に投稿 コメントを残す

関門を行き来する赤い釜・EF81 400(JR九州) 入線!

今日はこんな記事です

東北方面での運用を想定した作られたEF81交直流機関車ですが、関門トンネル用へも投入されています。ステンレスの300番台が有名ですが、通常鋼で製造された赤い400番台も存在します。1年ほど前ですがこの赤い400番台をリサイクルショップで安価で発見!

皆様はGWどうお過ごしでしょうか?アウトドアが趣味な方はステイホームステイホーム、で苦しい日々なのかもしれませんね・・・。

インドア派の僕は前回のようにテレビを買っただけでなく、オーディオ機器がさらに充実したので、いつもどおりのゴロゴロ巣篭もり生活です(笑)

更に充実したオーディオシステムの話はGW明けに予定してます。お楽しみに・・・。

EF81の活躍場は東北路だけじゃない

交直流機関車のEF81形というと、東北の方面をイメージされる方も少なくないかもしれません。というのも、EF81が東北本線を経由するブルートレインの牽引機として抜擢される機会も多く、「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」など比較的最近まで残った夜行列車でも、EF81が牽引機だった時期もあり、交直流機関車の中では花形車両でメジャーな車両ですね。

ですが、EF81は東北地域専用の機関車では全く無かったのです。同じく交直流の切り替え地点(デッドセクション)の存在する関門トンネルにも投入されたのです。

関門トンネルへは300番台と400番台が投入されました。300番台は車体外板がステンレスに変更され、コルゲート処理がなされています。301・302の両車は赤13号に塗装されましたが、303・304は無塗装となり、この2両はファンより”銀釜”と呼ばれています。

Wikipediaより引用

その後、400番台がEF30の置き換えを目的として国鉄末期に投入されました。ボディは基本番台(0番台)とほぼ同じですが、塩害の激しい関門トンネルへでの運用に適した車体設備が装備されています。このほか、JR貨物が関門トンネルを通過できる仕様の450番台を投入しています。

関門トンネル運用に投入された300・400番台は、1987年の国鉄民営化でJR九州とJR貨物に継承。各種ブルートレインや貨物列車の運用に就いていました。しかし、九州方面のブルートレインが2008年の「富士」「はやぶさ」の廃止によって全廃されたことでJR九州車は全車引退しています。JR貨物車も、老朽化や新型車両投入で数を減らしてきています。

スポンサードリンク

1年前、突然の出会い

話を一年以上前に戻ります(※このブログはブログ反映までかなり遅れていますw)

去年の、3月のことです。

いつもの買い出しの帰りに、セカンドストリート[1]ゲオが手掛けるリサイクルショップに行ったのですよ。セカストは衣類や白物家電のイメージが強く、ホビー関連は少ないのですが、店舗によってはいろいろ置いていたりします。

最寄りのセカストはホビー関連がとりわけ弱く、鉄道模型は普段ほとんど置いてはいないのですが、訪れたその日だけは、いくらかのTOMIX製Nゲージが置いてあったのです。

というのも全部同じ人が手放したのでしょう、485系などJR九州の車両だけが並んでいました。

その中で、EF81が置いてあったのです。関門海峡を主に活躍する赤い400番台のJR九州仕様。そのEF81 400のお値段は・・・なんと¥2,300+税で、安かったので衝動買いしちゃいましたw

製品は、数年前に発売された品番9000番代の現行品です。手すりなどのパーツが別パーツとなり、リアリティがアップしています。側面には赤いJR九州のロゴが配されているところが東北仕様のEF81と違う点ですね。

フライホイール動力も快調に動作し、とても安定しています。

シンプルだけどカッコイイ

400番台は基本番台とほとんど同じボディなので、シンプルな造形ですが、カッコイイ見た目だと思います。

その後、Tomixの初代300番台(無塗装)も持っているので、ステンレスの銀釜と並べて楽しめるようになりました。

ですが、肝心の九州方面のブルートレイン用客車を持っていないのです(笑)(以前は持ってたけど全部処分しちゃいました・・・)

なので、今はユーロライナーやスーパーエクスプレスレインボー等のジョイフルトレインや、コキなど貨物列車の牽引機として走らせています。たまにはKATOの20系を牽かせてみたりもしています。

ブルートレインはコロナ収束したら買い集めようかな・・・(^^ゞ

脚注   [ + ]

1. ゲオが手掛けるリサイクルショップ
に投稿 コメントを残す

TOMIX EF81レインボー(旧製品)& KATO20系(旧製品)入線!

現在ブログが大変重たい状況となっていて、申し訳ありません。
大体の原因は予想がついていて、早い復旧を目指しているのですが、なかなか追いついていないのが現状です。
接続できない状態ではないので、もう少し待っていただけると嬉しいですm(_ _)m

以前改造した・・・


以前イトケンさんのご依頼によりカプラー改造(KATOカプラー化)を行ったEF81のレインボー塗装が当鉄道に移籍してきました。
というのも、イトケンさん自身がより新しいロットのレインボー機(=95号機)を購入され、ダブリが出てしまったため、玉突きでウチの車両区へやってきたのです。

カプラー改造したときの記事でも書いたとおり、TOMIXの旧製品で、台車マウントのMカプラーを採用している製品です。細かい部分の再現はともかくとして、全体的なプロポーションは悪くなく、立派なパーイチの姿をしています。

惜しむらくは、ナンバーが95号機ではない状態となっていることでしょうか。
銀河モデルあたりでナンバーが製品化されているなら買いたいですね。

 

実車は現在も籍を置いていて、臨時や団臨として活躍が続いています。カシオペアを牽いてカシオペア紀行を再現してみるのも良いかもしれませんね。

 

[adchord]

 

客車列車の大定番、20系寝台

ブルートレイン再現に欠かせない20系客車もバラシで順次入線しています。
KATOの20系旧製品は、細部表現や室内灯非対応はともかく、全体的なプロポーションは悪くないのに安く手に入ります。

第1陣は浅草のポポンデッタのジャンクで、カニ21はなんと税込¥200!(笑)
イトケンさんからナハフはほしいよね、と話しになり、後日久屋大通のカラマツで購入しました。

 

その後も増備が続いて、現在7両の陣容となりました(カニ21が2両いるので編成で牽く時は6両編成)
主にゴハチの一般色が牽いていますが、EF65PFでも牽いてみたい客車ですね。

EF65レインボーと並べる


ちょうどイトケンさんからのご依頼でわが工場に整備入場していたマイクロエースのEF65 1019号機と並べる機会があったので並べてみました。


マイクロの65レインボーは鮮やかな赤色で、TOMIXの81レインボーは渋みのある落ち着いた色合いですね。
マイクロ65の完成度もなかなか高いのですが、屋根上の巨大フックがやや違和感・・・?

マイクロ65レインボー機のカプラー(スカート)交換については、また別の記事にてお見せしたいと思います。

 

[鉄道模型]トミックス 【再生産】(Nゲージ) 9145 JR EF81形電気機関車(95号機・レインボー塗装)

価格:5,194円
(2019/2/8 23:59時点)

[鉄道模型]カトー (Nゲージ) 10-1548 20系「カートレイン九州」13両セット【特別企画品】

価格:18,381円
(2019/2/9 00:02時点)

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

TOMIXの古すぎる機関車のKATOカプラー化

 

【2019.3.26】一部記載に誤りがあったので修正。また、歴代EF81について『鉄道模型考古学N』の記載を元に補足を加筆しています。

台車マウントの旧製品

イトケン氏よりTOMIX電気機関車のKATOカプラー化の依頼を引き受けました。

実は先日EF81のレインボーカラーを某所で安価で購入されたのですが、客車の端部をKATOカプラーで統一することとなり、カマの方もKATOカプラーにすることが必要となったのです。

TOMIXのEF81には製造期によって3種類に大別できます。

  • ウエイトがぎっしり積まれた初期(台車マウント)
  • ボディや動力構造を見直して大幅なディティールアップに成功した中期(ボディマウント)
  • ボディ構造は基本そのままに、動力のフライホイール化と手すりや解放テコなどの細部をより実感的に高めた現行品

 

過去にKATOのスカートにまるごと交換したトワイライト色はこれに当てはめると中期のものであり、今回のものが同じ中期タイプであるならば同じ手法でやろうと思っていました。

しかし、手始めに分解してみるとウエイトがぎっしり積まれた初期のものであり、KATOのスカートを取り付けるとなると、本体と一体のスカートや台車マウントとなっているカプラーポケットの切除が必要となり改造の手間を要します

 

自分の所有機なら改造を試してもいいのですが・・・今回は他人所有のものなので可能な限りリスクを伴わない方法はないかと考えたのです。

そしたら、もっと簡易な手法を開発できたのです(爆)

 

<スポンサードリンク>



 

オリジナルに復元可能なKATOカプラー化

まず、台車を分解します。

台車が分解できたら、磁石とアーノルドカプラー(Mカプラー)を取り外しておきます。

 

用意するKATOカプラーは、ベーシックなKATOカプラーNのAタイプ
これを組み立てジャンパ線を切り落としておきます。

[鉄道模型]カトー (Nゲージ) 11-721 KATOカプラーN JP A(黒・20個入)

価格:300円
(2018/11/14 12:09時点)
感想(2件)


空いたカプラーポケットへゴム接着剤を使って取り付けます。

あとは台車を組み立てて終わりです。

もう一度言います。これで終わりです(笑)

 

この方法のメリットとデメリットは、

メリット

  • とにかく容易な方法でKATOカプラー化が行える
  • 車体に一切キズをつけることがない
  • 必要なのはKATOカプラーNのみであるので入手しやすく安価で済む
  • もとのアーノルドカプラー(Mカプラー)の状態に復元ができる

デメリット

  • スノープロウがないという初期EF81の欠点を引き継いでしまう
  • 現状ではより細密なKATOナックルカプラーが使用できない

ということで、見た目よりも実用的な方面を重視するのであれば、メリットの多いやり方です。

 

強度はどうなの?

自分がいつも多用しているゴム系接着剤というものは、大容量のが100円ショップで簡単に入手しやすいだけでなく、自分が使っている限りでは瞬間接着剤やタミヤセメントよりも強力ではないかと思っています。ダイソーで買えるコニシ製が最強です。

 

都内各所のレンタルレイアウトにて試運転を行ったところ、後ろがE26カシオペア6両+EF510という編成でも難なく走行できていることが確認できています。(そういえば車番が実車と一致していないのはなぜだ?w)

夢空間さんにて


リカラーさんにて

 

スーパーエクスプレスレインボーはもちろん、北斗星やカシオペアのフル編成でも十分対応できるものではないかなと思います。

実際取れてしまってもまた付け直せばいいだけですからそれほど問題ないでしょうしw

 

というわけで、この状態でイトケン氏へお引き渡し予定です(^o^)

 

補足 歴代EF81について

歴代のTOMIX EF81については、以下のように世代分けができることがわかりました。

世代 カプラー 特徴(変更点) 登場年
初代 台車マウント
  • 車番モールド
  • ステンレス製スカート
  • 台車のビスが中心2本
  • 左右分割式動力ユニット
1978年
2代目
  • 台車のビスが1本固定に変わる
1979年頃
3代目
  • 上下分割式動力ユニット
  • 爪固定式台車の採用
  • プラ製スカート
1981年
4代目
  • 車番選択式
5代目 ボディマウント
  • 完全新規金型
  • ジョイントシャフト式動力ユニット
1992年
6代目
  • フライホイール式動力
  • ボディは5代目と同じ
7代目
  • ボディ新規金型
  • 開放テコ・手すりが別パーツ化
  • 品番9000番代
2013年頃

5代目までは松本吉之著『鉄道模型考古学N』に準拠し、それ以降は個人的な解釈です。

これに当てはめると、今回のレインボー塗装は4代目に当たります。

その他当鉄道所有のEF81では、北斗星色が5代目、トワイライト色(基本セット)が6代目、400番台JR九州仕様(2019.3.26入線)が7代目の現行製品に当てはまります。

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

トワイライトに消えないで

 

北斗星、カシオペアと来れば、
自然に欲しくなるのがこれ↓

「トワイライトエクスプレス」っていかにも高級そうなネーミングがすごく印象に残ります。

走るホテルと言われんばかりのこのカラーリングが、まさに寝台列車の代表格を感じさせます。

 

このトワイライトは北斗星やカシオペアと違い、KATOの製品化が意外と最近なこともあり、なかなか中古のタマに出会えないのがネック。
そりゃあ「さよならトワイライト」に叩けるカネがあればそっちに飛んじゃうだろうけど、もちろんそうにもいかない(汗)
中古で出てても、スシのテーブルが付かないTOMIXの旧製品で、これも意外と高価だったり。
と言うか、まずトワ色EF81のカマが見つからないんですけどね(;´Д`)

 


そんなある日、ジャンクのEF81トワ色(上写真右)を発見。パンタもないし、片側のスノープロウもなくなっていたもの。それでも、動作はスムーズでTOMIX旧動力の信頼性の高さを感じつけられたのです(笑)
スカートパーツが近くでなかなか売っておらず、客車を探しつつ模型店巡回。

そしたら、某所のジョーシンでトワのベーシックセット安売りで1万切っているのを見てしまい、心揺らぐ。
しかも「ジョーシンスペシャルセット」と称されたこいつには、なんとスシ24も入っているのだ。

というわけで、レールとパワーパックは他所に売っぱらうつもりで買ってきた(笑)
中古で探すつもりだったけど、結局新品を買ってしまう結果となってしまったのだ・・・ヽ(=´▽`=)ノ

ついでにジャンクバラシ(旧製品)1両も見つけて、EF81+客車4両という編成ができあがる。


カマのEF81、新と旧は動力と塗装こそ違えど金型は全く同じもののようです。
先に入った旧の方には片側は分売のPS22、もう片側は余っていたKATOのPS22を取り付けてみた。そう違和感はないと思う。
あとは片側TN化。EF210のTNパーツを移植したので色が違うが気にしないことにしよう。もう片側はまだスカートを買っていない(汗)
ナンバーは旧が133号機だったので、新は134号機に。旧で欠損していたメーカープレートも新品からもらうことに

 

客車の方は中間KATOカプラー化、端部はTNにしてみました。134号機と連結するときのカプラーアダプタも別途用意しております。

スシ24はもちろん光る現行ロットなので嬉しい。ただ、実物のライトは電球色なんだけどね・・・(笑)

 


とりあえずレンタルレイアウト(一宮の浪漫さん)へ持ってみました。
やっぱ編成にすると味が出るねー。

 

でもトワで特徴的なスロネフとロビーカーがこの編成にはないんですよ。
スロネフとロビーカーは今後見つかり次第捕まえる方向で・・・(笑)

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧