に投稿 コメントを残す

関門を行き来する赤い釜・EF81 400(JR九州) 入線!

今日はこんな記事です

東北方面での運用を想定した作られたEF81交直流機関車ですが、関門トンネル用へも投入されています。ステンレスの300番台が有名ですが、通常鋼で製造された赤い400番台も存在します。1年ほど前ですがこの赤い400番台をリサイクルショップで安価で発見!

皆様はGWどうお過ごしでしょうか?アウトドアが趣味な方はステイホームステイホーム、で苦しい日々なのかもしれませんね・・・。

インドア派の僕は前回のようにテレビを買っただけでなく、オーディオ機器がさらに充実したので、いつもどおりのゴロゴロ巣篭もり生活です(笑)

更に充実したオーディオシステムの話はGW明けに予定してます。お楽しみに・・・。

EF81の活躍場は東北路だけじゃない

交直流機関車のEF81形というと、東北の方面をイメージされる方も少なくないかもしれません。というのも、EF81が東北本線を経由するブルートレインの牽引機として抜擢される機会も多く、「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」など比較的最近まで残った夜行列車でも、EF81が牽引機だった時期もあり、交直流機関車の中では花形車両でメジャーな車両ですね。

ですが、EF81は東北地域専用の機関車では全く無かったのです。同じく交直流の切り替え地点(デッドセクション)の存在する関門トンネルにも投入されたのです。

関門トンネルへは300番台と400番台が投入されました。300番台は車体外板がステンレスに変更され、コルゲート処理がなされています。301・302の両車は赤13号に塗装されましたが、303・304は無塗装となり、この2両はファンより”銀釜”と呼ばれています。

Wikipediaより引用

その後、400番台がEF30の置き換えを目的として国鉄末期に投入されました。ボディは基本番台(0番台)とほぼ同じですが、塩害の激しい関門トンネルへでの運用に適した車体設備が装備されています。このほか、JR貨物が関門トンネルを通過できる仕様の450番台を投入しています。

関門トンネル運用に投入された300・400番台は、1987年の国鉄民営化でJR九州とJR貨物に継承。各種ブルートレインや貨物列車の運用に就いていました。しかし、九州方面のブルートレインが2008年の「富士」「はやぶさ」の廃止によって全廃されたことでJR九州車は全車引退しています。JR貨物車も、老朽化や新型車両投入で数を減らしてきています。

スポンサードリンク

1年前、突然の出会い

話を一年以上前に戻ります(※このブログはブログ反映までかなり遅れていますw)

去年の、3月のことです。

いつもの買い出しの帰りに、セカンドストリート[1]ゲオが手掛けるリサイクルショップに行ったのですよ。セカストは衣類や白物家電のイメージが強く、ホビー関連は少ないのですが、店舗によってはいろいろ置いていたりします。

最寄りのセカストはホビー関連がとりわけ弱く、鉄道模型は普段ほとんど置いてはいないのですが、訪れたその日だけは、いくらかのTOMIX製Nゲージが置いてあったのです。

というのも全部同じ人が手放したのでしょう、485系などJR九州の車両だけが並んでいました。

その中で、EF81が置いてあったのです。関門海峡を主に活躍する赤い400番台のJR九州仕様。そのEF81 400のお値段は・・・なんと¥2,300+税で、安かったので衝動買いしちゃいましたw

製品は、数年前に発売された品番9000番代の現行品です。手すりなどのパーツが別パーツとなり、リアリティがアップしています。側面には赤いJR九州のロゴが配されているところが東北仕様のEF81と違う点ですね。

フライホイール動力も快調に動作し、とても安定しています。

シンプルだけどカッコイイ

400番台は基本番台とほとんど同じボディなので、シンプルな造形ですが、カッコイイ見た目だと思います。

その後、Tomixの初代300番台(無塗装)も持っているので、ステンレスの銀釜と並べて楽しめるようになりました。

ですが、肝心の九州方面のブルートレイン用客車を持っていないのです(笑)(以前は持ってたけど全部処分しちゃいました・・・)

なので、今はユーロライナーやスーパーエクスプレスレインボー等のジョイフルトレインや、コキなど貨物列車の牽引機として走らせています。たまにはKATOの20系を牽かせてみたりもしています。

ブルートレインはコロナ収束したら買い集めようかな・・・(^^ゞ

脚注   [ + ]

1. ゲオが手掛けるリサイクルショップ
に投稿 コメントを残す

九州の主力近郊電車!KATO 813系200番台 入線

 

ネタが溜まっているので、毎週恒例予定(?)の鉄道模型ビギナー向け記事は今週お休みですm(_ _)m

突如現れた”レシートくじのアタリ”

前後の記事と日にちが前後しますが、先日113系を買いに大須のジョーシン(スーパーキッズランド大須店)へ出向くと、8月末〜9月頭のレシートナンバーで割引企画をやっていました。
そういえば鉄コレの105系買ったな、と思いサイフの中にあったレシートを見ると、いつも運が悪いのではずれと思ってたのになんと2等でしたよ!(笑)

今回の”レシートくじ”の割引ですが、

1等(6ケタ一致)・・・店頭在庫1品80%OFF

2等(下3ケタ一致)・・・同30%OFF

3等(下2ケタ)・・・同20%OFF

その他4等とラッキーセブン賞があり。

 

3割はデカイな!!!(爆)

5%〜10%くらいなら小物買ったほうが、と思うのですが今回はなんと3割引だったので車両を買ったほうが得だな、と思い。
予約品(113系)には適用できないので、一度113系以外何も買わずに一宮の浪漫へ行き、その帰りにまた大須に立ち寄りました。

いつも欲しい地元車両は予約で買ってしまうことも多く、名鉄近鉄も今の所特にほしいのがないので、せっかくならと思い遠方の車両を探し事にしました。

最終的に目星をつけたのは、先日の105系と共演できる227系と、いまだNゲージで手に入れていないJR九州の813系です。
227系は残念ながら2両基本と3両増結しか在庫がなく、せっかくの3割だし高いほうが割引額的にトクだなと思い(汗)、
結局KATOの813系200番台を購入しました。

ジョーシンの通常価格で税込1万をギリ切る価格ですが、この2等のレシートを見せて税込7千円切りましたw
定価の半値ちょっと手前なのでめちゃ得です!

 

<スポンサードリンク>



 

水戸岡デザイン × 通勤電車


JR九州813系は、通勤近郊型車両で初めて水戸岡鋭治氏率いるドーンデザイン研究所がデザインした車両です。
そのスタイリッシュな外観は、写真で見ているだけで非常にワクワクします。当時の水戸岡デザインはまだ装飾のゴリ押しが少なくスッキリとしていて個人的に好みの仕上がりだったりします。

先日821系とYC1系が報道公開されてますけど・・・今の水戸岡デザインはゴテゴテですね。JR九州821系・YC1系「やさしくて力持ち」新型車両を公開! 写真149枚 (1) 821系、近郊形電車415系を置き換える車両に | マイナビニュース

 

最終的に255両が製造され、817系が大増殖した現在でも大所帯だったりしますが、817系と違って福岡地区の鹿児島本線と福北ゆたか線での運用が大半で福岡地区の通勤車両としての位置づけとなっているようです。

 

今回購入した200番台は、1997〜98年に投入されたグループで、100番台をベースにコストダウンを図ったのが特徴らしいです。

誇張しすぎない赤い電車

前置きが長くなってしまいましたが、開封レビューといきましょう。


KATOらしくパーツ取り付けが一切ありません。箱から出してすぐレールに載せられるレディトゥランを徹底してくれているのは嬉しい限りです。



水戸岡デザインに欠かせない細かい装飾表記もしっかりと印刷されています。

ただ「快速区間 大牟田ー小倉 / 門司港」と書かれた方向幕は滲んでいてイマイチです。囲み文字となっている車番も残念ながら読み取りが難しいレベルで、印刷クオリティの向上は今後のKATO製品の課題と言えます。


屋根は交流型電車らしくパンタ周りが賑やかです。碍子が色分けされているのもKATOらしいと思います。
ちなみに門司港寄りのパンタ付車両は実は制御車(クハ)で、大牟田寄りの先頭車がクモハで模型でもこちらがM車です。パンタありなのにクハな車両は交流型ではたまにありますね(521系とか)



4灯あるヘッドライトですが、実車では端2つが点灯し中の2つはダミーらしいのですが、模型では4灯が均等に光ってしまっています。
方向幕も光り方が偏っていて購入前から気になっていたのですが、プリズムの関係上こういう仕様のようです。

 




というわけで、初めてJR九州の車両が当鉄道Nゲージ線に入線しました。
いろいろ残念な点もありますが、安いお値段で出してくれるKATOさんには感謝としか言いようがありません。

実車は大半の運用で6両以上ないし他系列と併結が行われているようで、やっぱり3両では物足りないなーと感じます。GMの817とか、マジで欲しくなります。特急車両も華やかで楽しそうではないですか。

九州の車両は、一度買い出すと抜け出せなさそうな気がしました(爆)

 

[鉄道模型]グリーンマックス 【再生産】(Nゲージ) 30216 JR九州817系3000番台 基本3両編成セット(動力付き)

価格:14,904円
(2019/2/27 17:56時点)



★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

ダイソープチ電車のお手軽HOゲージ化(後編)

 

今日は前回の続きです。

アルパワーを組み立てる

さてダイソーのプチ電車をHOゲージ化させるのに必要なパーツは揃ったので製作開始です。

まずはアルモデルのアルパワーを組み立てます。
組立キットながらNの鉄コレ動力とほぼ同額で手に入る安さが魅力です。本当はφ10.5mm車輪タイプにしたかったけど、そちらは在庫切れでした。

 

エッチングキットですが、半田付けは必須ではない一箇所のみ(センターピン)なので初心者でも簡単に組めるかと思います。面倒な自分はいつも通りゴム接で付けましたが(笑)


説明書通りに組み立てていきます。
ねじ切りがされていないので最初にねじ切りが必須です。タップは近所の店では1.4mmも2mmもありませんでした。
こういうときは付属のネジをそのまま回すだけでもねじ切りの代用に充分なります。というか、タップなくても全然大丈夫です(笑)


組み立ては1時間どころか30分あれば余裕で終わる工程です。

組み立てたら、試運転・調整して動力部はオワリ\(^o^)/
スローも充分効きますねぇ。

 

<SPONSORED LINK>


 

先頭車の改造

ここでいったん先頭車に話を移します。
先頭車はトレーラー車となるので、車輪をHOゲージのものに変えるだけ。

 


もとの車輪をおさえている矢印の部分を切除してもとの車輪からエンドウのHO車輪に入れ替えます。HO車輪は両端の部分のみで問題なし。
車輪を入れ直したら0.5mmのプラ板で全体を覆う形で固定。これで先頭車は終わりです。

 

動力車の床下

中間動力車に話を戻しましょう。

動力車のシャーシから前後の連結器を含む部分のみざっくりカットします。車体を入れ替えずカプラーもHOゲージのにする場合はまるごとプラ板かなんかで作っちゃっても良さそうですが、車体を入れ替えて楽しむ場合はこのカットした両端部が必要です。

この両端部とアルパワーを橋渡しするように1.2mmのプラ板を固定します。アルパワー側のカプラーベースをそのまま利用できます。ビスはエンドウのヨ5000のカプラー交換で発生した余剰品。

この状態だと中心の動力部だけ沈んじゃうので、沈まないように1.5mmプラ板で2箇所補強用ブリッジを作っておきます。

こんな感じになります。ボディを固定する両端部を残したので、他の車体へもポンッと交換できます。

 

3両落成



これで3両1編成揃いました。
走行もスローが効きまずまずです。

 

ダイソーのプチ電車はシャーシが共通化されているので、他の車輌にも簡単に替えられます
285系サンライズだとこんな感じ。

安いのでボディだけコレクションしてその日の気分に合わせて走らせる車両を替えてみると楽しいかもしれませんね。

 

今引退間際のスーパーあずさ(E351系)を随分前に買って実家に保管してあるはずなんですが、プラレールの313系とミュースカイともども全然見つかりません。
次帰ったらまた探してみよう・・・。

 

◆ダイソーのプチ電車の先頭車シャーシ◆

プチ電車のシャーシは共通化されていますが、先頭車のシャーシは座席形状とシャーシサイズで2種類あります。

  • 座席がクロスシートの短いタイプ(新幹線と特急列車)
  • 座席がロングシートの長いタイプ(通勤車両と電気機関車)

両者間は互換性がないので、新幹線・特急グループと通勤車・電気機関車グループでそれぞれ作っておくと良いと思います。
中間の動力車は基本どれも同じようなので、1つ作っておけば問題なさそうです。

 

○先頭車のシャーシが後者のタイプ

  • 201系中央特快
  • E231系山手線
  • 北斗星
  • EF66ブルトレ(富士ぶさ)

ちなみに余談ですがC11は前者のタイプでした(笑)

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

に投稿 コメントを残す

ダイソープチ電車のお手軽HOゲージ化(前編)

 

先日、18きっぷ消化をしたかったのでまたもや大阪へ繰り出してきました(笑)

12月の時は見るだけでスルーしたハルカスのポポンデッタでひとっ走りしてきました。今月ハルカス内での店舗移転があるようで、ちょうどその直前だったようです。

朝起きた人身事故のせいで乗る予定だった新快速が来ず、もとから時間のかかる快速で大阪へ出ざるを得なかったのは最悪でしたが・・・。
(こういうときに限って221系6両で来て、乗車率200%越えの蒸し風呂環境・・・)

HOゲージはカネがかかる

さて、ここから本題。

12月にはじめたHOゲージですが、動力車はGP-38の1両だけなのでレンタルレイアウトで遊ぶとこれだけなので物足りないもう一編成あると交互に走らせられるのでもう一つは欲しいんですよねぇ。
でも車両を増やそうにも、HOゲージの動力車は新品だろうが中古だろうが基本的に諭吉先生が一人は必要・・・(´・ω・`)

 

となると、完成品や市販のキット製品を探すのではなく・・・

ゼロからつくればいいじゃん

という結論に自然に至るわけですよ(笑)

 

<SPONSORED LINK>


 

”鉄道玩具”をHO化しよう

そこで思いついたのが、鉄道玩具であるプラレールをHO化するという手法です。
プラレールは大きさがHOに近く、別途動力の調達と床下の加工さえすれば安くHOゲージの動力車が手に入る算段。

プラレールも充分に安価なので面白そうですが、この世にはもっと安い鉄道玩具があるではないか・・・。

 


そう、ダイソーのプチ電車がね。
1両108円でプラレ同様の3両1編成にしても324円というバーゲンプライスが私にはぐっと来たのですw

 


というわけで今回このプチ電車をHO化すべく、Nゲージでは所有のないJR九州の車両のひとつ、883系ソニックを選定したのでした(笑)

 

足回りの調達

車体は手に入ったので、HOゲージの足回りを調達します。

 


まずトレーラーとなる両先頭車の車輪は、エンドウのφ10.5mmプレート車輪orディスク車輪があればおk。
4個入りで600円台とHOゲージの中では最安。ただスーパーキッズランド本店のような大型店でも在庫希少なのが玉に瑕(在庫してるの2000円以上のスポーク車輪ばかり・・・)

 

中間車に入れる動力ですが、今となって天賞堂(花園)のパワートラックはほぼ見かけません。
アルモデルのアルパワーにしようかなと思いつついろいろ探ってみたら、ワールド工芸がTOMIXのタキ1000用のユーレイ化動力を出すって言っているじゃあないですか。

[link url=”http://www.world-kougei.com/SHOP/6004210.html” title=”16番 TOMIX タキ1000用 自走化動力 組立キット” content=”■TOMIX製タキ1000の台車に超小型モーターを組み込み、いわゆる「ユーレイ」とする組立キットです。減速比の関係から、補助動力というよりもむしろ弊社アントのような、動力を持たない貨車移動機と組み合わせて自走させるための動力ユニットとなります。”]

 

構造がわかりにくいけどおそらく単体でも動きそうだし、これなら1500円でお釣りの来るハイコスパと思い某店通販にて予約したまでは良かったものの・・・

 

このたびご注文いただきました予約商品につきまして、メーカーより
発売日延期に関する連絡がございました。

■メーカー名/商品名(型番/JAN):
ワールド工芸/(HO)16番 TOMIX タキ1000用自走化動力 組立キット
(HO タキ1000ヨウ ドウリョク/4589904341298)
当初の発売予定日(時期):2017年12月~翌年1月
変更後の発売予定日(時期):2018年3~4月

 

 

さすがに春まで待ちたくないなーと思ったので結局大阪日本橋でアルパワーを買ったのでした(笑)

 

具体的な製作については以下、後編につづく・・・。

 

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://test.tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧