化しているので、WindowsマシンであるARROWS Q506/MEでもMusic Center for PCに取り込んでウォークマンに転送が可能になり、これでポタオデ用データベースの統一が叶いました。これにより、Q506/MEもオーディオシステムの1デバイスという位置づけになります。

 

現在はHDDがiMacに直接接続となっているので、iMacが起動していないとQ506/MEでも使用できないのがネックです。

というわけで、今後の課題はNASを導入することになりそうです・・・。

 




★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

ジャンク1,080円のREGZA 26A9000に迫る!

 

今日は予定ですとPENTAXのレンズを紹介する予定でしたが、GW前半いろいろバタバタしてたのもあって、なかなかこれでブログを書く意欲が沸き立たなかったので、5日に公開予定だった1080円レグザの話を先に公開します。

やるな~ハードオフ

2月のある日のこと。

Twitterのタイムラインに、こんなのが流れてきました。

どうやらホテルが閉業したらしく、大量入荷してきた液晶テレビがジャンクで投げ売り祭りされてるっぽい。

気になってしょうがない(笑)早速、電話してみました(11:30頃)

管理人
管理人

26インチのレグザの件ですが

ハドフ
ハドフ

今日3台売れて、次出すのに時間がかかります。明日の受け取りでよろしければ取り置きいたしますよ

管理人
管理人

では1台お願いします。

という感じでまぁ、すんなり取り置きできたとさw

なにしろ問合せがその後も殺到したらしく、僕が電話したあとで方針を変更されたみたいで、取り置きと問い合わせがNGとなったようです。それでも問い合わせが凄かったらしく、未整備状態のものを出すことになり、これも瞬殺だった模様です。

僕の分の取り置きには影響せず、

ハドフ
ハドフ

取り置きのテレビ、出せるようになりましたので、ご来店ください

と翌日電話が来たので、行ってきました。

旧式iPhoneをHDMI経由でミラーリングできる純正ケーブルも540円で売ってたので合わせて購入です。

 

余談ですが、このレグザ、覚王山店にも一部流れたようです。

 

<スポンサードリンク>



 

電車で持ち帰る暴挙に出る

車持ちでない僕が直面する問題となるのはこいつの持ち帰り方法ですが、結局、電車で持ち帰る暴挙に出ざるを得ませんでしたw

しかも当日は小雨で雨の降る中、普段の5〜6倍の時間をかけてゆっくりと慎重に持って帰りました。なんとか成功したので良かったですがw

Chromecastで使ってみる


このレグザは「26A9000」という2009年のエントリーモデルです。ハーフHDで、録画機能は省かれています。

状態としては、スタンド無し、B-CAS無し、リモコン無しの本体のみということでジャンクとなった模様です。

HDMIは2出力で、PCモニタやChromecastでの使用ならそのまま行けそうです。

 

早速、Chromecastで試してみました。



表示や音の出力には問題なさそうです。
倍速モードなどはありませんが、アニメや日本のドラマを見るのには充分な画質と言えるでしょう。

 

このレグザを導入した経緯としては、カメラカーをスマホと接続した上でカメラカーの映像を大画面化できるんでは?と思ったため。
まだやってはいませんが、今度試してみようかな?と思ってたりw


↓Amazonで買う

↓楽天で買う

32S22 東芝 32V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ (別売USB HDD録画対応)REGZA

価格:36,800円
(2019/5/3 17:17時点)
感想(3件)


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

名古屋の鉄道模型店MAP(2020年春版)

新型コロナウイルスの営業により、一部店舗で短縮営業になっています。(2020年5月20日現在)

短縮営業店舗の営業時間は店舗HPやTwitter等でご確認をお願いいたします。また、今後の動向などにより、変更の可能性が充分考えられますので、最新の情報にお気を付けください。

今日はこんな記事です

名古屋市及び名古屋近郊にある鉄道模型ショップを、個人店から中古ショップまで16店舗紹介しています。なかでも大須は激戦地で、ジョーシンスーパーキッズランド、ポポンデッタ、GMストアー、カラマツトレインと多くのショップが集まっています。最新の名古屋の鉄道模型事情をお伝えします。

名古屋の鉄道模型店を巡ろう!

以前名古屋大須のPCショップ11店!(2018年秋版・MAP付)を公開したところ、嬉しいことに好評です。

そこで今回、名古屋の趣味系ショップMAP第2弾として、名古屋エリアの鉄道模型ショップを、新品中古問わず紹介したいと思います。

■名古屋鉄道模型ショップマップ

今回紹介するのは名古屋市内と、名古屋近郊(愛知県内のみ)にあるメジャーな鉄道模型店です。

定番の量販チェーンから個人店まで幅広く紹介します。

<MAP内の色分け>
赤字=新品メインのお店(①〜⑨)
緑字=中古メインのお店(①〜⑥)
青字=レンタルレイアウトのみのお店(①〜③ 今回記事では取り扱いません)

スポンサードリンク

新品を売っている鉄道模型店9店

※店舗名横の記載  新=新品Nゲージ 古=中古 ジ=ジャンク パ=Assyパーツ等の補修パーツ HO=新品HOゲージ Z=新品Zゲージ 貸レ=レンタルレイアウト併設
※適当な手持ち写真がなかったので一部除いて以下店舗写真を公式サイトより引用しています。
※スマートフォンでご覧の方は電話番号クリックでお店へ発信できます。

①スーパーキッズランド大須店 新/パ/HO/Z

家電量販店チェーンであるジョーシンのおもちゃホビー売場“キッズランド”の旗艦店の一つ
取扱品目をホビー商品に絞り、ガンプラからフィギュア、モデルガンに至るまで充実した品揃えと量販店ならではの割引価格が魅力。

その中でも4階の鉄道模型売場は名古屋エリアで最大の鉄道模型ショップで、TOMIX・KATO・マイクロエース車両の新品予約25%OFF+10%ポイント還元など特典も嬉しいです。
HOもZも取り扱いがあり、主要3スケールすべてが揃う唯一のお店でもあります。

鉄道模型をやるなら必ず寄るべきお店です!

■公共交通アクセス:矢場町駅または上前津駅から徒歩10分。市バス「矢場町(南)」から3〜5分
■自動車アクセス:大津通南行沿い。隣にタワーパーキング。「若宮パーク」からは徒歩5〜7分
■営業時間:10時〜20時
■電話:052-262-1203
■定休日:年2回のみ棚卸休業あり

[link url=”https://shop.joshin.co.jp/shopdetail.php?cd=1692″ title=”ジョーシン::スーパーキッズランド大須店” content=”ジョーシンスーパーキッズランド大須店のホームページでは折込チラシがインターネットでご覧いただける「WEBチラシ」大好評配信中!お得な情報満載! 住所:愛知県名古屋市中区大須4-2-48 電話番号:052-262-1203″]

②グリーンマックス・ザ・ストアー ナゴヤ大須店 新/パ/貸レ

大手メーカー・グリーンマックスの子会社「ジーエムストアー」直営店舗。GM製品のメッカ。

GM製品のショールームになっているだけでなく、完成品のみならずエコノミーキットの在庫も圧倒的で、補修パーツまでGM製品のことなら何でも揃います。他社製品も扱いがあり、完成品は2割引。ガレージメーカーのキットも充実。ポイントカードもあります。

店内には小さいながらレンタルレイアウトがあり、30分単位から借りられます。1時間400円。

店奥には有料の工作ブースもあり、エアブラシでの塗装も試せます。

■公共交通アクセス:矢場町駅または上前津駅から徒歩15分。名鉄バスセンター行名鉄バス「矢場町」下車すぐ
■自動車アクセス:若宮大通西行沿い。「若宮パーク」から徒歩2〜3分
■営業時間:12時〜20時(日曜祝日のみ19時閉店)
■電話:052-269-4900
■定休日:火曜・水曜 他臨休あり

[link url=”http://www.gm-store.co.jp/Shops/store_nagoya.shtml” title=”グリーンマックス・ザ・ストア パーツプロショップ PartsProShop ナゴヤ大須店(グリーンマックス製品のパーツを主体としたNゲージ鉄道模型ショップ 名古屋)” content=”Nゲージ鉄道模型専門ショップ グリーンマックス・ザ・ストア、株式会社ジーエムストアーのオフィシャルホームページです。秋葉原・ナゴヤ大須(名古屋)・下北沢・大阪日本橋にショップがございます。”]

③ポポンデッタ名古屋大須店 新/古/ジ/パ/HO/貸レ

GMストアーと同じビル、一つ上の階(3階)にある、鉄道模型専門チェーン「ポポンデッタ」の東海地区の旗艦店です。

新品の品揃えは他のポポンデッタと同じくらいですが、中古に関しては他店に負けないほどの在庫があり、HOブラス製品や海外車両の中古も豊富です。

レンタルレイアウトも併設しており、平日は450円で1時間。こちらもポポン他店と比べると小ぶりですが、大須の各店で買った車両の試運転や、仕事帰りに一息などマルチに楽しめるレイアウトとなっています。

■アクセス:グリーンマックス・ザ・ストアーと同じ。上参照
■営業時間:平日12時〜20時 土曜10時〜20時 日祝10時〜19時
■電話:052-249-5401
■定休日:年中無休 基本休み無し
■参考記事:6500円の格安カム「コミカム」で大須ポポンデッタの新しいレイアウトへ!

[link url=”https://popondetta.com/nagoya_osu/index.html” title=”鉄道模型(Nゲージ)/ポポンデッタ 名古屋大須店” content=”名古屋のサブカルチャー集積地「大須」にオープン!!場所は若宮大通り沿い、名鉄バス「矢場町」バス停の目の前。市営地下鉄「矢場町」「上前津」から徒歩圏内です。一つ下の階には私鉄Nゲージ製品化では他の追従を許さないGREENMAXさんのオフィシャルショップもあります。”]

④ヨドバシカメラマルチメディア名古屋松坂屋店 新/パ

ヨドバシカメラの6階おもちゃ売り場でもNゲージの取扱があります。
割引価格&10%ポイント還元というところが嬉しいです。車両は少なめですが、レールやストラクチャーは充実していて不足感はありません。

Yodobashi.comで取扱があるHOやZ商品を受け取ることも可能です。

■公共交通アクセス:矢場町駅直結
■自動車アクセス:大津通南行沿い。周辺に有料駐車場多数
■営業時間:10時〜22時
■電話:052-265-1010
■定休日:元日。ほか、松坂屋に準じる

[link url=”https://www.yodobashi.com/ec/store/0085/” title=”ヨドバシ.com – マルチメディア名古屋松坂屋店” content=”住所 〒460-8430 愛知県名古屋市 中区栄3−16−1 最寄駅 地下鉄名城線矢場町駅 地下通路直結(5・6番出口) / 地下鉄栄駅 徒歩5分(16番出口)”]

⑤安井模型 新/パ/HO

終戦直後から続いている老舗個人店で、NとHOの新品を売っています。

NゲージはKATOとTOMIXは2割引です。HOのブラスも大変充実しています。
70〜80年代のかなり古い製品もかなり在庫してあり、長年探していた旧製品が見つかるかも?

店を仕切るお姉さんの知識も堪能で、わからないことをすぐに教えてくれる頼りになる存在で固定客も多いのだとか。

■公共交通アクセス:丸の内駅8番出口すぐ
■自動車アクセス:伏見通沿い。名古屋高速「丸の内」から数分
■営業時間:10時30分〜19時
■電話:052-211-2369
■定休日:水曜・第1第2木曜
■参考記事:ホビーショップMAX スハニ35キット(前編)

⑥早川模型製作所 ⑦早川模型製作所金山店 新/パ/HO?

こちらも現存する老舗店の一つ。

実は・・・訪問したことがないので、どなたか詳細情報をお願いしますm(_ _)m
中村店
■公共交通アクセス:中村区役所駅徒歩5分
■営業時間:10時〜19時
■電話:052-481-0893
■定休日:水曜・木曜

金山店
■公共交通アクセス:金山駅・東別院駅から徒歩10分
■営業時間:金曜13時〜19時 土日祝13時〜18時
■電話:052-881-8036
■定休日:月曜〜木曜(金土日祝のみ営業)

http://hayakawa-mokei.com/

⑧ポポンデッタイオンモール木曽川店 新/古/ジ/パ/貸レ

ここから郊外です。

木曽川店はポポンデッタの中でもオープン年がかなり早く、ベテラン店舗です(笑)
そのためか中古商品も含めて大須や各務原と比較しても引けを取らないレベルでとても充実しています。値付けも良心的です。

レンタルレイアウトはポポンデッタの中では大きめで、長編成も優に楽しめます。

■公共交通アクセス:名鉄黒田駅から徒歩5分。JR木曽川駅から徒歩10分
■自動車アクセス:http://kisogawa-aeonmall.com/static/detail/access を参照
■営業時間:10時〜22時
■電話:0586-34-8422
■定休日:年中無休
■参考記事:ポポンデッタ木曽川走行記

[link url=”https://www.popondetta.com/kirio/” title=”鉄道模型(Nゲージ)とレンタルレイアウト/ポポンデッタ イオンモール木曽川店” content=”鉄道模型(新品・中古)・レイアウト用品・鉄道書籍など鉄道模型に関する豊富な品揃えと大型のレンタルレイアウト。愛知県一宮市のイオンモール木曽川キリオの1階、駐車場完備。鉄道模型・鉄道書籍・鉄道グッズ、何でも誠実査定で買取ます。”]

⑨ホビーショップタムタム名古屋店 新/パ

あの”3割引”のお店です(笑)
1回行ったのみなので現在の状況がつかみにくいのですが、訪問当時はNゲージは非常に充実していました。今も充実しているのではないかと思いますが・・・。

公共交通アクセスが悪いので注意。

■公共交通アクセス:市バス「平田住宅」より徒歩25分
■自動車アクセス:一宮方面からR22を南下
■営業時間:平日は11時〜22時 週末は10時〜22時
■電話:0568-27-2777
■定休日:年中無休

[link url=”http://www.hs-tamtam.jp/shop/nagoya.html” title=”名古屋店 | 日本最大級の総合ホビー専門店 HOBBY SHOP TamTam(タムタム)” content=”TamTam名古屋店は、平成14年8月オープンの中部地区最大規模の店舗です。名古屋の北西に位置し国道22号線沿いに店舗を構え豊富な商品を取り揃えております。また、屋内サーキット場も併設しておりますので雨の日でも安心してご利用いただけます。”]

各店特色ある中古ショップ7店

※店舗名横の記載  新=新品Nゲージ 古=中古 ジ=ジャンク パ=Assyパーツ等の補修パーツ HO=新品HOゲージ Z=新品Zゲージ 貸レ=レンタルレイアウト併設

①ホビーランドぽち名古屋店 古/ジ

おなじみの中古専門店。店真ん中にあるジャンクバラシが最大の特徴で、増結用やパーツ取りになりそうな車両がきっと見つかるはずです(笑)
空ケースもほかの店に比べてかなり多く大量にあるのでケース不足ならまずここへ行きましょう。

値付けはやや高めですが通常の中古品は試走できます。

■公共交通アクセス:名古屋駅から徒歩5分
■自動車アクセス:ユニモール駐車場が一番近いです
■営業時間:平日は11時〜20時 週末は10時〜19時
■電話:052-571-7511
■定休日:名古屋でフェスティバルが開催されるときのみフェス直前〜フェス日が休みになります

[link url=”http://hobbyland-pochi.net/hpgen/HPB/entries/45.html” title=”鉄道模型&TOY専門店 ホビーランドぽち名古屋店 ホビーランドぽち/鉄道模型(Nゲージ・HOゲージ)&TOYの通販・買取” content=”ホビーランドぽち名古屋店のお店紹介ページです。入荷情報などお店の最新情報を発信しています。鉄道模型の販売と買取はぽち名古屋店にお任せ下さい。”]

②BOOKOFF SUPER BAZAAR 栄スカイル店 古/ジ

BOOKOFFの大型店舗で、鉄道模型も取り扱いがあります。

値付けはやや高めですが、海外HOについては圧倒的な量があります。Nゲージは単品の機関車が中心の品揃えとなっています。

■公共交通アクセス:栄駅(サカエチカ)直結
■営業時間:10時〜21時
■電話:052-238-3361
■定休日:基本無休 臨休あり

[link url=”https://www.bookoff.co.jp/shop/shop20449.html” title=”BOOKOFF SUPER BAZAAR 栄スカイル店|本を売るならBOOKOFF(ブックオフ)” content=”BOOKOFF SUPER BAZAAR 栄スカイル店の住所、電話番号、アクセス情報、営業時間、取扱商品、サービスなどについて掲載しています。”]

③ホビーオフ名古屋栄伏見店 古/ジ

伏見のハードオフ(ホビーオフ)は都心の店舗だけに品揃えはハードオフの中でも充実したレベルとなっています。
値付けは高めですが、車両は展示されているので、ひと目で状態確認できるのが嬉しい点です。

■公共交通アクセス:伏見駅から徒歩5分
■営業時間:平日11時〜21時 土日10時〜20時
■電話:052-253-7166
■定休日:基本無休

[link url=”https://www.hardoff.co.jp/shop/chubu/aichi/hardoff/201400/” title=”ハードオフ 名古屋栄伏見店(愛知県)ページ 親切丁寧な買取、リサイクルショップならハードオフグループ” content=”ハードオフ 名古屋栄伏見店(愛知県)ページ日本全国、買取強化中!買取から販売まで、安心・簡単リサイクルショップ【ハードオフグループ】是非ご利用ください!”]

④ラディッシュ 古/ジ

中古をほぼ専門とされている平針にある個人店です。値付けが他の中古店より安く、セット品や機関車を買うなら抑えておきたいお店です。

品揃えは以前よりは萎んでいますが、それでもNゲージのみならずHOゲージ、海外車両など多彩なジャンルを取り扱い品数は豊富といえます。鉄道模型以外では、ミニカーもすごい量を販売されています。

公式サイトに在庫表もあるので行かれる前に要チェックです。

■公共交通アクセス:平針駅から徒歩3〜4分
■営業時間:12時〜19時30分
■電話:052-802-0400
■定休日:水曜・第3木曜

[link url=”https://www.new-radish.com/i/index.htm” title=”Radish 携帯端末ページ” content=”TEL 052-802-0400″]

⑤カラマツトレイン名古屋店 古/ジ

上前津駅からすぐのところの中古鉄道ショップです。鉄道模型だけでなく、実物の鉄道道具や切符類の販売もされています。

値付けは前よりやや安くなりました。Nゲージも凄いのですが、HOゲージの量が半端なく、HOゲージャーなら行っておいて損はないお店です。

Nゲージもめったに見られないレア商品が所狭しと並び、壮観です。

■公共交通アクセス:上前津駅12番出口から徒歩3〜4分
■営業時間:11時〜20時(土日祝は19時閉店) 水曜日は17時30分閉店
■電話:052-961-5155
■定休日:不定休

[link url=”http://www.karamatsu-train.jp/nagoya-index.htm” title=”鉄道部品買取販売/鉄道切符買取販売/鉄道模型買取販売/鉄道買取販売専門店カラマツトレイン名古屋店(愛知県名古屋市錦)” content=”鉄道模型N・HO新古品からジャンクまで・・・セット・単品・パーツ・ストラクチャ年代モノから最新まで”]

⑥まんだらけ名古屋店 古
⑦ジャングル名古屋店 古

2店とも、大須にある中古ホビーショップですが、ここにも鉄道模型コーナーがあります。
品数は多くはないですが、時折掘り出し物も出てくるので、時間があったら見てみると良いでしょう。

近所のリサイクルショップも回ってみよう!

ここまで、名古屋エリアの鉄道模型店をご紹介しました。

しかし、鉄道模型(特に中古)を売っているお店はまだまだあります!

新品Nゲージなら、各地のジョーシンに入っているキッズランドでも一部取り扱いがあります。

中古Nゲージを買うなら、ブックオフハードオフ・ホビーオフ買取王国、お宝市番館、セカンドストリートなど近所のリサイクルショップは掘り出し物があることも結構多いし、悪く言うと無知な店員が値付けをしていることも多いので、動作確認をしない一方で専門店なら付けないであろうかなり安い値付けをしていることも多々あります。

キリがないので各店の特徴までは省きます。ぜひ皆様の足で足を運ばれてみてください。

この記事に掲載していない店舗で、載せる価値があるのでは?と思う店舗があったら掲載を検討しますのでコメントください。

ヤフオクやメルカリで中古探しも楽しいですけど、たまにはリアル店舗で実際に見て触って見るのも非常に楽しいものですね。

に投稿 コメントを残す

ひょんなことからお泊り会(後編)

 

https://test.tetsupara.net/archives/2388

さて次の日ですが、朝起きたらなんと11時でした(;´Д`)
人様の家でこんなに寝ていては……と思っていましたが、とうのご本人さんがぐうたら寝てました(笑)

この日は近所のリサイクルショップを2件まわり、いろいろ見てきました。


オーディオ趣味もある彼は「ハードオフのジャンクコーナーにあるミニコンポとそれなりのスピーカーを買うと良いね」と言います。私はアパート暮らしもあってずっとイヤホン派なのですが、「イヤホンは難聴の原因になるから、避けたほうが無難」とのこと。確かに、それは納得できます。

彼は、更に付け加えました。
「ウチに余ってるミニコンポがあるから、あげるよ」、と。

いったん戻り、そのミニコンポの実機を見せていただきました。
パソコンデスクの取り換え作業をしてくれたらタダでいただける、ということで古い机の運び出しとデスクの組み立てをして、彼の家のメインパソコンまわりが一新。

“一宿一飯の恩義”が終わり、もちろん報酬はいただけるのですが、報酬はミニコンポだけに終わりません。
Nゲージャーであることを周知している彼。
「鉄道模型、いらないからあげるよ」
と言われ、それも引き取ることになりました。
内容としては、昔のTOMIXベーシックセットSPⅡの300系以外全て(300系はこの日発見できなかった模様)と、増設用のS280・S140各10本、そして客車車両を計24両いただきました!


つまり、我が家でTOMIXレールだけでついに遊ぶことが可能になるのです。
こんな嬉しいことはありませんね。

さて、話を戻しますと、時刻は午後4時。


そこから途中ハードオフへ寄って、私の家で行くことに。
最寄りスーパーで半額になった寿司を購入し、私の家でご馳走。
そして、彼は帰って行きました。

 

んで、そのいただいたミニコンポですがビクターのSS-D5MDという2002年の製品。


スピーカーは変わった形をしてますが、当時の最新技術を駆使してミニコンポの中ではトップクラスの音質を実現したのだとか。
デジタル入力も可能で、PC音源もこのコンポ経由で流すことが可能です。
とりあえずアナログ入力で再生してみましたが、PCスピーカーでは考えられない程の重低音がふわっと響き渡ります。
イヤホンで聞いている時と、それほど遜色ない音色で気に入りました\(^o^)/

 

Nゲージの話は次にしましょうかね。

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧