に投稿 コメントを残す

GM 211系5000番台(K15編成・行先点灯)入線!

今日はこんな記事です

211系5000番台は名古屋エリアの中央線の主力。今回、グリーンマックスの211系5000番台が、行先点灯の仕様になって再登場しました。今回はK15編成(4両編成)を購入。211系だけの10両編成や313系との8両編成が楽しめるようになりました。

中央西線の主力 211系

JR東海の中央線(中央西線)は、名古屋を起点として東濃・木曽地区へ伸び、塩尻でJR東日本の篠ノ井線や中央東線に接続する幹線路線です。

東海道線や関西線とは異なり競合路線が少ないことから利用者が多く、名古屋口(名古屋~中津川)では朝夕を中心に10両編成の列車が走行します。

その中で、地域輸送の主力として活躍しているのが211系5000番台です。中央線の運用に入る車両が配置されている神領車両区には、3両編成(K101~K117)と4両編成(K1~K20)が配置されていて、中央線のほか、関西線でも朝夕に使用されています。

211系5000番台は、国鉄が開発製造した211系の基本番台をベースに、車内の座席配置や電装品を変更した改良型でJR東海により導入されました。前面の窓は拡大され、213系と同じ顔つきになっています。

車内はオールロングシート[1]トイレ向かいのみクロスシートありで、通勤輸送に向いた車内配置となっています。

当初は3両編成も4両編成もトイレ無しで登場しましたが、苦情も多かったらしく、その後トイレ付きのクハ210-5600が製造され、4両編成の全編成に組み込まれました。この経緯もあって、4両編成はトイレ付き、3両編成はトイレ無しとなっています。

中央線では時間帯によって4両~10両と柔軟に列車の長さを調整されています。211系も、211系同士のみでなく、313系とも連結され、さまざまな編成パターンを見ることができます。

スポンサードリンク

「行先点灯」にリニューアルして再登場

211系5000番台をNゲージで製品化しているグリーンマックスから、3両編成(K100)とともに4両編成(K0)も再生産がなされました。

今回は純粋に再生産するだけでなく、去年からGM各製品でデフォルトとなってきている行先点灯(前面方向幕とその左の部分の番号の部分が点灯)が211系にも採用に。同時に神領の3両編成のK100編成と静岡地区のLL編成も同様の仕様で行先点灯仕様に変更されました。

2年ほど前から神領所属の211系を順次導入していて、すでに旧仕様の3両編成を2編成導入しています。

今回、前から導入したかった4両編成を、ついに購入することが叶いました。GMは年1くらいのペースでわりかし頻繁に再生産やリニューアルをしてくれるので、待っていれば出してきてくれるのが嬉しいのです。最近は西落合の某社よりも好感が湧くメーカーになりました(^^ゞ

前回製品との違いは、モデル編成の車番と先述のライト点灯部分くらいで、そのほかは前回以前の製品に準拠しています。

ライトを点灯させた状態がコチラです。方向幕の部分がちゃんと光っていますね。

今回製品の注意点を一つ上げるならば、旧製品では付属していたカプラーアダプターが別売に変更となっている点です。ですので、KATO313系と連結して遊ぶ場合、別途カプラーアダプターが必要になります。従来からのスカート一体のもの(品番6713)のほか、アダプター単体(品番8111)のものもあるので、どちらかから選びましょう。なお、TNカプラーJC25を用いてTOMIX313系と繋ぐ場合は、カプラーアダプターを別途買う必要はありません。

多彩なパターンで楽しもう

さて、上でも書いたように、中央線の211系は多彩な連結パターンがあります。

以下は、基本的なパターン例です。

←名古屋      中津川・亀山→

■■■関西線で運用される3両単独
■■■■中央線で運用される4両単独
■■■-■■■3両×2の6両編成
■■■■-■■■-■■■中央線で見られる211系の10両①
■■■-■■■-■■■■中央線で見られる211系の10両②
■■■■■■■■313系との併結の8両編成
■■■-■■■ 313系との併結の6両編成
■■■-■■■ 313系8000番台と併結

=今回製品 ■=211系3両編成 =313系 =313系8000番台

これ以外にも、211系を313系でサンドイッチするユニークなパターンだったり、過去の7両編成とか、213系との連結なんかも当然ですが再現が可能です。

今日のペアは鉄コレ213系

313系側は、他社製品になりますが、2月にTOMIXから313系1000番台・1100番台・1500番台が発売されています。まだ在庫のある店も多いので、おすすめです。もちろん、既存のKATOの313系とも楽しめますよ。

後継の315系の開発発表もすでになされていて、引退へのカウントダウンも始まっている211系。実車も、模型も、両方楽しめるのは今のうち!かもしれませんね。

脚注   [ + ]

1. トイレ向かいのみクロスシートあり
に投稿 コメントを残す

GREENMAX 211系5000番台(1次車) 入線!

 

グリーンマックスの211系5000番台(1次車)が発売となったので予約を受け取ってきました。

LED方向幕がトレードマーク

JR東海が導入した211系5000番台は、国鉄末期から投入されている211系の基本番台をベースに、電動車比率を高めたJR東海オリジナルのグループで、1988年から投入されました。
4年にわたって製造されたため、投入途中での仕様変更が3度ほど行われており、1次車から4次車まで大きく分類することができます。

その中で一番はじめに投入された1次車は、34両が神領車両区に投入されています。この1次車の最大の特徴が、当時最先端だったLED方向幕が採用されたのが最大の特徴点です。日本語と英語が交互に表示されるようになっています。

しかしながら、LEDが赤・緑・黄の3色しかなかった時代、「方向幕が見にくい」と視認性の低さを原因とするクレームが多数入ったのだと思います。2次車からは従来の幕式に戻され、1次車ではトイレがなかったのも問題視されたため3次車投入の際に編成が組み替えられています。余談ですが、JR東海でLED方向幕が再度採用されたのは青色・白色が発明されてフルカラー表示が可能となった2006年(N700系、313系3次車)のことです。

現在は3両編成の一部編成の他、サハは4両編成に組み込まれて運用されています。

 

<スポンサードリンク>



 

1次車の現行の姿を再現

今回その1次車が新たにGM211系5000番台のラインナップに加わりました。オール1次車で組成されている現行の3両編成がプロトとなり、動力付きがK101編成、動力無しがK106編成となっています。

今回は動力付きを購入しました。今回はポポンデッタです。実はですが、ジョーシンはGM製品の予約特価を行っていないのです。GM製品に限ってはポポンデッタの先行予約(25%OFF)一択ですw

なお去年12月発売された211系5000番台の3両・4両・LL編成も今回同時に再生産されています。去年の211系レビューはこちら:GM 211系5000番台 入線!

製品の仕様はコアレスモーター、印刷済み車番、カプラーアダプター付属と去年発売の製品と同じとなっています。


1次車のトレードマークであるLED方向幕はシールでの対応となっています。ただ、ボディ側の方向幕の部分も素の状態で黒く着色されていてシールを貼っていなくても黒いLED方向幕の雰囲気が出ています(前回製品の2次車は白い)
シールはエコノミーキット用の同方向幕と比べて印刷の出来が改善していて見栄えが良くなっています。



床下機器、車体構造、ヘッドライト・テールライトなどは前回製品と同じです。

神領区再現に欠かせない存在

211系5000番台はJR東海神領車両区の車両を楽しみたい人たちにとって欠かせない存在です。
1988年の導入当初より快速列車などにも積極的に投入され、現在に至るまで神領車両区を担当する中央線と関西線の主力であることには変わりありません。


3+3の6両や4+3+3の10両みたいな211系単独での併結運用だけでなく313系との併結運用も多様になり、先日紹介した113系とは比にならないくらい共演できる車両は豊富です。
ぜひ他の車両と並べたり併結運用を楽しみたい車両だと思います。

 

ただ正直なところ、211系のみで6両や10両をNゲージで組むときのコストは馬鹿にならないです。だって、製造メーカーがGMオンリーですから。

自分が211系の投入が313系と比較してこれまで遅れたのは、高いGM製品に頼らざるを得ない状況だからであったと言っても嘘じゃないです。4両編成は予算上まだ完成品を買う予定まで至っていません。
その分、併結相手がKATOとTOMIXのどちらでも対応できるようになっているのは利点でもあると言えますが、カプラー自体はユーザー側の改造でなんとかなることも多く、より安くで出してほしいのが本音です。

211系自体はKATOもTOMIXも製品化しており、派生車種の213系等も鉄コレで出ています。
“大人の事情”はあるのかもしれませんが、GMがコアレス化以前から頻繁に再販してるところを見てると売れない車両ではまずないはずです。
上記2社でも出せない車種では絶対にないと思います。

 

GM211系も前回のリニューアルでかなり良くなってて素晴らしい。コアレス動力は安定してるし、2モーターの故障の一因だったツメがなくなってかなり丈夫になっている。GM製品見直しますね。

だけど、やはりKATOやTOMIXあたりからも発売してくれたらなぁ、と思ってしまうのです(笑)

 

【追伸】
KATO新製品発表したね・・・
211-3000長野色リニュいいから5000番台出しなはれ٩(๑`^´๑)۶

 

[鉄道模型]グリーンマックス (Nゲージ) 30772 JR211系5000番台(1次車・中央西線)3両編成セット(動力付き)

価格:14,145円
(2018/10/13 13:17時点)
感想(0件)

[鉄道模型]グリーンマックス (Nゲージ) 30773 JR211系5000番台(1次車・中央西線)3両編成セット(動力無し)

価格:11,028円
(2018/10/13 13:18時点)
感想(0件)

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

GM 211系5000番台 入線!

 

今日はグリーンマックスさんから発売された211系5000番台(完成品)の開封レビューです。

中央線を支える影の主役


中央線沿線に住む自分からすれば、神領の211系はもっとも身近な存在の一つです。
313がくっついてると無意識にも313に乗っちゃうので意外と乗る機会が少なかったりしますが(笑)
それでも通勤などでは大変お世話になってます。

だから模型でも楽しみたい車両ですよね〜。

 

しかし、この211系5000番台のNゲージはグリーンマックスからしか発売されず、211系の他番台を出しているTOMIXやKATOからはなかなか出てこなかったので導入が後回しになっていたのでした(´Д⊂
嘆いていても仕方ないので、まずは夏に再生産されたエコノミーキットで3両を組み、今回の完成品で動力付きの3両を導入する流れになったのです。

 

<SPONSORED LINK>


 

開封整備

今回の製品は床下が新規パーツとなり、従来別売りだったカプラーアダプターが付属になった以外は前回品と同じ仕様のようです。
動力は前回品と同じくコアレスモーターです。

今回購入した<30682>の3両動力付きは、神領区のK114編成(2次車)がプロトタイプです。
今回のロットは動力無しや4両編成も含めて全て方向幕が幕式の2次車以降になってます。

 


では開封していきます。
いつもの4両ブックケースに入ってます。
個人的には6両大ケースにして動力なし編成も入れられるようにしてほしいのですが・・・。

 


デフォルトの姿です。
ダミーカプラーがついているので早速交換します。

 


クハはTNカプラーを取り付けるので、373系用のJC6324を入手。説明書にはJC25(313にも使える207系用/2段電連)が推奨品ですが、JC6324だと電連カットが不要だしスプリングバネなので見栄え的にもコッチが良いです。台車との干渉もとくにありません。


んでロクに説明書を読まなかったワイ、TNをそのまま取り付けてスカートをカットしてゴム接で取り付けてしまう暴挙に出た(笑)
まぁ見た目や実用上で問題なきゃ良いわけでw

 


一方のクモハはKATOカプラーをつけるので、付属のカプラーアダプター付スカートに313系のTN化で余ったKATOカプラーをつければ終わり。

こんな感じで連結オッケー(首振り無し状態)

 


ヘッドライト

テールライト

動力はスムースで気持ちよく走ります。
もうチョット静かだったら良かったんですがねぇ(´・ω・`)

 

整備完了


前面方向幕を付けてひとまず完了。

こうして並べてみるとやっぱりキットの方はアラが出まくりです・・・orz
自分の工作力の無さを痛感しますね。

でもこれで211の6連も組めるようになりましたし、313系と組み合わせて10両の組成もイケるようになりましたね。
次回の走行が早くも楽しみになってきましたw

 

さてさてお次の神領区車両導入は・・・

弟分で2ドアのこれですかね〜(速攻で予約入れましたw)

 



 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

211系5000番台を作る その4【完】

GMの211系5000番台板キット
3両編成が落成しました。

中間車の製作


中間車のモハを作っていきます。
モハはとくに改造する点もなく素組です。

ここのところ雨の日が連続していて塗装のタイミングがなかなか取れず、昨日一気にサーフェイサーから帯まで突貫工事で仕上げることに。

そのせいか塗り分けが結構アラができてしまいました・・・。

 

細部の仕上げ


屋根ですが、313系との連結を考慮して先行して作った先頭車も含めて全ての屋根機器をガンダムマーカーのシルバーでスミ入れし直しました


ドアも下部スミ入れ優先席はBトレステッカーから。
車番は登場時のトップナンバー「-5001」の3連からなるK115編成にすることにしていたので、側面の方向幕も1次車のLEDを表現すべく黒で色挿し。
もちろん車番もBトレステッカーより。


最後にクハの車椅子スペース表記を入れました。

 

<SPONSORED LINK>


 

3両編成落成


まだまだ未完成な部分も多いですが、3両編成すべて完成しました。

完成度は低いですが、とりあえずカタチにはなったかなと思います。
これで313系各種や12月に出る完成品とも心ゆくまで楽しめそうです。

 

今回作って一番思ったのは、GMカラーではステンレスの表現が難があると感じたことでしょうか。
説明書ではステンレス地は9番の銀を用いることになっていますが、これではとてもとても実際の表現とは遠く313系との連結のときでも違和感を感じます。
ガイアカラーでステンレスシルバーが出ていたので、これにすれば良かったのかな、と後悔。

次回以降はステンレスの表現に要注意・・・ですね。

 

今回の211系5000番台は早速ミューゼオにて公開しましたので、あわせてどうぞ。
[link url=”https://muuseo.com/Mc313_8507/items/7″ title=”GMキット 211系5000番台(3両) 【Nゲージ鉄道模型これくしょん】 by Muuseo (ミューゼオ)” content=”7月に再生産された211系5000番台の板キット。ほぼ素組で塗装も荒いですがとりあえずはカタチにはなったかな、と。”]

 

今後も手軽に作れるGMキットは定期的にやっていきたいと思ってます。
しばらくは客車をどんどん作って増殖させていたいと思うのですが・・・(笑)

 

(211系製作シリーズ 終)


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

211系5000番台を作る その3

前回の続きで、211系5000番台キットを作っていきます。

2両目の製作

2両目のクハを作っていきます。

塗り分けはクモハより良くなったものの、ステンレスの表現が物足りないのと緑帯が太すぎましたorz(写真ナシ)
やっぱり・・・

 

タミヤのエントリーモデルでも買おうかな・・・(笑)

 

床下を作っていく

クハとクモハの床下を作っていきます。

 

他車種との併結を前提にしているので付属のダミーカプラーではなく連結できるカプラーを使います。

これが101系や103系とかだったら台車のアーノルドだけ取っ払ってKATOカプラーやTNカプラーに交換するだけでいけるのですが、
今回の211系はスカートを取り付ける必要があるため加工してボディマウントカプラーにします・・・。

 


クモハはTN化。
カプラー本体だけ交換して余剰となった名鉄用JC0380のベースに適当な電連付密連を組み込んで塗装。

 

このままだとスカートに干渉するのでスカートを一部削りました。


こんな感じ。
貫通幌のせいで連結できないという計算ミス発覚・・・。
まぁダミーとしとこう。キットのダミーカプラーよりははるかに見栄えいいしね(笑)

 

クハはKATOカプラーにしますが、当初予定していた中間車用ではスカートとどうしても干渉することがわかったので先頭車のスライド機構のあるタイプを付けることにします。
ここで役に立ってくるのが先日のカプラー交換の際に切除した383系のカプラー部。
これをまるごと使います。
https://test.tetsupara.net/archives/5712KATO383系をTN化する” content=”KATOの383系の先頭車をTN化して
マイクロエース製383系と連結できるようにしました。”]


床板を黒い固定部のサイズに合わせて現物合わせで切断。スカートもこれに合わせて左右2つに切ります。
切断したところにカプラーを埋め込めばOK。


こちらは普通に連結も可能です。

 

床下機器などはとくに加工せずキットのものをそのまま使いました。
違和感アリアリですけどね・・・(汗)

 

<SPONSORED LINK>


 

とりま2両落成


まだまだ未完の部分も多いけど、とりあえず2両編成で本線走行が可能になりました。



宮崎模型さんで313系を連結した4両で試運転。
3000番台とつけると静岡の6000番台にも見えますね。
御殿場線?身延線?

走行にはとくに問題なく一安心っす。

 

あと1両、中間車が残っていますが
なかなか重い腰が上がらず、ちょっと後になりそう・・・(;´Д`)

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

211系5000番台を作る その2

先日の続きでGM211系5000番台キットを組んでいきます〜。

 

ボディの塗装

ボディを塗装しました。
一日一色ずつゆっくりと進めていく感じで。


オレンジ帯まで終了後。
うーんやっぱうまくマスキングできてねぇ・・・(´・ω・`)
オレンジだけだとなんか311系みたいだね。

 


翌日、湘南色まで完了。
だいぶカタチになってきたでしょうか。

前面の色挿し。
貫通扉はガンダムマーカーのシルバーブラックフェイスの部分はマッキーの黒で塗りました。
ちょっとはみ出してるが気にしないことにするw

↓気になりだすとこうなるしね(笑)

 

えるたそ~はおいといて、前面ガラスを取り付けます
板キットにしては珍しく成形パーツが付属してくれているので助かります。
この成形パーツもGMストアーで単体で手に入りますよー。

このガラスパーツにヘッドライトケースを差し込んで、前面のブラックのとこへ引っ掛けるようにして入れると接着剤なしでもすっぽりハマる仕組み。
ヘッドライトケースももちろん色挿し済み。


貫通幌をつければクモハ顔の出来上がり。
方向幕は高蔵寺行き。Bトレから持ってきました。
JRマークステッカーを自作しては見たものの、サイズが大きすぎたようで作り直しですね・・・。

 

<SPONSORED LINK>


 

屋根の制作

並行して屋根を作っていきます。
今回はクモハの屋根です。

現行のシングルアームパンタ仕様にすべく、完成品やクロポキットと同じPT71Dパンタも買ってあります。
[link url=”http://www.greenmax.co.jp/Product/GM5809-5810_pantograph.htm” title=”製品情報 グリーンマックス №5809/5810 PT71C/PT71Dシングルアームパンタグラフ” content=”仕様の更新などにより、従来の菱形パンタグラフをシングルアーム形に換装された姿を再現するのに適したパンタグラフの製品化。”]

 


んでいきなりだけど完成図w

クーラーだけ銀に塗りましたが、メタリックさが足りない感じで残念っす。
避雷器がキットのガイド穴の装着位置だとPT71Dが取り付け出来ないという事態に取り付けてから気付きましたw
んで移設。穴開いてるけど気にしないことにしましょう(;´Д`)

後はテキトウ。

 

2両目に突入

1両目もだいぶ完成図が見えてきたので、2両目のクハも並行して制作していきます。


もちろん1000番台顔はダミーっすよ(笑)

今日サーフェイサー吹いたので、明日から本塗装といきましょか。

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

GM 211系5000番台板キットを作る! 〜その1〜


先日買ったままで放置していた
GM211系5000番台板キット
の制作を始めました。

 

何故か導入していなかった地元車両


どうしてなんでしょう、地元車両なのに全然手を付けてませんでしたw
GMからしか出ていないせいでしょうか。
普段からTOMIXやKATOの製品を優先させているので、313系や383系は随時入れていたのですが、211系は全くでした。

だって完成品M無し3両で万超えってさぁ・・・。
中古でも平気で1万近くで見かけますよ・・・?

 

だから、優先順位としては常に低くてNを5年もやってるのに一度も入線なしだったのです(笑)

 

と思ってたら超久々の板キットが再生産されたので
まずは試しに、と4両セットを購入してみたのです。

今なら塗料も揃っていたので、追加購入はDT50台車とパンタくらいで済みました。
スカートはATSがPT化される前の旧タイプだし細かいところはアラが出るでしょうけど、313系を引き立てる脇役で良いのならこれでイイんです。
お手軽なパートナーにできますから。

ちなみに今回の再生産ロットは定価は前回と据え置きながら、それまで付属していたステッカーは省かれてしまってます。
サードパーティのステッカーやインレタが必要がチョット痛いところか。
自分はズボラなんで余ってたBトレ211系のステッカーで対処することにします(爆

 

これを機に12月に出るリニューアル完成品も、思い切って3両動力付きを予約することにしています。
完成品が入線したら、211単独の6両も組めるようになるでしょうか。
[link url=”http://www.gm-store.co.jp/blog/gmstore-staff/archives/48677#more-48677″ title=”【新製品情報】211系5000番台 │ GM通信” content=”毎度ご愛読ありがとうございます、出荷担当の加藤デス。7月発表の新製品より、211系5000番台をご案内いたします。最初に製品がリリースされたのは2011年。多数のバリエーションを展開し、現在は既製品の在庫も全てゼロという人気商品です。”]

 

<SPONSORED LINK>


 

ボディと顔は分けて塗ろう

今回は以下のように、KATOの313系1700番台と組んだ6両銭取8000番台・1100番台と併結した10両編成を想定して、3両の動力無し(神領区のK100番台)で組もうと思います。
(↑クリックorタップで拡大)

 

さてさて、まずは先頭車から作り出します。
211系は前面の顔だけが白化粧していてちょっと厄介です・・・。

そこで、塗装前にボディを組むときに、こんな感じで余剰となる妻面パーツをダミーで仮接着して対処することにしました。

前面は前面のみで塗装することにします。そのほうが塗装がラクなので。


まだボディはサーフェイサーを吹いただけでステンレス地は未着手です。

 

前面は既に白化粧が終わっています。


付けてみます・・・
ちょっとイメージできるようになって来ましたかね・・・?

 

(つづく)

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧