に投稿 コメントを残す

【WordPressをはじめよう!#01】サイト設定とテーマ変更

 

WordPressの基本中の基本を解説

WordPressって難しそうだなって思われるかもしれません。

でも、実際は思った以上に簡単にブログを作って発信することができるのです。

 

今回、「イトケンの隠れ家」のホームページ(閉鎖中で再開を希望)とブログ(現在アメーバブログにて更新)のWordPress等のウェブサイトへの移行を僕が担当することになりました。

今回はその移行のためのテストサイトを簡単な項目を解説しながら実際に作っていきますので、ぜひ参考にしてください。

 

[adchord]

 

ドメインを用意する

まずは、ドメインを用意します。Google Adsenseなどを利用するには独自ドメインが必ず必要になります。法人運営や大規模サイトを作ろうと思っている方はぜひ契約しましょう。
独自ドメイン不要の方はこの工程を飛ばしてレンタルサーバーの契約へ進んで構いません。

独自ドメイン取得でのおすすめは「お名前.com」です。

 

レンタルサーバーの契約

無料でも有料でもレンタルサーバーの契約は必須です。まずは、以下の記事を参考にどのレンタルサーバーを使うかを決めます。

【Yahoo!ジオシティーズ終了!】乗り換えにおすすめのレンタルサーバーを一挙紹介!(有料編)

【Yahoo!ジオシティーズ終了!】乗り換えにおすすめのレンタルサーバーを一挙紹介!(無料編)

使用するレンタルサーバーが決まったら、契約・申込みへと進みましょう。契約が済んだら、ドメイン設定を進めていきます(独自ドメインにしない方はここでレンタルサーバーのサブドメインがもらえます)

契約の仕方とドメイン設定は各レンタルサーバーのマニュアルを参照ください。

データベースの用意

WordPressにはデータベースが必要です。そのため、レンタルサーバーの設定が済んだら、データベースを新規作成する必要があります。

これも各レンタルサーバーのマニュアルを参照の上、行ってください。

さくらのレンタルサーバのデータベース画面

 

なお、カゴヤ・ジャパンWordPress専用サーバーエックスフリーのWordPressプランなど、データベースの作成や下記のWordPressインストールを不要にしているレンタルサーバーもあります。

WordPressのインストール

いよいよ、WordPressのインストールです。

これも各レンタルサーバーのマニュアルを参照の上、インストールします。

 

インストールして10分くらい後にドメインにアクセスして、以下の画面が出たらOKです。

この画面に入力する項目ですが、以下のようになっています。

  • サイトのタイトル・・・自分が使いたいタイトルを入力
  • ユーザー名・・・英数字などを用いたアカウント名を決めます
  • パスワード
  • メールアドレス
  • 検索エンジンでの表示・・・チェックを入れると検索エンジンで引っかかりません。テスト運用等ですぐ公開しないならチェックしておくといいでしょう。

これが済めば、ユーザー名(またはメールアドレス)とパスワードでログインできるようになり、WordPressブログをスタートできます。

キャッチフレーズを入れよう

ログインすると、管理者画面になります。管理者画面は「ダッシュボード」とよばれます。

左のバーの「設定」→「一般設定」へと進めます。

 

上から2つ目、「キャッチフレーズ」は検索エンジンでの表示などに用いられます。自由に入力してください。

キャッチフレーズの入力とURLの確認が終わったら一番下の「保存」ボタンをクリックします。

テーマのインストール

WordPressでいう「テーマ」は、デザインテンプレートのことをさしています。

デフォルトテーマもシンプルでいいのですが、機能が少ないのでテーマを変えてみましょう。

①ダッシュボードからインストールできる場合

ダッシュボード「外観」→「テーマ」→上の「新規作成」と進みます。

 

①右の検索バーに入れたいテーマ名を入力(途中まででもOK)
②インストールしたいテーマ名の右にある「インストール」ボタンをクリック。
③インストールが終わると、ボタンが「有効化」に変わるのでそれをクリック

有効化が済めばテーマが自動的に切り替わります。

②アップロードしてインストールする場合

テーマによってはダッシュボードからインストールできず、任意のサイトからダウンロードしてそれをアップロードすることで利用できるようになるものもあります(通称「野良テーマ」といいますが安全ではないとかでは全くありません)

ここでは定番テーマ「Simpilcity」の作者さんが後継テーマとして作られた「Cocoon」をインストールしてみます。

まずは、「Cocoon」のダウンロードページヘアクセスします。

親テーマと子テーマがありますが、両方ともダウンロードします。

 

ダウンロードが終わったらダッシュボードの「新規作成」ページへアクセスし、上の「テーマのアップロード」ボタンをクリック。

テーマファイル(ZIP)を選択し、アップロードします。親テーマと子テーマで2回繰り返します。

子テーマのインストールが終わったら、子テーマを有効化して完了です。

 

「子テーマ」というのは親テーマと呼ばれる別のテーマの機能とスタイルを継承したテーマで、テーマ更新で設定がリセットされないので、子テーマが推奨されています。

 

「Cocoon設定」項目でいろいろいじって記事をいくつか加えると、こんな感じになります。

まとめ

今回はテーマのインストールまでを紹介しました。

WordPressにはドメインとサーバーを別に用意する必要があるので、まずはこの2つを用意しましょう!

 

次回は、ブログ記事の書き方を解説していきます。



★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧
に投稿 コメントを残す

【緊急更新】Yahoo!ブログが終了!今から乗り換え先を検討しよう!

Yahoo!ブログ 終焉へのカウントダウンが開始

残念なお知らせです。

Yahoo!がジオシティーズに引き続き「Yahoo!ブログ(以下、ヤフーブログ)」を今年12月15日を持って終了させることが本日発表されました。

リンク:Yahoo!ブログ サービス終了のお知らせ

 

ヤフーブログはジオシティーズとともにネット黎明期から莫大な数の情報発信を担ってきた無料ブログサービスの一つです。かつても僕もヤフーブログを運営していました(閉鎖済み)

 

現在ヤフーブログで運営されているブロガーの方がブログを継続するにはブログの移転が必要ですが、現時点で選択できるのはアメブロ等の無料ブログサービスか、WordPressを構築するか、の2点に絞られてきます。

今回は、無料ブログサービスの解説と、WordPressのメリット・デメリットについてお話します。

 

※急ぎ足で書いているため、間違っている箇所があるかもしれません。間違いを見つけましたら訂正しますのでコメントでご指摘をお願いいたします。

 

[adchord]

 

①無料ブログサービスを解説!

■アメーバブログ(Ameba blog)

公式ツールでの移行は5月9日から

  • 容量:1TB
  • 独自ドメイン:×
  • SSL(https):○
  • アフィリエイト:楽天・ユニクロ・Amazon・A8net Google AdSenseは×
  • アダルト:×
  • 商用利用:×
  • 有料オプション:なし

通称アメブロ芸能人などの著名人が数多く利用しているのが特徴です。

アメーバの力もあって検索では上位に来やすいですが、独自ドメインは使用不可でアフィリエイトも制約があります。自由度は低いです。

イトケンさんのブログもアメーバブログを利用されています。

【公式サイト】アメーバブログ

■ライブドアブログ

公式ツールでの移行は5月9日から

  • 容量:公称10GBだが満杯に達したら拡張可能(アダルト等除く) なので実質無制限
  • 独自ドメイン:○ 無料
  • SSL(https):×
  • アフィリエイト:楽天・Amazonなど各種OK Google AdSenseは独自ドメインでOK
  • アダルト:○
  • 商用利用:○
  • 有料オプション:なし

LINEが運営するブログサービス。よく某掲示板まとめブログで利用されているので知っている人も多いかと思います。

メリットとしては独自ドメインが無料で利用できるほか、アダルトブログの運営もOKです。

ダメな点としては現時点でSSL化に対応していない点で、安心感にはやや欠ける印象です。また、デザインカスタマイズも今一歩というところです。

【公式サイト】ライブドアブログ

■Seesaaブログ(シーサーブログ)

公式ツールでの移行は5月9日から

  • 容量:5GB
  • 独自ドメイン:○ 無料
  • SSL(https):×
  • アフィリエイト:楽天・Amazonなど各種OK Google AdSenseは独自ドメインでOK
  • アダルト:○
  • 商用利用:○
  • 有料オプション:プレミアムプランあり

Seesaaブログは無料でブログを5つまで開設できます。

ライブドアブログ同様に独自ドメインは無料で、アフィリエイトの制限もほぼありません。

有料オプションの「プレミアムプラン」は、データ容量が無制限となるほかCSV形式のダウンロードなどにも対応しています。

デメリットはライブドアブログと同じでSSL化がまだされていない点です。

【公式サイト】Seesaaブログ

■はてなブログ

公式ツールでの移行は7月上旬から

  • 容量:300MB/月
  • 独自ドメイン:△ 有料OP
  • SSL(https):○
  • アフィリエイト:楽天・Amazonなど各種OK Google AdSenseは独自ドメインでOK
  • アダルト:○
  • 商用利用:○
  • 有料オプション:Proプランあり

アメブロと並ぶ定番中の定番

最大のメリットはデザインのカスタマイズなどの自由度が非常に高いことで、自分でCSSなどをいじってデザインに拘りたいかたは、はてブロ一択です。

独自ドメインは有料オプション「はてなブログPro」の契約が必須で月額料金もややお高めなのがちょっと残念ですが、後述するWordPressブログに引けを取らないほど発信力の高いブログにすることも可能です。

もちろんブログ初心者でも簡単に投稿できるのでおすすめです。

【公式サイト】はてなブログ

 

以上、4サービスがYahoo!公式で移転先として紹介されている大手ブログサービスです。

その他のブログサービスもあわせて紹介します。多すぎるので有名or容量大きめのに絞ってみました(※ヤフーブログからの移転は手動になります)

■FC2ブログ

  • 容量:10GB 有料版は無制限
  • 独自ドメイン:△ 有料版のみ
  • SSL(https):×
  • アフィリエイト:各種OK。Google AdSenseは独自ドメインでOK
  • アダルト:?
  • 商用利用:○
  • 有料オプション:有料版あり

FC2ブログは、Yahoo!ブログと並ぶ老舗のブログサービス。

容量が10GBと無料ブログの中でも多い方で、カスタマイズの自由度も高いのが特徴。有料版なら独自ドメインも可能で機能は充実していますが、スマホ版の表示などがやや時代遅れなデザインとなってしまうのが残念なところです。

頻繁に更新される人におすすめ。

【公式サイト】FC2ブログ

■楽天ブログ

  • 容量:10GB
  • 独自ドメイン:×
  • SSL(https):×
  • アフィリエイト:楽天アフィリエイトなど各種OK
  • アダルト:?
  • 商用利用:?
  • 有料オプション:なし

楽天が運営しているブログサービス。

当然ながら楽天の各サービスとの連携に優れており、楽天市場の商品レビューや楽天アフィリエイトを用いたアフィリエイトに向いています。容量も10GBと多めです。

ただし独自ドメインは非対応で、HTMLやCSS編集が不可でカスタマイズ性も薄いです。

【公式サイト】楽天ブログ

■gooブログ

  • 容量:3GB 有料版は1TB
  • 独自ドメイン:△ 有料版のみ
  • SSL(https):×
  • アフィリエイト:△ 有料版のみで各種OK。Google AdSenseは独自ドメインでOK
  • アダルト:?
  • 商用利用:○
  • 有料オプション:有料版あり

gooブログはシンプルで簡単かつ使いやすいのが特徴です。

先日スマホ版のリニューアルがなされ、より読みやすく、シンプルで洗練されたデザインへと変貌を遂げています。

無料版はやや物足りない感じもしますが、191円の「gooブログアドバンス」を契約すると、充分使いこなせることができるようになっています。

【公式サイト】gooブログ

■ココログ

  • 容量:2GB
  • 独自ドメイン:△ オプションパック以上で利用可能
  • SSL(https):× 5月以降で対応予定
  • アフィリエイト:楽天・Amazonなど各種OK Google AdSenseは独自ドメインでOK
  • アダルト:?
  • 商用利用:○
  • 有料オプション:あり

個人的には、鉄道模型ファンが好んで使っていらっしゃる印象を受けます。

投稿も簡単で、趣味ブログにはちょうどいいくらいのスペックだと思います。容量は2GBと少なめです。

現在、リニューアルが進んでいて、SSL化やAMP対応(有料プランのみ)など機能拡充が予定されています。

【公式サイト】ココログ

■Blogger

  • 容量:1GB
  • 独自ドメイン:○
  • SSL(https):△ 独自ドメインは非SSL
  • アフィリエイト:楽天・Amazon・Google AdSenseなど各種OK
  • アダルト:?
  • 商用利用:○
  • 有料オプション:なし

Googleが提供しているブログサービス。

Googleらしくシンプルにまとまっていてクールです。

Bloggerのいいところは、独自ドメインでなくてもAdSenseが利用できることで、アフィリエイトにも向いています。

ただやや使い勝手に癖があるほか、独自ドメインにするとSSLでなくなる点に注意が必要です。

【公式サイト】Blogger

■Tumblr(タンブラー)

  • 容量:無制限
  • 独自ドメイン:○
  • SSL(https):×
  • アフィリエイト:各種OK。Google AdSenseは独自ドメインでOK
  • アダルト:?
  • 商用利用:○
  • 有料オプション:なし

どっちかというと、ブログかというよりはSNSに近く、SNSに慣れている方におすすめです。

インスタグラムとの相性が良いらしく、インスタグラムで写真をアップロードされている方におすすめです。

【公式サイト】Tumblr

■Ameba Ownd

  • 容量:無制限
  • 独自ドメイン:○
  • SSL(https):△ 独自ドメインは非SSL
  • アフィリエイト:各種OK。Google AdSenseは独自ドメインでOK
  • アダルト:?
  • 商用利用:○
  • 有料オプション:プレミアムプランあり

アメブロを運営しているAmebaのホームページ作成サービス。

アメブロと違う点は独自ドメインOK、容量が無制限、商用利用OKなどの点でOwndのほうがスペックが上です。

加えて固定ページを10ページまで作れる(有料プランだと無制限)ので、小規模なホームページ的運用も可能です。広告表示が目立たないのも◎で、アメブロとの連携機能も充実。

Blogger同様サブドメインの場合はSSL、独自ドメインだと非SSLです。

【公式サイト】Ameba Ownd

②せっかくだからWordPressをはじめよう!

■WordPressとは?

「WordPress」は、簡単に言えば自由自在でオシャレなブログを作れるツールです。当ブログもWordPressで動いています。

WordPress単体では動かすことができず、別にレンタルサーバーが必要です。

WordPressを動かせるレンタルサーバーも無料・有料と多種多様で、ウチみたいな個人の趣味ブログから大規模法人ブログまで何でもカバーできます。

 

レンタルサーバーについては、ジオシティーズ終了告知が出た際に解説していますので、ぜひご参照ください。

【Yahoo!ジオシティーズ終了!】乗り換えにおすすめのレンタルサーバーを一挙紹介!(有料編)

【Yahoo!ジオシティーズ終了!】乗り換えにおすすめのレンタルサーバーを一挙紹介!(無料編)

■WordPressのメリット

  • 自由自在、オンリーワンのブログが作れる
  • 動的でオシャレなデザインを実現できる
  • 今回のようなブログサービスの終了に縛られない(ただしレンタルサーバーの縛りはある)
  • 自分の置きたいところにウィジェットや広告が置ける
  • 豊富なプラグイン(追加機能)
  • 豊富なテーマ(デザインテンプレート)
  • 先人たちのTIPSが大量に参照できる
  • 固定ページを作れるのでホームページとの統合が可能
  • レスポンシブに対応(スマホでも同一テーマ・デザイン)
  • レンタルサーバーの容量をオーバーしない限り、容量の制限がない

■WordPressのデメリット

  • ある程度のHTMLとCSSの知識を要する
  • 単独では動かない。
  • データベースを必要とする。データベース容量が大きいとブログが重くなる

■知識がなくても大丈夫?

実はWordPressはそれほどの知識がなくても大丈夫です。

先人たちが使い方の解説から、各種テーマやプラグインのレビューまで幅広く情報を公開してくれているから、困ったときも安心です。

最新版のホームページ・ビルダーにはWordPressブログを作る機能があるので、HTMLってなーに?って人でもWordPressは始められます(←ココ重要

まとめ

自分がいいな、と思ったところを使えばいいのです。

無料ブログサービスだと広告表示は避けられないし、機能的にも似たり寄ったりな部分が多いです。

でもせっかくだから流行りのWordPressでブログを書いてみるとまた違った世界が見えますよ・・・?

公式ツールでの移行開始はまだ2ヶ月以上先の”改元後”なので、じっくりと検討し、テストブログを動かしてみてから決めるのも全く遅くないでしょう。

「WordPressの作り方」順次公開予定

ある方からWordPressサイトを作って欲しいと頼まれたのもあって前から計画していましたが、僕がWordPressでテストブログを作る手順ややり方を順次解説していきたいと思います。

ぱらちゃん
ぱらちゃん

ぜひこの機会にWordPressに移行してみましょう!

 






 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧
に投稿 コメントを残す

Yahoo!ジオシティーズから他サーバーへの移行方法を解説!(WordPress編)

 

HTMLだけを移行させたいという方はこちらをご覧ください。

WordPressでホームページを作ってみよう!

■WordPressとは?

そもそもWordPressとはなんぞや?と思われる方も多いかと思います。

WordPressとは、簡単に言えば「ホームページ機能を含んだブログツール」です。

 

一昔前だと私もそうでしたが、HTMLサイトとは別でAmebaやYahoo!ブログのような無料ブログをやっていた方もいらっしゃるはずです。

WordPressなら、このHTMLサイトの要素(WordPressでは「固定ページ」と呼んでいます)とブログの要素をまとめられるので管理が楽です。

しかもバリエーション豊かなデザインテーマやプラグイン等で自分の好きなようにカスタマイズできることもWordPressの利点です。
ブログ記事の投稿も、固定ページの更新も、場所やデバイス問わず好きなように更新できるのも魅力といえます。

 

難しそうに思えがちですが、ドメインとサーバが取得できれば簡単ですし、今は普及率も高いので先人の方々のブログなどに各種テーマやプラグインなどの使い方が解説されていることも多いのです。

 

今回は前回と同じくジオシティーズに置いている「復刻版 ぷよぷよ王国」(http://www.geocities.jp/●●/)を、WordPressを使った今どきのサイトに”進化”させつつ移転させるまでの方法を解説。当記事ではWordPressインストールのところまでを解説します。WordPressインストール後の使い方やカスタマイズについては先人の方々が詳しく解説させているので、ググってくださいm(_ _)m

■SSLが使える無料サーバー

今回使うサーバーは「XREA FREE」にしました。

XREAは無料レンタルサーバーで唯一独自SSL「Let’s Encrypt」に対応していて、セキュリティの面で強みがあります。64GB使えて広告を無しにできるPlusプランもおすすめです。

ジオシティーズ移行者向けに広告無料のキャンペーンを打ち出してくれているのですが、そのキャンペーンではWordPress不可なため、WordPressを使いたい方は移行キャンペーンではなく広告ありですが通常通り申し込みましょう。

今回はせっかくなので、独自ドメインを取得します。今回は「エックスドメイン」さんで取得することにしました。
エックスドメインでは今月いっぱいxyzドメイン5円セールを実施しています。xyzドメインは汎用性が高くおすすめドメインの一つです。

ドメインの取得

↓エックスドメインのサイトへアクセスします。




左の「新規取得」をクリック。


入力欄に希望のドメインネーム(例:www.tetsupara.netの「tetsupara」の部分)を入力し検索。


空きがある場合は緑文字で表示ができます。希望のドメインのラジオボックスにチェックを入れて手続きに進みます。


支払い方法を選択。エックスドメインではクレジットカード、コンビニ払い、銀行振込、ペイジーが使えます。ソフトバンクカードのようなブランドプリペイドやデビットもOK。


規約に同意して、申し込みます。


この画面が出たら終了です(コンビニ払いや振込の方は支払いを済ませてください)

 

<スポンサードリンク>



 

ネームサーバーの設定

支払いが済んだらエックスドメインへログインし、ドメインパネルを開きます。

 


ネームサーバー情報を編集します。


「NS1(〜5).VALUE-DOMAIN.COM」と上写真のように入力し、ネームサーバーを変更してください。

サーバーの申込

XREAトップページの「無料アカウント作成」をクリックし、ページの指示に従って「VALUE-DOMAIN」のアカウントとXREAのアカウントをそれぞれ作成します。

XREAアカウント作成時に「s1007」のようなサーバーを指定されるので、このサーバー名を覚えておきましょう。

不明なところはマニュアルを参照してね。

DNS設定


XREAアカウント作成まで終わったら、VALUE-DOMAINのコンパネへログインし、「無料ネームサーバー」→「他社登録しているドメインを登録」をクリック。

 

取得したドメインを入力します。


赤枠の部分、先ほどXREAアカウント作成で出たサーバーを選択し、保存ボタンを押してください。

DNSの浸透には通常は数十分〜数時間かかるので、ここで休憩するなり寝るなりして待ちますw

XREAのドメイン設定

コンパネの「ドメイン設定」画面より、「新規追加」を選択。


選択先の画面でドメイン(例:www.2424kingdom.xyz)を入力すれば完了です。

 

続いてサイト設定。同じように「サイト設定」の右上に新規追加ボタンがあるのでクリック。

設定画面はこんな感じ↑SSLは無料SSLを選択してください。

データベースとWordPressのインストール

サイト設定までできたら、データベースのインストールです。「データベース」画面より新規作成します。

↑は作成後の変更後の画面ですが、ほぼ同じような設定画面になります。ユーザー名は登録ID名が入力済だと思うので、任意のパスワードを決めます。

データベースの作成には5分ほどかかるので、待ちましょう。

 

 

データベースの作成が終わったら、いよいよWordPressインストールです。

「サイト設定」→先ほど作成したサイトを選択して、一番下の「CMSインストール」へ。
左の「WordPress」をクリックすれば自動的にインストールが始まります。
WordPressも5分ほどかかるので、もう一息のところですが休憩です。

 

5分経ったら、設定したサイトドメインをブラウザのドメイン欄に入力して、移動。


WordPressのセットアップを促す画面になるので、画面に従って進みます。


途中データベース接続のための入力があります。「ユーザー名」に先程のデータベースのユーザー名を、パスワードも同様にデータベースのパスワードを入れます。「データベース名」もユーザー名と同じ名前にしておくとスムーズなようです。

後は画面に従っていけばインストールが終了。

ダッシュボードにログインして、サイト構築を始めましょう!

WordPressの使い方

WordPressの詳しい使い方やカスタマイズ、テーマ等は先人の方々により多々の解説があるので、そちらにお任せしたいと思います。

 

WordPressの使い方
検索

ジオシティーズからの移行設定

以前解説したのと同じやり方です。そちらをご覧ください。

Yahoo!ジオシティーズから他サーバー(エックスフリー)への移行方法(HTML編)

デモサイト

駆け足で記事を書いているので、現在作成中です(近日公開予定)

まとめ

XREAは無料で多機能な点は良いのですが、使い方がとっつきにくいところがあります。この記事の内容を参考にして設定を行ってください。

最後駆け足になりましたが、ジオシティーズから一つでも消滅するサイトが減ってくれることを期待しています。

 





★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧
に投稿 コメントを残す

Yahoo!ジオシティーズから他サーバー(エックスフリー)への移行方法(HTML編)

 

【最終更新日】2019.2.3
2018年12月に「エックスドメイン無料レンタルサーバー」が「エックスフリー」へサービス変更したことに伴い、加筆訂正しています。機能面で大きな変更が無いため、基本的にエックスドメインだったときの手順のまま解説しています。

 

Yahoo!ジオシティーズが来年3月でサービス終了となるため、ジオシティーズユーザーさん向けに先日レンタルサーバーを有料・無料と分けて紹介しました。

【Yahoo!ジオシティーズ終了!】乗り換えにおすすめのレンタルサーバーを一挙紹介!(無料編)

【Yahoo!ジオシティーズ終了!】乗り換えにおすすめのレンタルサーバーを一挙紹介!(有料編)

 

今回は、実践編その1として、もし自分がHTMLサイトをジオシティーズから移行するならという前提の元で実際にサーバー移行をやったときの手順を詳しく解説したいと思います。

ジオシティーズユーザーに限らず、サーバー移行に不安のある方必読です!

サーバーの選定

今回移転させるHTMLサイトは”復刻版 ぷよぷよ王国”というサイトです。
[link url=”http://tetsupara.html.xdomain.jp/” title=”復刻版 ぷよぷよ王国” content=”ぷよぷよ王国へようこそ!!ぷよぷよ(特にフィーバー以降)についてのページが満載です。”]

旧ぷよぷよ王国

これはかつてあった当ブログの前身「ぷよぷよ王国」のうちジオシティーズで公開していた一部ページを再現・修正したものです。

 

今回はこれを、ジオシティーズ運営が紹介していないエックスフリー(旧エックスドメイン)の無料サーバーへ移行したいと思います。

■エックスフリー公式サイト


■管理人がエックスフリーをおすすめする理由

  • 運営元がXserverを運営するエックスサーバーであり、安定性に定評がある
  • HTMLサーバーの他、PHPサーバーやWordPressサーバーもあり、ステップアップが容易
  • マニュアルがわかりやすい
  • ユーザーフォーラムがあり、ユーザー間でトラブル共有や質問を行える

てつぱら!も、カゴヤ・ジャパンのWordPressサーバーに乗り換える前はずっと旧エックスドメインを使っていて、その体験をもとに評価しています。その信頼性の高さは他の無料レンタルサーバーを圧倒しています。

 

(比較表)

Yahoo!ジオシティーズ無料プラン エックスフリー HTMLサーバー
容量 100MB 1GB
広告 あり。かなり大きめで目立つバナーが複数 無し。3ヶ月以上更新しないと表示される
独自ドメイン 1個につき税込411円がかかる 10個まで無料
.htaccess なし あり
アフィリエイト バリューコマースのみ A8.net、Afi-b、バリューコマースなど好きなASPが利用可能。Google AdSenseは要独自ドメイン

もちろん、有料のエックスサーバーへのグレードアップも簡単です。



移行作業の流れと前準備

移行作業の流れは、以下の通りです。移転先がエックスフリーでなくとも、流れは同じですのでエックスフリーを他のサーバーに置き換えてお読みください。

①ジオシティーズからサイトデータをダウンロード

②エックスフリーの新規登録

③エックスフリーにサイトデータをアップロード

④ジオシティーズ側で移転先設定

PCのローカルにHTMLサイトのデータファイルを全部保存している場合は①の作業は不要です。

■ジオシティーズからサイトデータをダウンロード

①の作業が必要な場合は、ジオシティーズからサイトデータをダウンロードする必要があります。

まず、FTPソフトをPCにインストールしてください。WindowsであればFFFTP、MacならCyberduckなどがあります(以下、画像はMacのCyberduckで説明していきます。CyberduckはWindows版もあり)

FFFTPはこちら
[link url=”https://ja.osdn.net/projects/ffftp/” title=”FFFTP (エフエフエフティーピー) プロジェクト日本語トップページ – OSDN” content=”FFFTPは、2ペイン型のFTPクライアントソフトです。ローカルのフォルダとFTPサーバー側のディレクトリを同期させるミラーリング機能や漢字コードの変換機能、ファイアウォールやSOCKS、ワンタイムパスワードへの対応といった機能を備えています。
“]

Cyberduckはこちら
Cyberduck – David Kocher

 


FTPソフトが入ったら新規接続の画面で以下の項目を入力し、ジオシティーズのFTPアカウントにログインします。

FTPサーバー名:ftp.geocities.jp
ユーザーID:Yahoo! JAPAN ID
パスワード:Yahoo! JAPAN IDのパスワード
初期フォルダ:指定しない


ログインできたら新規フォルダ(名前は何でもいい)を作って、そこへドラッグ・アンド・ドロップしましょう。

ファイル数が少ない場合はジオシティーズのマイページのファイルマネージャーから直接ドラッグ・アンド・ドロップという手もあります。

 

<スポンサードリンク>



 

エックスフリーの新規登録

画像は一部エックスドメインだったときのもので解説していますのでご注意ください。

サイトデータがダウンロードできたら、エックスフリーに登録します。

トップページへアクセスして、下部バナーから新規登録しましょう。

あとは画面の指示に沿って会員登録を進めていきます。

■独自ドメインについて

もしYahoo!ドメインを利用して独自ドメインを使っている場合は、サイトを移す前に独自ドメインの移管をオススメします。

年額で比較すると、Yahoo!ドメインよりはるかに安上がりです。(.netで1年払の場合 Yahoo!ドメイン:3,086円 エックスドメイン:1,380円)

一番のおすすめはお名前.comです。



もし現在独自ドメインでない人も、独自ドメインを設定すれば覚えてもらいやすいURLにできるほか、Google AdSenseが使えるようになるなどメリットも大きいので、これを機に考えてみてください。

■HTMLサーバーを開く

会員登録が終わったら、サーバーを開きましょう。トップページ右上のログインボタンから管理パネルにログインできます。

ログインできたらサイドバーの「無料レンタルサーバー」を選択。

「HTMLサーバー」の「利用を始める」を選択します(※すでに利用していたためこの表示です)

 

そうすると新たにHTMLサーバー管理パネルが開きます。

独自ドメインを取得した方は、「ドメイン設定」の「ドメイン設定追加」からドメインを追加します(詳細なやり方は管理パネルに記載があるのでそれを読んで進めてください。エックスドメイン以外で取得した人は取得先での設定も必要です)

独自ドメインを設定しない場合は、「(ID名).html.xdomain.jp」がドメインになります。サイトURLにもなるので独自ドメインでない人もまずは確認しましょう。

■FTPアップロード

ドメインの設定まで確認できたら、FTPアカウントを作ります。
「FTPアカウント設定」→設定したいドメインの「選択」をクリック。

右の「編集」を押してパスワードを設定します。

パスワードの設定ができたらFTPソフトの新規追加で以下項目を入力。

FTPホスト:sv1.html.xdomain.ne.jp
FTPユーザー:【アカウント名】
FTPパスワード:【先程設定したパスワード】

これでアップロードするとエックスドメインのサーバーでサイトが表示されるようになります。

ジオシティーズから転送する設定

あとは、ジオシティーズからサイトが転送されるように設定します。ジオシティーズのときから独自ドメインを使っている人はこの操作不要で、デフォルトのドメインの人、移転先で新しく独自ドメインを取得した人はこれを設定する必要があります。

ジオシティーズの「ホームページの転送設定」の項目で移転先のURLを入力するだけです。

30分くらいしてからちゃんと転送されているか確認しましょう。OKだったらサイト移転完了です。

まとめ

サーバーの移転そのものは難しいものではないので、あまり知識に詳しくなくても大丈夫です。

今回はエックスフリーで解説しましたが、他のレンタルサーバーでも基本的な手順は同じなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

それでも不安だと思う方や、実際に手を入れてみたけどうまくいかない方は、アドバイスやお手伝いが可能かもしれないので、気軽にコメントください。

 








 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧
に投稿 コメントを残す

本館のサーバー移転、完了しました!

 

数日前に告知しました、てつぱら!本館(当ブログ)のサーバー移転&URL変更の工事が終了しました。
期間中はご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

サーバー移転とURL変更に至った経緯

2014年7月のブログ開始から4年を迎えます。当然のことですがドメインも7月基準となっていて、「tetsupara.org」のドメインは今年も予定通り更新済です。

しかし、非営利団体・組織での利用を目的としている「org」ドメインがずっと前からしっくり来ませんでした。今は汎用ドメインとなってるので個人ブログでも営利目的でも使って差し当たりはないのですが、「org(オーグ)」という語感の悪さとイメージの薄っぺらさが・・・。それでドメイン変更に至りました。

 

また、4年の歳月を経てブログが肥大化しかなり”重たいサイト”になっていたのも現状です。最近では画像最適化をした上で記事公開したり、そもそものテーマ変更での軽量化などを心がけてきましたが、記事の更新頻度がこんすたんとになったこともあってか焼け石に水でした。

先日の丸栄中古カメラ市でご一緒しましたイトケン氏から、ついに”重たいね”とクレーム入りました(爆)

また最近投稿しようとすると503エラーも時折発生しています。

 

さらに、Googleが常時SSL化を強く推進しており、今月の「Google Chrome 68」からついにSSL化していない全HTTPサイトに警告表示が出るようになります。→参考
今まで使ってきた無料のエックスドメインサーバーがSSL非対応というのもサーバー乗り換えを実行した一つのきっかけです。

 

というわけで、両方同時に変えてしまうのが手っ取り早いという結論となったのですw

 

<SPONSORED LINK>



 

URL変更について

新しいURLはこちらです。

https://test.tetsupara.net/

 

汎用性と信頼性の高いnetドメインをお名前.comで取得。


ドメインから続く部分は変わっていません。
(例)
旧:http://www.tetsupara.org/archives/4999
新:https://tetsupara.net/archives/4999

リダイレクト

旧URL(orgドメインのほう)からアクセスした場合は新URLの同じページにリダイレクト(自動転送)できるようにしてあります。
来年7月でorgドメインが失効するので、それまでにブックマークや固定リンクのURLを変更してください。

 

有料サーバーに乗り換え

無料のエックスドメインから有料サーバーについに乗り換えました。

今回はカゴヤ・ジャパンさんの「WordPress専用サーバー」をチョイスすることになりました。




このサーバーに乗り換えを決めた経緯や使ってみた感想は、明日のブログで公開予定しました