に投稿 コメントを残す

【探しています】Aurexのパワーアンプ「SC-Λ90F」を有償で引き取ります

今日はこんな記事です

東芝オーレックスのパワーアンプ「SC-Λ90F」を探しております。ぜひ、お手元に使用していないSC-Λ90Fがございましたら、お売りいただけないでしょうか?オークションやショップの中古相場より、高く買わせていただきます。ぜひご検討をお願いいたします。

SC-Λ90Fを探しています

当ブログでは、東芝オーレックスのパワーアンプ「SC-Λ90F」を探しています。

プリアンプSY-Λ90を先日入手いたしましたが、ペアとなるパワーアンプを探している次第です。

ご存じの通りオーレックスの製品はタマ数が少なく、オークションやショップになかなか出てきません。つい先日SC-Λ90Fが即決価格付でオークションに出品されていましたが、諸事情で入札することができずに、その間にほかの方に即決で落札されてしまい、手に入れることができなかったことに対して、自らに怒りを感じています。

次を探すのが容易なサンスイやラックスマンであればここまで感じることはないでしょうが、タマの少ないオーレックス、それもマジで欲しかったものだったので、たいしたことない理由で落とせなかったことを「今回は縁がなかった」と簡単に締めくくるわけにはいかず、一日たった今でも激しくモヤモヤし、イライラし、仕事にも身が入らず、かといってオークションやフリマを見ても次のが来てるはずもなく、もう自分のリサーチだけではもうどうしようもないレベルに来ています。

もちろん現在もオークションやフリマ、通販ショップの状況は通常より高頻度でチェックしていますが、この機種に関しては自分が探しているだけでは相当な時間がかかるものとみられます。

そこで、このパワーアンプ「SC-Λ90F」を探しており、今回ユーザーの皆様にご協力を仰ぎたい次第です。

パワーアンプはほかにもいろいろなモデルが世の中に出ていますが、

  • 価格の面
  • 音質、音色の良さ
  • 外観デザイン

どれをとってもSC-Λ90Fを超える機種はないというのがイトケン邸で何度も同機種の音を聞いたことのある、僕の結論です。

前置きが長くなってしまいましたが、以上が今回の経緯となります。

もし使っていなかったら、お売りください

もし以下の場合、私なすのぞみずほにお売りいただけませんでしょうか?

  • 家や倉庫にあるけど使っていない
  • 売却をいま考えている
  • 遺品整理をしていたら出てきた
  • 買ったけど音が合わなかった

状態によって、ヤフオクやショップの相場より高く買い取らせていただきます。

買取金額について

SC-Λ90Fは、Λコンデンサーありきのパワーアンプなので、オリジナルに近い状態であればあるほど優遇します。

■オリジナル:50,000円(ヤフオク相場より約1万円高)

【オリジナルの定義】Λコンデンサーをはじめ主要なコンデンサーが残っている、または全く同じコンデンサーへ交換がなされていて動作に支障がない状態。

スピーカー端子や電源コード、トランジスタなどはグレードアップとみなせる場合、不問です(SP端子のバナナプラグ対応化、など)

■多少の不具合または改造品で動作品:30,000~40,000円

【定義】以下の①②③のいずれか1つ以上に該当する場合

①オリジナルに近い状態であるが、ガリなど比較的軽い整備で修理できる症状がある。

②電解コンデンサー等主要なパーツが別のものに交換されていて、動作する。

③メーターのバックライトが青以外に交換されている。

■ジャンク品:20,000~25,000円

【定義】通電のみで動作が未確認のもの。

外観については特別な事情がない限りは査定結果には不問とし、傷の数などは査定対象外とします。

以下のものは買取はお断りします。

  • 通電確認していないもの
  • 電源が入らないもの
  • トランジスタが原因の症状を抱えているもの(交換修理をお願いします)
  • トランス故障が判明しているもの
  • その他当方が買取困難と判断したもの

その他謝礼

TwitterのDMまたは当ページ下部のフォームから買取依頼され成立した方へ、買取価格以外の謝礼として、ご希望の方に以下をご用意しております。

  • 世界に一つだけの「てつぱら!」オリジナルノベルティ(買取から3ヶ月以内に差し上げます)
  • 導入後1ヶ月以内にブログで紹介します。その際に、ご希望の方のみハンドルネームやTwitterのご紹介をさせていただきます。
  • Twitterをフォローさせていただきます。

買取可能時期と入金方法、発送について

当方に10万円の定額給付金が入って以降は、いつでも対応できます。入金は、銀行振込で一括払い。お近くの方は直接取引にも対応いたします。

発送にかかわる送料は当方で負担しますので、着払いでご送付ください。申し訳ございませんが、梱包材のご用意と梱包は行っていただくようお願いいたします。

買取提供いただける皆様へ 必ずお読みください

  • 募集台数は1台で、原則先着順とさせていただきます。
  • 短時間に複数の応募があった場合は、当方が判断した上で選択させていただきます。
  • 買取提供いただく際は、必ずお写真の添付をお願いいたします。お写真がない場合応じかねます。
  • オークションやフリマでの取引は購入できる確実性がありませんので、原則厳しいです。
  • 買取前の説明と到着後の状態が明らかに食い違う場合は、弁護士を起用の上、損害賠償を提起します。その際の管轄裁判所は名古屋簡易裁判所とします。この件を利用して、当方へ詐欺を働く行為に対してはこれに加え刑事告訴もいたします。
  • 海外からはお受けしません。

買取の応募はこちらから

買取の応募は、TwitterのDM、または以下のフォームで受け付けています。

買取にご同意いただける方は、以下のフォームよりお進みください。

皆様からのご依頼、心よりお待ち申し上げます。

配布用チラシ

参考:SC-Λ90Fについて

https://audio-heritage.jp/AUREX/amp/sy-lambda90.html

に投稿 コメントを残す

東芝が本腰を上げたプリアンプ「Aurex SY-88」を聴く

今日はこんな記事です

オーディオ全盛期、東芝もオーレックスのブランドを掲げオーディオ戦争に参戦していました。序盤が定評だったオーレックスの地位を逆転すべく東芝が腰を上げたのが、プリアンプ「SY-88」でした。黒いカッコイイ筐体。今でも人気のあるSY-88を見ていきます!

フラッグシップ・プリアンプ SY-88

オーディオが全盛期だった1970年代後半、トリオやラックスマンなどのオーディオ専業メーカーはもとより、家電メーカーもオーディオ事業へ参入し、各社競っていました。松下テクニクス、日立ローディー、三洋オットー、三菱ダイヤトーン、シャープ・オプトニカなど。ピュアオーディオ事業へはメインブランドとは別のブランドが付けられるのが慣習となっていました。

その中で、東芝もオーディオ事業へ参入していました。ブランド名は「オーレックス(Aurex)」で、「Audio」と「Lex(王)」をかけ合わせた造語です。

70年代半ばまでは他社と同じように銀色のフロントのモデルが多く評価もさほど高くなかったのですが、70年代後半よりブラックの筐体を採用し、音色もぐっと良くなっていき評論家の高い評価を得たことで、オーディオファイルからの評判が上がっていくのでした。

その東芝オーレックスの評判を上げるきっかけとなったのが、プリアンプ「SY-88」でした。当時のフラッグシップで定価は18万円。オーレックスで初めて前面ブラックの落ち着いた筐体となり、今でもヤフオクでは3万円は下回らないであろう高い相場で取引されているようです。

このSY-88シリーズは、このあとΛコンデンサーを採用した「SY-Λ88」、改良型の「SY-Λ88II」と続きます。対となるパワーアンプは「SC-88」1本で終わってしまったようです[1]その代わり、SC-Λ99など上位機が存在する

スポンサードリンク

一時的に借りました

以前の記事でも紹介したように、アンプのセパレート化を目的として、ラックスマンの5L15をパワーアンプとして購入しました。ヤマハのAVアンプをプリ代わりにしていてもトロ臭い音なので、ここで、プリアンプを導入する必要が出てきました。

そこで我が家にやってきたのが、Aurex SY-88でした。イトケン邸では予備機という扱いで使われていなかったそうです。

というのもなぜかというと、オリジナルの状態ではないのです。この個体にバーコードが貼り付けられていたので、調べてみると某オーディオショップが電解コンデンサ等の主要パーツを交換しているものと判明したのです↓

まぁ、とりあえずマトモな2chプリが必要で音質はとりあえず二の次だったので、このSY-88を借りることにしました。

上はビクターのAVセレクター

黒一色の筐体は、ラックスマンのような古典的なデザインとは一線を画す存在で、全くもって古臭さを感じません。めっちゃカッコよさすぎて草。

SY-88はフォノ入力がMC/MM1系統ずつで計2系統、プリアウトが2系統と入出力が豊富です。その一方で裏面のコンセントは1口しか無いのが特徴です。

音はプリアンプが決める、プリアンプ選びは大事

5L15と繋ぎテシマルで聴いてみたところ、うーん、良くも悪くも普通の音だな、という感じでした。

全域を通してフラットで、サラッとした出方なのですが、平坦でつまらない。イトケン邸で聴くようなキレもなければ余裕もなく、ただただホンホン鳴ってるだけのような。

というのも、この個体は某オーディオショップで電解コンデンサ等を交換されていてオリジナルの状態ではないのです。

こういう業者たちは、”音が良くなる”などと謳ってオリジナル用でないオーディオ用のパーツなどを投入し、オリジナルありきのアンプの音を殺してしまっているのです。見てるだけだったら、たしかに新品の高級パーツなので一見良くなってる用に見える人もいるかと思いますが、オーレックスを始め、各社のアンプはあくまでオリジナルの状態で最大限の性能を発揮するもの。オリジナル用でないパーツなんて邪道です。

後日、オリジナルのSY-Λ90を買って聴きましたが、やはりΛ90のほうが良い音でした。いかにアンプはオリジナルかが大事か、感じさせられました。

プリアンプ選びはオーディオシステムの音を決める上で最も大事な領域だと思います。もちろんパワーアンプも出力の面で大事ではありますが、プリアンプほどではないようです。

音色の良いプリアンプはかなり数が限られています。その中で、オーレックスは貴重な選択肢の一つになります。その貴重なオーレックスアンプのオリジナル状態をかなぐり捨てるなんて、正直許せたものじゃありませんね。

ということで、SY-Λ90が入ったあとSY-88はイトケンさんへ返却することとなり、いずれオリジナル状態へ戻す”手術”が施されるということです。イトケン様、今回もありがとうございました。

脚注   [ + ]

1. その代わり、SC-Λ99など上位機が存在する
に投稿 コメントを残す

オーディオシステムの最新状況 2020年4月後半〜GW

今日はこんな記事です

オーディオシステムが、またまた進化しました。LGの43型4Kテレビを導入したほか、オーレックスのSY-Λ90プリアンプ、インフィニティRS-bなどがやって来て音色が着実に良くなっています。今回は4月後半からGWにかけてのオーディオシステムの最新情報です。

テレビの更新

たった20日ほどですが、オーディオシステムにまたまた大きな動きが出たので、今日は恒例(?)の4月後半からゴールデンウィークにかけての我がオーディオシステムの最新情報です。

この間一番大きかったトピックスは、やはり4Kテレビを導入したことでしょう。

これまでの26型レグザはもちろんのこと、実家のリビングの37型レグザよりも大きい43型4Kテレビを安く購入できたことはとても大きかったですね。

テレビ台と同じくLGのブルーレイプレーヤーもあわせて導入しました。

前編と後編で別記事で紹介していますので、お暇なときにでも読んでください。

スポンサードリンク

Λコンデンサーの音とは?SY-Λ90

いったんセパレート化が達成できたアンプ環境ですが、某オークションでイトケンさんもセカンドシステムで愛用されている東芝オーレックスの「SY-Λ90」を購入しました。たまたま手頃な値段で出ていて、誰とも競ることなく落札できましたので(^_^;)

「SY-Λ90」は定価15万円の中級プリアンプ。ダブルナンバー機よりは下位にあたるモデルなのですが、Λコンデンサーを搭載することで良質な音質と音色再現を実現しています。イトケンさんがセカンドシステムで使っているんだからこれがダメなわけがないじゃないですか(笑)

スモークパネルはなかったものの、外観も内装も美品レベルで非常にキレイな個体でした。

音は、うん、イトケンさんが良い音だと言うのが納得いきます。やはり、Λコンデンサーの力なのでしょう。このΛコンデンサーは、また後日イトケンさんにお願いして新品に交換していただく予定です(^o^)

インフィニティ統一完了

3月に購入していたインフィニティのスピーカー「Reference ONE」のエッジ修理を行いました。

ちょっとエッジが想定より小さかったのですが、無事修理できました。ストレートでスッキリした音でエントリークラスのスピーカーとは思えない上品な音に感じました。

以前から予定されていた大型ブックシェルフが導入されました。同じくのインフィニティの「RS-b」です。

「RS-b」はインフィニテシマルと同じ時期に出ていたReference Standardシリーズの家庭向け3wayスピーカー。今まで手にしたブックシェルフスピーカーの中で最も大型のスピーカーとなりました。

大型の3wayとだけあって、低域にふくらみが出て、余裕のある感じです。

今後はこのRS-bをメインに使っていくつもりです。3組あるスピーカーが全てインフィニティに統一が叶いました。

SY-Λ90とRS-bの導入にあわせて、ピンケーブルのグレードアップを行い、一部を除いて安物の赤黒ケーブルから脱却しました。将来的には安物ケーブルは全て駆逐させるつもりでいます。

今では貴重?なCDチェンジャー

そのほか、CDチェンジャーが来ました。パイオニアの「PD-F25A」です。なんてことないファイルタイプの25枚チェンジャーなのですが・・・。

今このPD-F25Aの中古相場はかなり高騰しているようです。ヤフオクではジャンク品は安いものの、動作品となると1万円をゆうに越え、なんと2〜3万円が相場となっています。定価27,000円だというのに、です。ショップではなんと4万円するのもあるほどです。

このチェンジャーを買った経緯としては、十数分しか無いシングルCDをいちいち1枚ごとにとっかえひっかえするのが億劫なためで、シングルCDを何枚も連続で再生させたいときに使えそうです。

音は特に良くも悪くもありませんが、光デジタルで出力させてDACを噛ませばもう少しはマシになるのではないかと思ってます。

オーディオPCの構築に向けて

前回から言及しているオーディオ用PCの構築に向けて準備が進んでいます。

弟から僕の組んだ自作PCを取り戻すことにしました。その前提としてその自作機よりカタログスペックの良いものを交換機として用意する必要があったので、富士通のデスクトップ「ESPRIMO D551/D」を某オークションで落札して購入しました。

このD551/Dと自作機のOSが入っているHDDを入れ替え、無事弟用PCの入れ替えに成功しました。弟は小さくなった、と大喜びです。おまけで、モニターも17インチのスクエア液晶から23インチのEIZOモニタに換えたら、こちらも喜んでくれました。

あとは、戻ってきた自作機のCPUを交換して、4Kテレビに接続してオーディオ用PCとして活用させていこうと思ってます。

オーディオ用PCの整備のほか、電源タップの増設、セレクターの導入、ケーブルのグレードアップなど、まだまだやることはたくさん残っています。

ぱらちゃん
ぱらちゃん

まだまだオーディオシステムの進化は止まりません!

に投稿 コメントを残す

オーディオシステム3号を導入しました!

WordPressのエディタをやっとこさブロックエディタにしたのですが、なにこれ使いにくいしもっさり・・・・だしフォントの色選択肢少ないしタグクラウドからタグ選べないし・・・。戻したくてたまんない。5年も使ったクラシックエディタに慣れすぎなだけか?

3台目のプリメインアンプを導入!

ついに(早くも?)オーディオシステムが3システム目に突入することになりました!

オーディオシステムはウチの場合はプリメインアンプとUSB-DACとスピーカーがあれば成立します。この2つが新しく追加が入ったので、「オーディオシステム3号」の導入となりました。

■TRIO KA-800■TRIO KA-800

TRIO(現・KENWOOD)のKA-800は1980年頃のミドルクラスのプリメインアンプです。Σドライブを搭載したのがウリとなっています。

https://audio-heritage.jp/TRIO-KENWOOD/amp/ka-800.html

イトケンさん家近くのハードオフで¥1,080だったようです。音出しOKとのことでしたので、代理購入いただきました。

■Roland UA-4FX

こちらはイトケン様よりお譲りいただいたローランドのUSB-DACです。1号2号で使用しているSE-U55やUA-30と違い、専用ドライバの導入でハイレゾ音源にも対応しています。

これでFLACやALACも心置きなく再生できるようになります(^^)

 

ちなみに、オーディオシステム3号のCD/MD/カセットは、ビクターのミニコンポUX-W50で再生できるようにしています。

[temp id=4]

スピーカー5組を一斉導入!

スピーカーを入れ替えした後の”新摩天楼”

あわせて、スピーカーを一気に5組導入しました!イトケン様より代理購入分も含めて3組来ることが決まっていて、さらに2組を追加で導入してしまいました(笑)

■Aurex SS-V51W

イトケン様より無償引き取りした東芝オーレックスのミニコンポ用スピーカー。”ミニコンポ用”ではありますが、単品スピーカーのソニーSS-S2などと比べると段違いにデカイですw

1号に組込。

■PIONEER S-X11

イトケンさん家近くのハードオフで¥1,620で転がっていて、代理購入いただきました。SS-V51Wとは対象的に、めっちゃ小型ですが、よく鳴る単品2WAYスピーカーです。

もちろん1号に組込んで、“夢のパイオニアセット”にまた近づきましたw

■Technics SB-F20

テクニクスが世に出したユニークなスピーカーで、車載(ダッシュボードへ置く前提)も想定し、縦置きにも横置きにもでき、しかもバスレフにも密閉にもできる面白い構造です。こちらも¥540で代理購入いただきました。

こちらは3号に組込みました。

■SANSUI 11CD-R

¥540で購入。あのアンプで名声を広めたサンスイのスピーカーで、ミニコンポ用です。バブル期のものとだけあってサイズはSS-V51Wと同じくビッグ。黒の外装が美しく、サンスイらしいです。スピーカーケーブルが直付なのが惜しいです。3WAYの見てくれですが、実は2WAY。

2号のAU-α307と繋いでサンスイスピーカーでサンスイサウンドが堪能できるようになりました。

■SONY SS-CM3

わりかし最近(と言っても10年以上前だけどw)のミニコンポ用スピーカー。ネットがないだけで¥108だったのでお遊び用に購入して3号に組込。見た目は悪くないと思います。

ホスピタルグレード壁コンの導入!

合わせて、壁コンセントをおすそ分けいただいたので交換しました(僕は無資格なので業者さんにやっていただきました)

左がレビトンのコンセント

レビトンの8300品番のもので、UL規格のものです。表面に緑の●が付いており、これがUL規格におけるホスピタルグレードの証です。

2個いただいたので、1個は自作タップに組み込みました。オーディオシステム1号と2号のアンプを接続。

音が劇的に変化。粒立ちが良くなりカラッとした爽快な出方になり満足しています。

ホスピタルグレードのコンセントはもっと増設してみたいと思ってます。パナWN1318K、明工社など、他社のも買って比較してみたいですね~。

詳細は後日の記事で掘り下げたいと思います(笑)あと3Pプラグや電源コードのアップグレードもお盆の機会に予定してます。


[temp id=5]