に投稿 コメントを残す

ベルトドライブの高級レコードプレーヤー「MICRO MR-611」で遊ぶ!

今日はこんな記事です

オーディオシステム構築から1年、ようやくレコードプレーヤーにもグレードアップのメスが入りました。マイクロの「MR-611」は1970年代初頭を代表するハイエンドモデル。しっかりとした作りのキャビネットが所有感を感じさせてくれる、味のあるプレーヤーです。

レコードプレーヤーがついに交代へ

去年5月のオーディオシステム構築以降、レコードプレーヤーはテクニクスのSL-D303が一台のみでした。実はいっときだけオーレックスのプレーヤーがいましたが、調子が悪かったので、すぐいなくなりました。

SL-D303はエントリーモデルで、これを言うと譲ってくださったイトケンさんに怒られるかもしれませんが、硬い音で僕の望む音ではなかったように思えます。確かに最初のときはレコードそのものがすごく新鮮で色々かけてましたが、すぐ飽きてしまったのです・・・。

アンプやCDプレーヤー、スピーカー等が順次アップグレードされていく中で、今年に入ってからレコードプレーヤーの置き換えの計画が持ち上がりました。もちろん、“音色のいいやつ”へのグレードアップです。

今回の置き換えも、例のごとくイトケンさん主導でイトケン邸に眠るマシンが我が家にやってくる、という体です。

機種は、マイクロ精機の「MR-611」に決まりました。

70年代初頭のハイエンドモデル「MR-611」

マイクロ精機(以下、「マイクロ」)はかつて存在したオーディオメーカー。とりわけベルトドライブ方式のレコードプレーヤーを得意とし、糸ドライブ方式の高級機をリリースするなど、高い技術力を持っています。なのでマイクロというとレコードプレーヤーのイメージが強い方が大多数ではないでしょうか。

「MR-611」は、1970年代初頭のマイクロを代表するハイエンドモデル。当時のオーディオ界は4チャンネルステレオが流行していて、このMR-611も例外ではなく、4チャンネルに対応したことがこのMR-611や下位機種の広告でよく謳われていました。

4ch対応が謳われたMR-611の広告

この機種もベルトドライブを採用し、8極ヒステリシス・シンクロナスモーターのMB-600で駆動し31cmのターンテーブルをドライブしているのだそう。

当時の定価は49,800円と当時のマイクロのフラッグシップであっただけに、当時の庶民からすれば相当高嶺の花であったことは間違いないでしょう(当時のリーマンの平均月給1ヶ月分らしいです)

https://audio-heritage.jp/MICRO/player/mr-611.html

さて、ウチにやってきたこの個体、イトケン氏によれば、イトケン邸の台所で何年もの間眠っていたらしいです。うず高く積み上げられたオーディオマシンの山に何年も埋もれていた理由は不明です。

電源ケーブルがもともとなかったらしく、汎用のものでもないため、電源ケーブルはイトケンさん側で改造された状態でやってきました。

キャビネットは厚さ19cmのローズウッド仕上げのもので、しっかり作られています。質感はものすごく良く、いつも口にしている”高級感”ではなく、マジモンの高級品です。

アーム横に小物が入れられるポケットがあり、使い勝手も良さげです。

MR-611はマニュアル操作のプレーヤーなので、アームの上げ下げは手動で行う必要がありますが、この手間が逆に新鮮で面白いと思ってしまうのは、近頃レトロなものを好む若い人と同じ考えですかね?

多彩な針とともに

MR-611にはもともと純正のVF-3200という針が付属していて、これも譲り受けたのですが、それとは別に動作確認の目的も兼ねて5本のMMカートリッジをレンタルしています。以下の5本です。

  • SHURE M75B(グレースのシェル)
  • AIWA AN-8745(純正シェル)
  • Ortofon FF15X MkⅡ(ソニーのシェル)
  • PIONEER PS-600(純正シェル)
  • PIONEER PC-330/Ⅱ(純正シェル)
常用カートリッジはPC-330/Ⅱ

ザッと比較した感じでは、パイオニアのPS-600が一番の好みでした。メリハリがちゃんとしたパイオニアらしい元気で明瞭なのが、気に入りました。
あと、アイワが思った以上に健闘してます。

Amazonで1200円のデジタル針圧型を買ったので、素人の僕でも簡単にカートリッジの交換ができるようになりました。

このカートリッジ5本(+VF-3200)の比較は、また気が向いたら書いてみようかな、と思ってます(笑)


それにしても、MR-611に変わって、硬さがだいぶ取れました。立ち上がりが良く、モヤッとした感じがないだけでも、気持ちいいものです。

ハードオフのジャンクで買った、サンスイが猛プッシュしたとも言われている小椋佳のレコードを聴いて、ハッとしました。このレコードは4チャンネル録音のレコードらしいのですが、STAXのイヤースピーカーで2chで聴いていても、(前奏の)波が後ろからシュワー!って打ち寄せる音、SLの汽笛の音、雷鳴の音、どれもがリアリティにあふれています。風情を頭の中で思い浮かべることができる、いや、感じさせてくれる力が、前のテクニクス機にはまったくなかったような気がします。

アイワのカートリッジはふわっとした柔らかさが特徴で、リラックスして聴くと心地良い

そういう意味で、普段はCDやPCでアニソンとかわりかし最近の曲ばっかりですが、なにも予定がなくて家でゆっくりできる週末、レコードをかけて情緒にあふれた昔の曲、クラシックを聴くのもまた乙だな、と思いました。

これからも、週末のお供として活躍するはず。今年のお盆休みは、ゆったりとレコードを聞いて楽しみたいと思ってます。

に投稿 コメントを残す

僕のアナログオーディオの原点「Technics SL-D303」

今日はこんな記事です

去年5月のオーディオシステムの導入と一緒にやってきたのが、「SL-D303」というテクニクスのレコードプレーヤー。今までアナログオーディオをやっていなかった僕が、はじめてレコードというものに触れ、アナログオーディオの良さを実感した、思い入れのあるプレーヤーです。

Technics SL-D303との出会い

オーディオシステムを導入して、8ヶ月が経ちました。

そうです、まだ8ヶ月しか経っていないのですが、東京の秋葉原や名古屋大須の街のごとく、目まぐるしく変化しています。去年5月に導入したオーディオシステム1号と2号の機材は、そのほとんどがあとから来たより良い機材へと置き換えが進み、僕のもとから去っていくのでした。ひとつを除いて、ね。

その中で、5月の導入時から唯一残存しているのが、Technicsテクニクス SL-D303」というレコードプレーヤーです。

「Technics SL-D303」 はダイレクトドライブを採用したレコードプレーヤーで、定価¥39,800のエントリーモデルです。 レコードサイズ自動検出、レコード有無検出機能を搭載し、フルオート再生のできるモデルです。

SL-D303が発売された1981年は翌年に登場するCDの登場前夜で、技術的にも成熟した時期で、レコードの全盛期でした。この時期は各社が競ってエントリークラスから超弩級の高級モデルまで、多彩なラインナップを揃えていました。SL-D303も、そのうちのひとつです。

スポンサードリンク

アナログの愉しみを知る

ボディはシルバーカラーで、高級感には乏しいですが、古臭さを感じにくいシンプルなデザインとなっています。この時期は樹脂(エンジニアリングプラスティック)をボディに使用したレコードプレーヤーが流行となり、テクニクスを先駆に、各社が競って登場させました。

針は同じくテクニクスの270C(270Dかも?)というMM式カートリッジで、こちらもエントリーモデルらしいです。

レコードはハードオフのジャンク箱から集めています。JPOPからジャズに至るまで、一枚50~100円程度でいろいろ揃えました。なかでも、カーペンターズがお気に入りでよく聴いています。

カーペンターズはAmazon MusicとかHDD内の音源でも聴くのですが、レコードで聴くカーペンターズは、また違った雰囲気というか輝きを放っているかのようです。同じ曲でも、PCで聴くそれよりハキハキと歌っているかのようです。思った以上にクリアで低域もよく出ている印象です。

そして、デジタルオーディオとは違い、“眺める愉しみ”もレコードならではです。ホコリを起因としたパチパチノイズや、波打ち反っているレコード盤に針が追従する姿は現代オーディオではまず楽しめないじゃないですか。それが楽しめるだけでもめっちゃワクワクします。

現行機種より昔のモデルのほうがずっと良い

近年アナログオーディオが復権を遂げてきています。レコードはアナログオーディオ復権の牽引役で、昔からのマニアはもちろん、今の若い世代にも人気があり、あいみょんなど最近人気のアーティストのレコードが出るほどです。それを反映してか、レコードプレーヤーはここ数年日本メーカーから中華メーカーまで、多種多様のモデルが発売されています。

しかしながら、レコード全盛期当時のレコードプレーヤーに勝るものはないと言っても過言ではありません。

なぜかというと、今のレコードプレーヤーは価格が極端に高いか安いかしかなく、その上価格に関わらず音質や作りがあまりにも良くないためです。当然、音色など語れたものではないのです。

1万円しないIONアイオン等のエントリーモデルとかはもちろん、10万円以上するデノンのハイエンドモデルですら構造上ノイズが出てしまうようなお粗末な造りとなっているようです。それに、デノンのハイエンドも含めてベルトドライブが主流で、ベルトの摩耗から考えると耐久性の面でも疑問符が付きます。

だからこそ、昔の、作りと音の良かったレコードプレーヤーに触れてほしいな、と思います。

新品よりも安く手に入るし、構造が良いので音色の良いモデルも多いですからね(ただしテクニクスは全体的に硬い音で音色はあまり良くないけどw)


ところで、ここまで我が家で活躍し続けてきたSL-D303ですが、ついにレコードプレーヤーの置き換えの話が持ち上がりました。

ですが、レコードプレーヤーは1台しか今のところありませんので、SL-D303をサブシステムに回すことでまだまだ続投できるかな、と思っています。