に投稿 コメントを残す

Infinityの魅力たっぷりの入門機「Reference ONE」で遊ぶ!

今日はこんな記事です

米国のスピーカーブランド「インフィニティ」の中で、日本で最も売れたのがエントリーモデルの「Reference ONE」でした。今回はこのReference ONEのジャンクを安く買って、エッジの修理をしました。コンパクトな筐体から出てくる音とは!?

Infinityの90年代エントリーモデル

アメリカ東海岸に拠点を持っていたスピーカーブランド「Infinity」。1000万円以上もする超弩級のIRSシステムからコンパクトなインフィニテシマルに至るまで、妥協のない音作りで高い評価を得ています。

とはいえ、モニタースピーカーとしてJBLやタンノイがバカ売れしていた裏でInfinityは割とひっそりとした存在でした。当時のInfinity本社が高級機に注力していたこともあり、テシマルが現行モデルだった頃は日本国内ではまだメジャーな存在とまではなっていませんでした。

その後時代は進み、代理店がアカイ[1]赤井電機の子会社・赤井商事が代理店からデノンラボ[2] 日本コロムビアの手掛けるDENONの子会社 に変更となってから、その流れは変わります。AV需要の高まりを受けてか、Infinity本社も主力商品をRS(Reference Standard)シリーズから、高級志向の「Kappaカッパー」とエントリー向けの「Reference」の2系統に切り替えました。

バブル崩壊の影響もあって大型の高いスピーカーが売れなくなったためか、複数の海外ブランドを輸入していたデノンラボ側はエントリーモデルの販売に注力する方針で展開していきます。Infinityも例外ではなく、「Reference」シリーズを主力商品として展開がなされました。

そのReferenceシリーズの末弟が「Reference ONE」でした。密閉型エンクロージャーを採用して、上位モデル譲りの音質を再現しつつも、コストダウンを図ったモデルです。このReference ONEはInfinityブランドではベストセラーに。現在でも中古でよく見かける機種です。

スポンサードリンク

エッジ修理

近所のハードオフへふと定期巡回に行きたくなり(笑)、その時にタイミング良く見つけたのが、このReference ONEでした。

お値段は¥3,300で、ウーファーエッジは死んでましたがヤフオク相場を考えるとそこそこ値打ちではある感じでした。迷わず買ってきました。

ツイーターはポリセルを採用している

奥行きは短く、コンパクトな筐体。端子はワンタッチ式へコストダウンされています。

ウーファーエッジが死んでいるので、エッジを調達します。ただし、オークションで見ているとReference ONE専用と謳われているものはどれも値段が高額で、3千円スピーカーに5千円以上などとても出せそうにありません。

そこで、今回はファンテックのHPでサイズを調査し、近いサイズのスピーカーのエッジを調達することにしました。結果、FOSTEXのFF165Nというウーファーがサイズ的にも近そうでコチラならエッジも安価ということでFF165N用のゴムエッジを、いつもの(??)宮城の業者さんから¥1,500+送料で調達しました[3]Control1のときもARのときも宮城県内から届いた。アカウントは別だが同じ業者で社名も同一だったはず。

ウーファー周りの4つのネジを外し、ガスケットの役割をしているカバーを剥がす必要があり、以前のAR TSW-210と比べると手間取ります。

プラスとマイナスの誤配線を防ぐためか、端子の太さが異なる
ウーファー裏側

ですが、カバーが外れたあとは比較的スムーズで、一日でエッジ剥がしから新エッジの貼り付けまで行えました。

ただし、今回のエッジ選びは結果的に失敗でした。ロールの内側の部分が細く内径もゆるめだったので、接着部分が少なくボンドで接着する際に苦労しました。それでも、なんとかなりましたがw

ストレートで素直な音が良い

修理が完了したので、早速聴いてみました。

ストレートでクセの少ない出方です。ジャンクでこの値段[4]5,000円以下で買える安いスピーカーの中では飛びぬけています。

決して量は豊富とまでは行きませんが、不足感は全く感じられず、 健闘していると思います。粒立ちはやや荒い感じもしますが、 ノイジーだとかボケが気になるとかという気持ちにはなりません。ストレートな音は長時間聴いていても疲れにくく、快適そのものです。

低域は量は多くないものの、引き締まっていて落ち着いたトーン。中広域も暴れることなく柔和な表情をしていて、全体的に優しめです。

若干トロ臭さは気になるものの、クラシックやジャズでまったりするのも一興ではないでしょうか。ミニコンポだけでなく、エントリークラスのアンプで鳴らすにはちょうど手頃で良いスピーカーです。

エッジ修理品を買うと割と高価になるInfinityのスピーカーですが、エッジ破損品を買ってエッジ修理を自ら行うと、めちゃくちゃ安く済みます。ウーファーを外してエッジカスを剥がして新しいのを貼り付けるだけなので、オーディオ修理の中では最も易しいレベルです。ぜひチャレンジしてみてください。

脚注   [ + ]

1. 赤井電機の子会社・赤井商事が代理店
2. 日本コロムビアの手掛けるDENONの子会社
3. Control1のときもARのときも宮城県内から届いた。アカウントは別だが同じ業者で社名も同一だったはず。
4. 5,000円以下
に投稿 コメントを残す

オーディオシステムの最新状況 2020年4月後半〜GW

今日はこんな記事です

オーディオシステムが、またまた進化しました。LGの43型4Kテレビを導入したほか、オーレックスのSY-Λ90プリアンプ、インフィニティRS-bなどがやって来て音色が着実に良くなっています。今回は4月後半からGWにかけてのオーディオシステムの最新情報です。

テレビの更新

たった20日ほどですが、オーディオシステムにまたまた大きな動きが出たので、今日は恒例(?)の4月後半からゴールデンウィークにかけての我がオーディオシステムの最新情報です。

この間一番大きかったトピックスは、やはり4Kテレビを導入したことでしょう。

これまでの26型レグザはもちろんのこと、実家のリビングの37型レグザよりも大きい43型4Kテレビを安く購入できたことはとても大きかったですね。

テレビ台と同じくLGのブルーレイプレーヤーもあわせて導入しました。

前編と後編で別記事で紹介していますので、お暇なときにでも読んでください。

スポンサードリンク

Λコンデンサーの音とは?SY-Λ90

いったんセパレート化が達成できたアンプ環境ですが、某オークションでイトケンさんもセカンドシステムで愛用されている東芝オーレックスの「SY-Λ90」を購入しました。たまたま手頃な値段で出ていて、誰とも競ることなく落札できましたので(^_^;)

「SY-Λ90」は定価15万円の中級プリアンプ。ダブルナンバー機よりは下位にあたるモデルなのですが、Λコンデンサーを搭載することで良質な音質と音色再現を実現しています。イトケンさんがセカンドシステムで使っているんだからこれがダメなわけがないじゃないですか(笑)

スモークパネルはなかったものの、外観も内装も美品レベルで非常にキレイな個体でした。

音は、うん、イトケンさんが良い音だと言うのが納得いきます。やはり、Λコンデンサーの力なのでしょう。このΛコンデンサーは、また後日イトケンさんにお願いして新品に交換していただく予定です(^o^)

インフィニティ統一完了

3月に購入していたインフィニティのスピーカー「Reference ONE」のエッジ修理を行いました。

ちょっとエッジが想定より小さかったのですが、無事修理できました。ストレートでスッキリした音でエントリークラスのスピーカーとは思えない上品な音に感じました。

以前から予定されていた大型ブックシェルフが導入されました。同じくのインフィニティの「RS-b」です。

「RS-b」はインフィニテシマルと同じ時期に出ていたReference Standardシリーズの家庭向け3wayスピーカー。今まで手にしたブックシェルフスピーカーの中で最も大型のスピーカーとなりました。

大型の3wayとだけあって、低域にふくらみが出て、余裕のある感じです。

今後はこのRS-bをメインに使っていくつもりです。3組あるスピーカーが全てインフィニティに統一が叶いました。

SY-Λ90とRS-bの導入にあわせて、ピンケーブルのグレードアップを行い、一部を除いて安物の赤黒ケーブルから脱却しました。将来的には安物ケーブルは全て駆逐させるつもりでいます。

今では貴重?なCDチェンジャー

そのほか、CDチェンジャーが来ました。パイオニアの「PD-F25A」です。なんてことないファイルタイプの25枚チェンジャーなのですが・・・。

今このPD-F25Aの中古相場はかなり高騰しているようです。ヤフオクではジャンク品は安いものの、動作品となると1万円をゆうに越え、なんと2〜3万円が相場となっています。定価27,000円だというのに、です。ショップではなんと4万円するのもあるほどです。

このチェンジャーを買った経緯としては、十数分しか無いシングルCDをいちいち1枚ごとにとっかえひっかえするのが億劫なためで、シングルCDを何枚も連続で再生させたいときに使えそうです。

音は特に良くも悪くもありませんが、光デジタルで出力させてDACを噛ませばもう少しはマシになるのではないかと思ってます。

オーディオPCの構築に向けて

前回から言及しているオーディオ用PCの構築に向けて準備が進んでいます。

弟から僕の組んだ自作PCを取り戻すことにしました。その前提としてその自作機よりカタログスペックの良いものを交換機として用意する必要があったので、富士通のデスクトップ「ESPRIMO D551/D」を某オークションで落札して購入しました。

このD551/Dと自作機のOSが入っているHDDを入れ替え、無事弟用PCの入れ替えに成功しました。弟は小さくなった、と大喜びです。おまけで、モニターも17インチのスクエア液晶から23インチのEIZOモニタに換えたら、こちらも喜んでくれました。

あとは、戻ってきた自作機のCPUを交換して、4Kテレビに接続してオーディオ用PCとして活用させていこうと思ってます。

オーディオ用PCの整備のほか、電源タップの増設、セレクターの導入、ケーブルのグレードアップなど、まだまだやることはたくさん残っています。

ぱらちゃん
ぱらちゃん

まだまだオーディオシステムの進化は止まりません!

に投稿 コメントを残す

オーディオシステムの近況報告・2020年3月~4月前半

今日はこんな記事です

オーディオシステムがまた進化を遂げました。アンプのセパレート化に着手、セパレートアンプが2システムの陣容に変化しました。さらに、レコードプレーヤーをマイクロの高級機に一新。ヘッドホンもスペックの良い高級機が入り、聴くのがますます楽しくなっています。

アンプの強化に注力し、2システム化

当ブログはネタ発生から記事になるまで数ヶ月くらいかかることがあります。とりあえず、 オーディオに関してはまただいぶネタが溜まってきましたので、今日は、前回の近況報告以降の、オーディオ趣味の近況報告をしたいと思います。

前回↓

前回の時点で書いたのですが、スピーカーの強化がInfiniTesimalの導入によってあらかた終わったので、次のフェーズとしてアンプの強化に移行することにしました。

それまでヤマハのAVアンプで聴いていましたが、DACキットを導入してから、パワーの弱さやトロ臭い音に嫌気が差してしまい、純粋な2chアンプに置き換えることにしたのです。

いろいろ検討した結果、パワーに余裕があり音質に有利であることから、プリメインアンプではなくセパレートアンプを導入することとなりました。必然的に導入費用が嵩んでしまうため、プリアンプをイトケンさんよりお借りして、パワーアンプを先に買うことで初期費用を安く抑えようという算段です。

プリアンプは東芝オーレックスの「SY-88」を借りることができました。一方のパワーアンプは、某フリマでラックスマンの「5L15」を購入。実はこの5L15はプリメインアンプという位置づけではあるものの、パワーアンプ5L21・5L20をベースに、簡素なプリ部をつけたもの。プリはおまけ的存在で、実質的に5L21をベースに出力を落とし下位モデルのパワーアンプといった感じです。

さて、SY-88のプリアウトは2系統なのでもう1つパワーアンプが欲しいな、とは思ってました。

4月に入って、またまた某フリマを見ていると、今度はラックスキット[1]ラックス子会社で、社名の通りキット製品を展開した「A501」というA級パワーアンプが出ているではありませんか。動作品ということで気になってしまい、こちらも購入しちゃいましたw

当初はSY-88をプリにする予定だったのですが、ふと真空管アンプってどうなんだろう、と沸々気になりだしてしまったため(笑)、FX-AUDIOの真空管ハイブリッドプリアンプ「TUBE-01」も導入しちゃうことにしました。

ということで、セパレートアンプが2システムの構成となりました。もちろん音はAVアンプ1本のときより格段に良くなっています。あとはプリアンプをじっくり探していこうと思ってます。

スポンサードリンク

レコードプレーヤーのグレードアップ

アンプのセパレート化に合わせて、レコードプレーヤーも入れ替えました。

これまで、去年5月にオーディオシステムが2システムとなったとなったときにやってきたテクニクスSL-D303をずっと使ってきたのですが、やっぱりといいますかテクニクス機は音が硬いので、以前より入れ替えを検討していたのです。

イトケン邸よりマイクロ精機の「MR-611」がやってきました。当時の同社のラインナップでフラッグシップとなるベルトドライブ機です。エントリー機で勝つダイレクトドライブのテクニクス機と違って、木製キャビネットでできた大柄のボディは、貫禄があります。

それと同時に、MMカートリッジを5本お借りしました。パイオニア、オルトフォン、シュアと色々揃っているのですが、全部試聴してみて一番好みだったのはパイオニアのPS-600で、アイワのカートリッジもかなり健闘していた印象です。

レコード音源もハードオフを中心に回って、少しずつ増えてきています。これで、アナログレコードも思いゆくまま楽しめるはず。

インフィニティ統一の野望

ある日、ふとハードオフに行きたくなり近所のハードオフへ行くと、¥3,300の値札で置いてあったスピーカーが。

インフィニティの「REFERENCE ONE」ではありませんか!

テシマルの時代こそ国内ではマイナーな存在だったインフィニティですが、90年代に入ると当時の代理店・デノンラボ[2]当時DENONブランドを展開していた日本コロムビア子会社の方針もあり、廉価モデルが大量に輸入されました。REFERENCE ONEも、そのうちの1つ。

外国スピーカーによるあるウレタンエッジの加水分解でボロボロ。近日中に治して、全スピーカーをインフィニティで揃えてみたいものですw

ハードオフのオープン初日にCDプレーヤーをゲット

今月9日、ハードオフの新店舗「ハードオフ・オフハウス桑名サンシパーク店」がグランドオープンしました。記念すべき900店舗目の新店のオープンに突撃しました。

https://www.hardoff.co.jp/shop/kinki/mie/hardoff/101097/

事前にイトケンさんにジャンクオーディオの品揃えを教えていただけたこともあって、”あるもの”に目星を付けていたのです。

で、買えましたw

下のソニーはイトケンさんからのご依頼品

自分用に買ったのは、DENONの「DCD-1300」というCDプレーヤー。以前から”音色の良い”と聞いていたので、その音が気になり購入しました。税込¥3,300でした。

高級機というわけではないのですが、ストレートな音で聴きやすい良いプレーヤーでした(笑)

ヘッドホンが増殖

STAXのコンデンサー型イヤースピーカーを買ってから、極力ダイナミック型ヘッドホンは買わないようにしていましたが、最近またダイナミック型のヘッドホンが増殖するようになってしまいました(笑)

まずは、SHUREのDJヘッドホン「SRH750DJ」をハードオフの青箱から¥1,650で拾いました。

DJ向けだけに側圧はやや強めですが、国内メーカーの同等製品と比べれば使い勝手も音もワンランク上に感じます。

もうひとつ買いました。大須の某所で、オーディオテクニカの「ATH-A900X」の外箱を見かけたので、中を見てみたら・・・

「ATH-A1000」じゃん!(笑)

ということで、即決。もちろん、価格はA900Xとしてのお値段で、¥4,980+税(笑)

これまでで一番高級なダイナミック型のはず。現在エージング中ですが、こいつはなかなか化けてくれそうな予感・・・!

というわけで、ヘッドホンは増えていく一方ですね。減らしていかないとw

次の課題はオーディオ用PCの構築?

スピーカー、アンプ、レコードプレーヤーと着実にグレードアップしていっていますが、まだこれで完成ではありません。

パイオニアSE-6300&サンスイα307で聴いていた時をフェーズ1と考えると、

  • フェーズ2:アンプのグレードアップ(エントリー→ハイエンドAVアンプ)
  • フェーズ3:スピーカーのグレードアップ(テシマル等)
  • フェーズ4:アンプのセパレート化&レコードプレーヤーのGU

となるかな。フェーズ4もあらかた終わったので、早くも次のフェーズに移行することになりそうです。

次のフェーズでは、オーディオ機器ではなく、オーディオ用のPCの構築を予定しています。先日契約したradikoプレミアムの他、CD経由で音源が充実してきたためPCでの再生機会も増えてくると思います。しかしながら、USBポートが2つしかないMacBook Airでは使い勝手に劣る上、外出の際にいちいち抜き差ししなければいけないのは面倒だしUSBポートとHDDへの負担も大きくなります。

そこで、現在据置のオーディオPCを構築すべくいろいろ調整しています。構築できたら、また紹介したいと思ってます。

まだまだ、オーディオシステムの進化は止まりません!!

脚注   [ + ]

1. ラックス子会社で、社名の通りキット製品を展開した
2. 当時DENONブランドを展開していた日本コロムビア子会社
に投稿 コメントを残す

小型スピーカーの極!Infinity InfiniTesimal(インフィニテシマル)を導入!!

今日はこんな記事です

昨秋、大須の多田オーディオへ行って米国インフィニティの小型スピーカー「InfiniTesimal」の存在を知りました。その音色に痺れてしまい、なんと早くもオークションにて手に入れてしまいました。無限小なのに無限大の音。素晴らしいスピーカーです。

伝説のメーカー インフィニティ

アメリカの西海岸・カリフォルニアにInfinityインフィニティというメーカーがあります。

NASAの研究者だったアーノルド・ヌーデル氏を中心に設立され、高級スピーカーブランドとして名を馳せました。フラッグシップモデル「IRS」は当時の値段でなんと1000万円超え[1]現在の価値で言うならば数倍の額という超弩級っぷりでオーディオ界を驚かせたのです。

70年代末~80年代なかばのRSシリーズ、その後のKappaシリーズ、エントリーにあたるReferenceシリーズが主な代表作。日本では80年代は赤井電機が輸入代理店。バブル期に代理店がデノンラボに変更され、同社の方針によりReferenceシリーズを中心に販売量が増え、認知度が上がっています。

ですが、インフィニティの黄金期は、RSシリーズの時代であるといえます。RSは“Reference Standard”の略で、同社独特のリボン型ユニット「EMIT」「EMIM」を搭載しているのが特徴でした。

その中で、最小・最安になっているのが、「RS0.5」、もといInfiniTesimalインフィニテシマル(テシマル)」でした。IRSが社名通りインフィニティ(無限大)なのであれば、このテシマルは、Infinitesimal(無限小)の語が表すように、”無限小”と言いたくなるほど小型に仕上がったモデルです。

製造時期に応じてⅠ~Ⅲ [2]0.1~0.3とも呼ばれる の3タイプ[3]Ⅳ型もあるが、名前を冠しただけでコンセプトがそもそも違うがあり、ⅠとⅡは木製エンクロージャー+ダブルボイスコイルウーハー[4]ⅠとⅡの違いはウーハーの色、ネットワーク構成など、Ⅲはプラ製の黒エンクロージャー+シングルボイスコイルウーハーの構成で、それぞれ若干音色に違いがあるようです。

スポンサードリンク

死闘を超えて

去年秋、イトケンさんに連れられて大須の多田オーディオさんへ訪問したときに、中央の棚に他のスピーカーと並べて置いてあったのが、InfiniTesimalでした。それも、外装に木が使われたモデル(=ⅠorⅡ)と、黒一色のモデル、2台置いてあったのです。

“多田オーディオといえばテシマル”というくらいに、多田オーディオの中で非常に評判の良いスピーカーだったのです。以前は自作エンクロージャーにPCOCCのアズキャスト線を組み込んだオリジナルのテシマルもあったそうで、それに惹かれた人も多かったようです。

このテシマルの音色を聞いてしまい、うわぁ!とばかりに惚れてしまったのです(笑)

僕みたいな狭い集合住宅で、こじんまりに聴くならこれしかないな、と思ってしまったのです。いずれは僕の家にも・・・・。

と思ってたら、そのチャンスは2ヶ月ほどでやってきたのです。

某オークションにテシマルが、2台ほど出品されていたのです。1台はⅠ型ないしはⅡ型でオリジナルの状態、もう一台はⅢ型で端子がバナナプラグに交換されていました。

先に終了する前者ですが、入札多数の中、いつものように終了間際に攻める手法で攻めたのですが、輸出業者の強力で高い値で入れてくるので激しい攻防に。相場30~40kだというのに45kまでつり上がり、泣く泣く撤退することにしました。業者の落札は購入する側からしたら迷惑でしかありません。

悔やんでも仕方ないので、2日後に終了する後者に挑みます。こちらも、終了直前に攻めることにします。こちらは改造品のため業者はいないようです。それでも、競合が1~2人いたので、何度も最高額→高値入札の繰り返し。最後、45kで高値来たら諦めようと思っていたのですが、相手の入札は4万強で停止。そのまま終了時刻を迎えることができました。

5日ほど経って、ついに届きました。

Ⅲ型のブラックのプラ製エンクロージャー。前面はサランネットではなく、パンチメタルとなっていて、引き締まった印象です。このプラエンクロージャーとパンチメタルの相性は抜群。やや大きめのPCスピーカー並の大きさ。奥行きもスリムで置き場には困らないと思います。

裏はRCA端子に交換されています。オリジナルはワンタッチ式ですが、太いケーブルの使用や取り外しの利便性を考えると、オリジナルよりこっちのほうが良いと思います。

“無限小”だけど音は無限大

Ⅲ型はEMITツイーターシングルボイスコイルウーファーのシンプルな構成。ⅠやⅡと比較すればややスペックダウンしています。

しかしながら、このテシマルから出てくる音は素晴らしいの一言です。他のスピーカーを圧倒してしまうほどの音色の良さです。国産スピーカーとは、もう比べようもないほどです。

これよりも大きく、値段の高いスピーカーでも出ない音が、この小さいテシマルで出ていることが不思議です。めちゃくちゃ分離が良い。キンキンしない高域、一切コモリのない中域、サイズゆえに抑え気味ではあるけれどスッキリした低域。

これで、アンプがもっと良ければ更に目覚めるのではないのかな、と思います。やはりAVアンプでは力不足の感が否めません。テシマル導入以前からアンプの更新を考えていますが、そのアンプの更新を急ぎたくさせられる一台です。

“無限小”なのに、音色は”無限大”・・・もっと評価されてもいいであろう銘機だと思います。ぜひともⅠ型とⅡ型もいずれ手にしてみたいですね。

脚注   [ + ]

1. 現在の価値で言うならば数倍の額
2. 0.1~0.3とも呼ばれる
3. Ⅳ型もあるが、名前を冠しただけでコンセプトがそもそも違う
4. ⅠとⅡの違いはウーハーの色、ネットワーク構成など